>
シロバナタニウツギ(白花谷空木)
2017/05/26(Fri)
  きょうは、曇り時々晴れでした(15.5~18.6℃/南東風)。
  道沿いに、 タニウツギ(スイカズラ科)の白花種が咲いていました。此処だけなのか?、真白い花を付けた灌木が何本も集まっていて、妖精達の森の集会場か何かの様でした。基本種同様、北海道~本州の他朝鮮、中国等の山地の谷沿いや斜面に生育する、高さ2-5mの落葉低木です。葉は対生し、卵形で先が鋭く尖り、表面に白毛が密生。基本種と同時期の5-6月に花を咲かせますが、青葉山では少し花期が遅れます。花冠は漏斗状で、先は放射相称に5裂、雄蕊5。蒴果は細い筒状で、種子は楕円形。学名はWeigela hortensis f. albifloraで、albifloraは白い花の意。青葉山ではタニウツギに混じって、所々に見られます・・・
シロバナタニウツギ 鷹が飛んだ霧山
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フジ(藤)
2017/05/25(Thu)
   きょうは小雨が降ったり止んだりで、後曇りました(15.8~18.2℃/東風)。
   川沿いに、フジ(マメ科)が咲いていました。あっちもこっちも藤色に染めて、吹き上げる川風に、芳香を漂わせていました。本州~九州の山野に広く生育する蔓性の落葉木本です。茎は初め草質で後木質化し、大木では幹径が数十㎝にも及びます。葉は奇数羽状複葉で長さ4-10㎝の小葉を9-19枚付けます。4-5月頃、20-80cmの総状花序を下垂し、淡紫色や白色の蝶形花を多数付けます。果実は長さ20-30㎝程と細長く、扁平で皮表面に腺毛が密生し木質で堅く、下垂します。青葉山では数多く見られ、藪の植生の主役ともなり、当地が「自然林」である証となっています・・・
フジ 仲の瀬橋から
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミズキ(水木)
2017/05/24(Wed)
  きょうは、曇り後雨になりました(17.3~23.1℃/南東風)。
   山の斜面に、ミズキ(ミズキ科)が咲いていました。見渡せばあちこちに、白い花群が棚雲の様に伸びていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国~ヒマラヤ等の、渓谷周辺等水分条件の良い所に生育する、樹高10-15mの落葉高木です。枝を扇状に四方に広げるのが特徴で、若枝は紫紅色で、葉は広卵~楕円形の全縁で先は尖り、互生して長さ2-5cmの葉柄があります。5-6月、新枝の先に多数の白色4弁の小花を散房花序に付けます。果実(核果)は球形で紫黒色。青葉山では、斜面等に普通に見られます・・・
ミズキ 五月雨
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホタルカズラ(蛍葛)
2017/05/23(Tue)
  きょうも大体晴れましたが、少し涼しくなりました(16.4~21.8℃/南東風)。
  道端に、ホタルカズラ(ムラサキ科ムラサキ属)が咲いていました。蛍と言うより、高く掲げた手鏡に蒼穹を映じたかの様な青さでした。中国、朝鮮、ロシア極東部等に分布し、日本では北海道~沖縄の、山地~丘陵の林内や林縁の日当りの良い場所に生育する茎高15-25㎝の多年草です。全体に粗い剛毛があり、花期後に基部から横走する枝を出し、先端に新芽を付けます。葉は互生し、長楕円~狭長楕円形で柄はなく、堅い毛があってざらつきます。4-5月、茎先の葉腋に青紫色の5弁花を上向きか横向きに開きます。花冠は径約1.5㎝で先端は5裂し、瑠璃色の各裂片の中央には縦に白い隆起があり、萼筒は5深裂し、裂片の先は尖ります。 名は、点々と咲く瑠璃色の花を蛍の光に譬えたもの。別名ホタルソウ。全国的に植生環境変化や草刈り等で消滅し、各地でレッドリストに掲載。宮城県版でも準絶滅危惧(NT)に指定されていましたが…
ホタルカズラ 峠から
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ギンラン(銀蘭)
2017/05/22(Mon)
   きょうも晴れて、とても暑くなりました(18.0~29.6℃/西風)。
   道沿いに、ギンラン(ラン科)が咲いていました。今年も、「藪刈り」された場所での復活の兆しはありませんが、幸いにも救われた所では、心打たれる白銀の輝きが数多く見られました。中国、朝鮮等に分布し、日本では本州~九州の山地の、主に落葉樹の林床に生育する高さ10-30㎝の多年草です。葉は3-6個が互生し、長さ3-8㎝の狭長楕円形で、葉先は鋭く尖り、基部は茎を抱きます。5-6月。茎先に数個の白花を付けます。嘗ては雑木林の何処にでも見られた花でしたが、開発や乱堀等で激減し、県レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。ラン科植物は菌根菌と共生する特殊な生育形態を持ちますが、ギンランやキンラン等は特に菌への依存度が強い上に、特殊な土壌を要求し、環境の変化にも極めて敏感です。種そのものと共に、生育地をしっかり護らなければなりません・・・
ギンラン 涼しい沢
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる