FC2ブログ
>
アオグロハシリグモ(青黒走蜘蛛)
2012/08/30(Thu)
   きょうは、晴れ時々曇りでした(24.9~32.9℃//0.19μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.09μSv/h屋内21:00、南南東風)。
   沢に、大きなアオグロハシリグモ(キシダグモ科)の雌と思われる蜘蛛がいました。葛花の散る水面に浮かんでいましたが、近付くと驚くほど素早くスルスルと、川を渡って消えてしまいました。北海道~九州の山地の渓流付近や水田等の水辺に生息する、体長♀22-27㎜、♂12-15㎜の大型のクモです。6-9月に出現し、全体的に青味を帯びた灰褐色で、♂の頭胸部は左右が白く、水面等水辺を走り回って昆虫等を捕食します。盛夏に産卵し、口に卵嚢を銜えて歩きます。青葉山では、沢等に普通に見られます・・・
アオグロハシリグモ 釜淵滝付近
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)
2011/09/20(Tue)
  あちこちに、ナガコガネグモ(コガネグモ科)がいました。其々の巣には、蝶や蛾、蝗等様々な虫が掛っていて、人間界にも決して劣らない、自然界の厳しさが感じられました。取分け、捕まったばかりでジタバタする赤蜻蛉を、無心に貪る様は衝撃でした。ユーラシアに広く分布し、日本では全国の草原や林内外の、特に水辺に多く生息するコガネグモの仲間です。8-11月に出現し、体長は♀20-25㎜、♂8-12㎜で、腹部はやや長く、細い黄・黒の多数の横縞があります。網は垂直円網で、中央にジグザグの「隠れ帯」を付けてその中心に静止し、獲物を待ちます。9月頃に壺形の卵嚢を作り、産卵します。青葉山では、林縁等で普通に見られます・・・
ナガコガネグモ

この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イシサワオニグモ(石沢鬼蜘蛛)
2010/11/28(Sun)
  きょうも晴れたり曇ったりで、時々小雨が降りました(3.4~11.6℃)
道端の朽木に、イシサワオニグモ(コガネグモ科)がいました。大きな雌で、オレンジ色の艶やかなドレスはそのままでしたが、皺が目立つ腹は細まり、そろそろお迎えでも近付いているのか?触ってもゆっくりゆっくり、手足を上下に動かすばかりでした。北海道~九州の山地に生息する、体長雄8mm、雌18-20mmのクモです。日本固有種種。背腹の地色は黄褐色で、両側に白い縦条が2本ありますが、体色には変異が大きく様々です。樹林地周辺や渓流沿いの草間等比較的低い所に大型の円網を垂直に張って生活しますが、昼間は枝の端に足を縮めて静止している事が多い様です。青葉山では、比較的普通に見られます・・・
イシサワオニグモ
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛)
2010/09/07(Tue)
  きょうは、曇って午後には雨が降り、涼しくなりました(24.1~26.6℃)。 
  池の畔に、ナガコガネグモ(コガネグモ科)がいました。「長」と言う割に、まん丸とした大きな雌でしたが、近寄ると、包帯を巻いた顔にも見える腹を揺さぶって、激しく威嚇されました。ユーラシアに広く分布し、日本では全国の草原や林内外の、特に水辺に多く生息するコガネグモの仲間です。8-11月に出現し、体長は♀20-25㎜、♂8-12㎜。腹部はやや長く、細い黄と黒の多数の横縞があります。網は垂直円網で、中央にジグザグの「隠れ帯」を付けてその中心に静止し、獲物を待ちます。9月頃に壺形の卵嚢を作ります。青葉山では、コガネグモ吐共に林縁等で普通に見られます・・・
  林縁の藪で、サルナシの実が膨らんでいました・・・
ナガコガネグモ サルナシ
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スジブトハシリグモ(筋太走蜘蛛)
2010/08/18(Wed)
  きょうは晴れ時々曇って、涼しい風が吹きました(24.7~30.2℃)。
  沢沿いのアオヤギソウに、スジブトハシリグモと思われるクモがいました。緑の花々に埋もれる様に、長い脚を四方に伸ばして、まどろんでいる様にも見えました。北海道~九州の山野の、主に水辺周辺に生息する、体長14-18mm(雄)、15-20mm(雌)の大型のクモです。暗褐色の体の両側に白い帯模様があり、後方で波打ちます。成体は6-9月に出現し、網を張らず、活発に徘徊性し、水面付近や近くの草上で、他の昆虫等の獲物を待ち、見付けると足と牙で捕まえます。イオウイロハシリグモにも同じ様な模様を持つ者がいますが、本種は、白帯が腹部後方で波打ち、腹部に小さな白点列を持つ事で見分けられます。名は、太い筋が目立つハシリグモ(脚が早い蜘蛛)の意。青葉山では、池や沢周辺で見られます・・・
スジブトハシリグモとアオヤギソウ 木漏れ日の沢
この記事のURL | クモ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
ゆきかえる