>
ヒヨドリ(鵯)
2017/03/19(Sun)
   きょうは、大体晴れました(4.0~12.6℃/北西風)。
   森の外れに、ヒヨドリ(ヒヨドリ科)がいました。咲き誇る梅を花ごと食べていましたが、食い疲れか、ふっと顔を上げ、遠くを見ていました。日本全国の他、中国南部等の、山地~平地の林や市街地にも普通に生息する留鳥、又は漂鳥です。全長27.5㎝、翼開長40㎝程。雌雄同色。頭~胴は灰色の羽毛に覆われ、頬に茶褐色部があります。頭頂は冠羽状。雑食で、昆虫類、両生類、爬虫類から木の実、花蜜、花弁、花芽、野菜の葉まで様々なものを採食します。青葉山では、一年中いる留鳥の他、北方や奥山から来訪し越冬するもの、春秋の通過途中に立ち寄るものの三種類いますが、識別は困難です。秋に大群を作り、波状飛行して移動する様は壮観です。嘗ては山の鳥でしたが、雑食性なので環境破壊にも良く順応し、今や大都市の中心部にまで進出しています・・・
ヒヨドリ 国際センター駅から
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユリカモメ(百合鴎)
2017/03/02(Thu)
  きょうは、曇り時々小雨が降りました(2.7~6..9℃/北西風)。
  川岸に、ユリカモメ(カモメ科)がいました。家族なのでしょうか、数羽の小群が川面に浮かび、飛び、戯れていましたが、淡い斑模様の幼鳥が一羽、ちょっと不安気に漂っていました。ユーラシア北部~アイスランド等で繁殖し、冬は南下してヨーロッパ、アフリカ、インド、東南アジアへ渡り越冬します。日本では冬鳥として、カムチャッカ等から北海道~沖縄の海岸や河川、沼地等に渡来し、海岸、湖沼、河川に群れを作って生活します。夜は海や湖に戻って、筏等を塒とします。主に魚や甲殻類を食べ、時に昆虫や雑草の種子等も食べます。全長約40cm。足と嘴は赤く、夏羽では頭部が黒いが冬羽では白く、目の後ろに黒い斑点があるのが特徴です。青葉山周辺では、秋~春に広瀬川等で普通に見られます・・・
ユリカモメ 沢の水面
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雁行
2017/03/01(Wed)
   きょうは、晴れ後曇りました(.-1.1~8.0℃/南東風)。
   山上を、雁が飛んで行きました。何処からともなくグーグーグーと、聞き覚えのある声がすると思いましたら、上空をマガン(真雁/カモ科マガン属)と思われる七羽が、小さな鉤を作って北の彼方に消えて行きました。故国(ロシア)に帰る途中なのでしょうか??ユーラシアと北米の北極圏のツンドラ地帯で繁殖し、温帯域で越冬する雁の代表種です。日本へは冬鳥として渡来し、その大部分が宮城県伊豆沼周辺で越冬します。全長 65-86㎝。翼長42cm。嘴は先端部が白く、他の部分は橙か桃色ですが、基部の羽毛は白。上尾筒と下腹部及び下尾筒は白。体の他の部分はほぼ灰褐色で、背は各羽毛の縁が灰色で鱗模様を作り、腹部には黒褐色の横斑があります。青葉山では、上空に時折、 (渡りの途中等の)飛び行く姿が見られます…
雁行 面白山方面
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モズ(百舌/鵙)の雌
2017/02/26(Sun)
   きょうは、晴れ時々曇りました(1.2~10.6℃/北北西風)。
  森の外れの公園に、モズ(モズ科) がいました。正面から見ると、栗坊主みたいに愛らしい雌でしたが、雀の群れを見ると豹変、弾丸の様に突っ込んで行きました。中国東部、朝鮮、ウスリー、サハリン等で繁殖し、冬には中国南部等で越冬します。日本では全国各地に周年生息しますが(留鳥)、北海道では冬に大部分は本州以南に移動し、山岳高地の者も里や南部に移ります。全長19-20㎝。眼上部の眉斑があり、尾羽、翼は黒褐色で、喉、頬、雨覆、次列風切、三列風切の外縁は淡褐色。雄は頭頂~後頸と体側面がオレンジ色で、体上面は青灰色、下面は淡褐色。初列風切羽基部に白斑が入ります。過眼線は黒。雌は全体に淡褐色。大型昆虫や蛙に蜥蜴、小鳥や鼠まで捕食。青葉山周辺では、一年中普通に見られます・・・
モズ 展望所から海を見る
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハイタカ(鷂)
2017/02/24(Fri)
  きょうは晴れ時々曇って、風の強い一日でした(1.5~9.5℃/西北西風)。
  河原に、ハイタカ(タカ科ハイタカ属)がいました。初めオオタカかと思いましたが、飛び立つととても小さく、同時に飛び立った雉鳩と同じ位で、疾風の様に消えてしまいました。ユーラシアの温~亜寒帯に広く分布し、 日本では、本州中部以北の亜高山~低地の森林等で繁殖(留鳥)、一部は冬に暖地に移動します。全長は♂32cm、♀39cm程で、雄は背が灰色で、腹には栗褐色の横縞があり、雌は背が灰褐色で、腹面の横縞が細かいです。オオタカに良く似ますが小さく(鳩大)、より小さいツミより眉斑が目立ちます。鳥類や昆虫類等を空中又は地上で捕食します。嘗てはオオタカと共に鷹狩に利用されました。名は、「疾き鷹」から転じたとされ、ハシタカとも呼ばれます。全国的に減少していて、国のレッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定。青葉山では、一年中林内に見られ、繁殖もしていて、キィキィキィと鳴く声も聞かれます…
ハイタカ 崖のある街
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる