>
コクワガタ(小鍬形)
2017/07/23(Sun)
  きょうは、曇り時々雨が降りました(23.2~27.5℃/南風)。
  小楢の木に、コクワガタ(クワガタムシ科)がいました。樹液も出ていなさそうな幹に、「小」とは思えぬ立派な風貌で、風に吹かれていました。東アジアに広く分布し、日本では北海道~九州等の、主に低山帯の雑木林に生息する体長♂17 - 54.4㎜、♀21.5 - 33㎜の小-中型のクワガタムシです。成虫は5-9月に出現し、クヌギやコナラ、ミズナラ、ヤナギ、オニグルミ等の樹液に昼夜集まり、朽木中に潜み、灯火にも集ります。卵~成虫の期間は約2年で、幼虫は各種広葉樹の朽木で見られます。スジクワガタ等に似ていますが、大顎前方に内歯を一つだけ持つのが相違点で、内歯が全て消失した小型個体もあって、且ては「ヒメクワガタ」として別種と考えられていました。青葉山では、長い期間に最も普通に見られるクワガタです・・・
何故か生えてしまった紫陽花が、沢に零れる様に倒れていました・・・
コクワガタ♂. 何故か沢に零れる紫陽花
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クワカミキリ(桑髪切)
2017/07/20(Thu)
  きょうは、晴れ時々曇りました(22.0~29.3℃/南東風)。
  桜の木に、ミヤマカミキリ(カミキリムシ科)がいました。久し振りに見て、昔を思い出して捕まえようとすると、思いの外素早くて、あっと言う間に飛び去りました。本州~九州の、山地~低地の森林等に生息する、体長32-45㎜の大型のカミキリムシで、全身に灰黄褐色のビロウド状の微毛が生え、上翅基部には黒い顆粒があるのが特徴です。成虫は、5-8月に出現し、クワ、イチジク、ビワ、ケヤキ、ブナ等の若枝を食べ(害虫ともされ)、灯火にも良く飛来します。幼虫は各種広葉樹を木の中から食べて育ちます。青葉山では、街灯下等に見られます…
  尾根道の道標で、カジカガエルが休んでいました…
クワカミキ 道標のカジカガエル
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヒグラシ(日暮)
2017/07/17(Mon)
   きょうは曇り時々晴れて、後雨が降りました(23.1~32.6℃/北西風)。
  檜林で、ヒグラシ♂(セミ科)が鳴いていました。未だ蝉時雨までには成りませんが、あちこちから寂しげな声が、岩に木に沁みていました。中国等に広く分布し、日本では北海道南部~奄美大島の広葉樹林や杉、桧林に生息する中型の蝉です。成虫は6-9月に出現し、名の通り、日暮れ等にカナカナ・・と鳴きます。体長は雄28-38mm、雌21-25mmで、褐色地に黒色と緑色の斑紋がありますが、体色には変異が多い様です。雄の腹部は雌よりも明らかに太くて長くなります。青葉山では、何処でも普通に見られ、聞かれます・・・
ヒグラシ 檜林
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マダラアシナガバエ(斑足長蝿)
2017/07/11(Tue)
   きょうも、晴れて暑くなりました(22.5~30.3℃/南南東風)。
   道沿いに、マダラアシナガバエ(アシナガバエ科)がいました。何時もの様に、葉っぱの上をちょこちょこと、体を金緑に、美しく輝かせていました。北海道~九州の山地~低地の森林内や林縁の下草上等に生息する、体長5.5-6.5㎜の小さなハエです。成虫は5-9月に出現し、体は金緑色で、脚が長く、翅に黒褐色の斑紋があり、中央付近には白紋もあります。肉食で小型昆虫を捕食します。 名は、翅の斑と長い脚に由来します。別名はマダラホソアシナガバエ。体勢的にはシギアブ等に近いと言われ、良く似たアシナガキンバエは、体が一回り小さくて翅には模様がありません。青葉山では、植物上を忙しなく歩き回る姿が良く見られます・・・
アシナガキンバエ 森のオブジェ
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)
2017/07/10(Mon)
  きょうも、晴れて暑くなりました(22.8~30.9℃/南南東風)。
  沢に、ルリシジミ(シジミチョウ科)がいました。何頭もがキラキラと、瑠璃色の瞬きを見せながら飛び交っていましたが、砂地に降りると、美味しそうに給水していました。ユーラシアと北アフリカに分布し、日本では北海道~沖縄の山地~低地の明るい草地等に生息。前翅長12-19mmで、雄の翅の表面は名の通りの瑠璃色、雌は外縁部が黒褐色、裏面は白地に黒い斑点がある。年3-4回、3-11月に現れ、成虫は地面で吸水したり、花で吸蜜する事が多い。幼虫はマメ科、バラ科、タデ科、ミカン科等の、主に花や蕾、実を食べ、蛹で越冬。 似ているヤマトシジミやツバメシジミと比べるとかなり大きく目立ちます。青葉山では、林縁の草地等で普通に見られます・・・
ルリシジミ 森も暑い・・・
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる