>
ノウサギ(野兎)の足跡
2018/01/27(Sat)
  きょうは、良く晴れました(-4.8~-2.9℃/西北西風)。
   道沿いに、ニホンノウサギ(ノウサギ科)の足跡がありました。最近とても少なくなって心配なのですが、長らく雪が消えないでいると、流石にあちこちにあって、勿論、少数が走り回っているだけなのですけれど、表面が固くなった雪面が重みで丸く割れたのもあって、楽しくなりました。本州~九州の亜高山~低地の森林や草原等に生息する、体長45-54cm、体重2-3.5kgの日本固有の兎です。植物食で、葉、芽、枝、樹皮等を採食し、群れは形成せず単独で生活し、塒を中心に半径400m内外の範囲で行動します。藪中で繁殖し、一回1-4仔産み、早春~秋に数回それを繰り返します。夜行性で昼間は藪地等でじっとしている事が多く、巣は作りません。青葉山では、藪内外で比較的普通に見られますが、大開発や藪刈り等で激減していて、今後の地域的生存が危ぶまれています・・・
野兎の足跡 市街地の傍を走る兎
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テン(貂)
2018/01/25(Thu)
    きょうは、今朝も数㎝雪が積もり、一日中雪が降ったり止んだりでした(-6.7~0.1℃/西風)。
   道で、テン (イタチ科)に会いました。雪の中、一瞬の事でしたが、白いお顔の円らな瞳と眼が合って、黄金に輝く美しい体を翻し、白銀の世界に消えて行きました。北海道~九州と朝鮮南部の主に奥山に生息し、小動物、昆虫、甲殻類の他、ノウサギ・キジ・ヤマドリ等も襲い、果実類も好みます。体長44-55㎝、尾長17-23㎝、体重0.9-1.5kg。広い行動圏を持ち、岩の隙間や樹洞を巣にします。東北等の主に寒冷地では、夏季は赤褐~暗褐色ですが、冬毛は黄~黄褐色で頭部が白くなります。青葉山では全域で、糞や足跡等の痕跡が普通に見られ、良く目撃もされ、この山の豊かさの指標にもなっています・・・
テン 朝の三居沢
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キツネ(狐) の足跡
2018/01/04(Thu)
  きょうは、今朝も数㎝雪が積もり、日中は晴れました(-1.1~-3.8℃//西北西風)。
  道に沿って、キツネ(イヌ科)の足跡がありました。少し前のものでしたが、真直ぐに何処までも、端正な一筋がが続いていて、何か心が和らぎました。ユーラシア~北米に分布し、日本でも殆どの地域に生息しますが、四国では稀です。頭胴長52-76cm、尾長26-42cm、体重4-7Kg。体色は赤みがかった黄色で、腹、頬、尾の先は白く、尾は長くふさふさとしています。主にノネズミ類、ノウサギ、鳥類を捕食し、果実類も食べます。青葉山では、巣穴、足跡、糞等が見られる他、各所で目撃されています・・・
雪の朝 雪の朝
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テン(貂)の足跡
2017/12/30(Sat)
    今朝も雪がうっすら積もり、日中は大体晴れました(-1.8~-5.3℃/北西風)。
   草原に、テン(イタチ科)の足跡がありました。雪面を走ったばかりとも見える、真新しい痕が二つずつ、縦横に続いていました。北海道~九州と朝鮮南部の主に奥山に生息し、小動物、昆虫、甲殻類の他、ノウサギ・キジ・ヤマドリ等も襲い、果実類も好みます。体長44-55㎝、尾長17-23㎝、体重0.9-1.5kg。広い行動圏を持ち、岩の隙間や樹洞を巣にします。東北等の主に寒冷地では、夏季は赤褐~暗褐色ですが、冬毛は黄~黄褐色で頭部が白くなります。青葉山では全域で、糞や足跡等の痕跡が普通に見られ、良く目撃もされ、この山の豊かさの指標にもなっています・・・
テンの足跡. 草原
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニホンリス(日本栗鼠) の足跡
2017/12/28(Thu)
  きょうは、今朝も雪が数㎝積り、午後まで雪が降ったり止んだりで、後晴れました(-1.2~1.23.0℃/西北西風)。
  街の見える道沿いに、ニホンリス(リス科)がいました。倒木をうろうろしたていましたが、こちらに気付くと、木から木へと飛び移りながら消えて行きました。いい写真は撮れませんでしたが、後には足跡がしっかり残っていました。本州~九州の亜高山~平地の森に生息する日本固有種で、体長16-22㎝、尾長13-17㎝。腹面や尾先端は白く、夏は背面が赤褐色で、冬は耳介先端の体毛が伸長し背面が灰褐色になります。10ha程の行動圏を持ち、松林を好み、堅果や種子、キノコ、果実や昆虫類、鳥の卵等も採食します。食物を枝の間や地中に埋めて貯蔵し、樹上に木の枝や樹皮等を組み合わせた球形の巣を作ります。青葉山では、食糧や巣のある赤松や杉・檜、鬼胡桃の木立等で良く観察されます・・・
リスの足跡 向いの放山
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる