FC2ブログ
>
カシラダカ(頭高)
2019/12/04(Wed)
  きょうは、曇り時々晴れました(2.3~7.9℃/西北西風)。
  森の道端に、カシラダカ(ホオジロ科)がいました。5-6羽の群れが採食していた様でしたが、気付かずに近寄ると、パタパタと藪や木々に飛び上がり、きょろきょろした後何処かに飛んで行きました。ユーラシア大陸北部とアリューシャンで繁殖し、冬は中国東部や中央アジアで越冬します。日本では冬鳥として、九州以北の山地~平地の明るい林や林縁、草地等に渡来します。体長15cm程で、雌雄共後頭部に冠羽があるのが特徴です。雄の夏羽は、頭部が黒く目の上~後頭部に白い側頭線があり、体の下面は白く、上面は茶色で黒い縦斑があります。雄の冬羽と雌は、頭部と体の上面が淡褐色になりますが、雄の耳羽周辺は黒褐色。地鳴きはチッと、か細く鳴きます。青葉山では、秋~早春に群れで生活し、草原等で良く見かけます・・・
カシラダカ♂ 光明
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツグミ(鶫)
2019/12/03(Tue)
   きょうは、、晴れたり曇ったりでした(3.6~12.0℃/北西風)。
   森に、ツグミ(ツグミ科)がいました。やって来たばかりなのか、移動の途中なのか、十数羽の群れが大木の梢に止まり、暫くして又何処かに飛んで行きました。北東アジアに広く分布し、東シベリア~カムチャッカで繁殖、日本には秋~春に渡来して越冬します。体長約20㎝。体の上部が灰~茶色で、眼上と腹部が白く、胸を張り背筋を伸ばす姿勢でいるのが特徴です。雑食で、主に土中のミミズや虫を食べ、様々な果実等も好みます。青葉山では冬期、草原や林縁等に普通に見られます・・・
ツグミ 森の夕映
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
団栗を運ぶカケス(橿鳥、懸巣、鵥)
2019/11/03(Sun)
  きょうは、晴れ後曇りました(9.2〜19.2℃/南西風)。
  森に、カケス(カラス科)がいました。ジャージャージャージャー言いながら、何かしているぞと眺めていると、嘴には大きな団栗があって、食べる訳でもなく、何処かに運んでいるのでした。アフリカ北部やユーラシア中部~南部に分布し、日本では本州~九州の山地~平地の林内に生息する、全長33cm程の留鳥又は漂鳥です。成鳥は額~頭頂が白黒の斑模様で、喉と腹は白、目の周囲や尾羽は黒、後頭部、背、胸は葡萄褐色で、羽の基部は黒、白、青が段だら模様が一際奇麗です。主に団栗等の木の実を好みますが、雑食。物真似が上手で、他の鳥や犬・猫の声等も真似ます。青葉山では、嘗て繁殖記録もありましたが、主に秋~春に見られ、晩秋には団栗を運んでは、木の根元や隙間に隠す光景が観察されます・・・
カケス 日の当たる坂道
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モズ(百舌/鵙)の高鳴き
2019/10/20(Sun)
   きょうは、曇り後時々晴れました(13.6~21.1℃/北北西風)。
  枯木で、モズ(モズ科) の雄が高鳴いていました。曇天下、周囲に縄張りを叫ぶ様に、キチキチキチキチと鳴き続けていて、秋の深まりを感じました。中国東部、朝鮮、ウスリー、サハリン等で繁殖し、冬には中国南部等で越冬します。日本では全国各地に周年生息しますが(留鳥)、北海道では冬に大部分は本州以南に移動し、山岳高地の者も里や南部に移ります。全長19-20㎝。眼上部の眉斑があり、尾羽、翼は黒褐色で、喉、頬、雨覆、次列風切、三列風切の外縁は淡褐色。雄は頭頂~後頸と体側面がオレンジ色で、体上面は青灰色、下面は淡褐色。初列風切羽基部に白斑が入ります。過眼線は黒。雌は全体に淡褐色。大型昆虫や蛙に蜥蜴、小鳥や鼠まで捕食。青葉山周辺では、一年中普通に見られます・・・
モズ 川はまだこんな
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
 ヤマガラ(山雀)とエゴノキ(売子木・斉ご木)
2019/10/08(Tue)
きょうは、雨後曇って、一瞬日差しもありました(16.2-22.9℃/西南西風)
 道沿いのエゴノキ(売子木・斉ご木)に、ヤマガラ(シジュウカラ科)がいました。見事に、無数に下がる鈴玉に見惚れていると、何処からともなく幾羽もやって来て、ニイニイ、ジャージャー言いながら、たわわの果実を一つずつ(果肉は有毒なので他鳥は見向きもしない)、ぶら下がりながら両足で押えてコンコン突いていました。山雀は亜高山~落葉・常緑広葉樹林に生息、全長13-15㎝。ほぼ留鳥だが、高地の個体は冬に低地へ移動。頭部は黒と白~薄茶色の斑模様で、背と腹部は赤~茶褐色、肩~翼は濃青灰色。食性は雑食、主に樹上で採食。樹皮等に果実を蓄える行動(貯食)も採り、中には食残しもあって、木々を発芽・生長させる役割も担っている。青葉山では、林内で通年普通に見られる。売子木は北海道~沖縄の、比較的水分の多い山野に生育する、高さ7-15mの落葉小高木。葉は互生して、長さ4.5-8cmの楕円形で先は尖り基部は楔形。5-6月に、短い側枝先に白花を1-4個下垂。花冠は5深裂し雄蘂10。果実は灰白色の卵球形で、熟すと果皮が裂け、褐色で堅い1種子を出す。当山では沢沿いに多い・・・
ヤマガラとエゴノキ エゴノキの実
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる