FC2ブログ
>
四月観(視)察会
2019/04/14(Sun)
  きょうは良く晴れて、絶好の観(視)察会日和になりました(4.9~16.9℃/南南東風)。近況報告やコース説明等の後、早速出発です。コブシや果実に変わったヤマネコヤナギ、無数に下がるアカシデの雄花、僅かながら咲き出したブナ、土手に無数に立つ土筆等眺め、車道端に咲くエゾタンポポやセイヨウタンポポ、コハコベやカキドオシ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、ミチタネツケバナ、イカリソウ等観ながら森に入ります。ズミやトウゴクミツバツツジは花芽を膨らませ、カエデ類等、全ての木々の芽が綻んで山入端を赤らめ、遠くに、白銀の泉ヶ岳が光っています。林内では、今年は暖冬の所為で花は早々と咲き出しましたが、最近の雪や寒さのお陰で、カタクリ等が丁度見頃となっていました。里の桜も満開ですが、山桜も見頃を迎え、特にエドヒガンの大木が薄紅色の花を見せてくれました。大木のオオバクロモジの花々が一斉に開き、沢沿いや北斜面には、赤紫の絨毯を成すカタクリの他、ショウジョウバカマやイワウチワも満開で、アケボノスミレの麗しさにも、皆で感嘆の声を上げました・・・
未だあった雪 エドヒガン カタクリ ショウジョウバカマにうっとり
 他に花では、キブシ、シュンラン、ナガハシスミレ、マキノスミレ、モミジイチゴ、タチツボスミレ、ミヤマウグイスカグラ、セリバオウレン、ツノハシバミ、アサダ、ヒメカンスゲ、オクノカンスゲ、ハウチワカエデ、オオバタネツケバナ等も咲いていました。動物では、カモシカやリス、テン等の痕跡はあちこちに見られるものの、あった筈のトウホクサンショウウオの卵濃が何故か無くなっていました。昆虫は少なかったものの、バス停にいたヒオドシチョウ、沢に複数飛んでいたテングチョウ、車道脇にいたルリタテハ、イカリモンガ等の蝶や蛾、カタクリを吸蜜していた花虻や花蜂、野鳥では、ウグイスやシジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、メジロが良く囀り、アオゲラ、コゲラ、トビ、ヒヨドリ、エナガ、ハシブトガラス、セグロセキレイ、キジバト等を観られました。
  春爛漫の中、今日は地滑り地区でのケーブル新設工事、管理センター入口付近の樹木大量伐採も確認され、私立特別支援学校建設等も予定される等、他の大開発を含めて青葉山を取り巻く状況が益々厳しく、改めて、地道な活動の継続によりこの山の素晴らしさを市民に広く知ってもらうことが何よりも大切と感じました…
アケボノスミレ テングチョウ イワウチワ 解散後に
 来月は新緑の森の中、ルリソウ、ヒメシャガ、ヤマツツジ等の花々や、渡来したばかりの夏鳥達の囀りが見所・聞き所となる事でしょう? では又、5/14(日)にお会いしましょう!
  杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三月観(視)察会
2019/03/10(Sun)
  きょうは良く晴れて、暖かく穏やかな会になりました(3.9~17.8℃/東風)。近況報告等の後、今回は何時もとはコースを変えて、竜ノ口の源流を目指して出発です。外にはマンサクが黄色い霞を作り、コブシやアカシデ、トチノキ等の芽が膨らみ、道端にはオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ミチタネツケバナが咲き群れ、シュンランは花芽を大きく伸ばしています。小楢の大木や植栽のアカバナマンサク等を眺め、飛び上がるツグミやカシラダカの群れ、キタテハ等の蝶、ケヤマハンノキの雌雄花等を観ながら大池に向かうと、周囲は異様な柵が張り巡らされています。昨年突如施設された、熊除けだと言う電気柵で、鎖の付いた物々しい開閉門を開けて中に入ると、猪の痕跡が散在し、食べ残した山芋も確認できました。早くも基準点が打たれた広大な放射光施設建設予定地を視察しつつ、カラ類の混群、ヤブツバキ等眺めながら進み、竜ノ口支流万助沢の源流池に辿り着くと、そこは周囲の殺伐とした工事現場に囲まれながら、森閑とした木立の中に池が点在していました。テンの糞等見ていると突然、騒がしい鳴声と羽音の先に、カラスに追われるハイタカの姿が見えました。オオタカが追い払われたこの地にも鷂は健在で、少し安堵しました。林内は、ミズナラやハンノキ等の大木の下に、貴重なトウゴクミツバツツジやホツツジの群れ、林床には早くもセリバオウレンが咲き始め、アズマスゲも黄金の小穂を見せていました。地面にはカモシカやキツネ等の足跡が縦横に走り、タヌキの溜糞もあって、ここが野生の王国だと実感しました。ただ、顔を転じて見上げれば、巨大な学生寮のビル群が林立し、隣接地には放射光施設の大工事も控え、帰路、木々の間に白く輝く船形連峰を眺めつつ下山しましたが、池周辺環境や青葉山の自然の危うさを思い、憂鬱にもなりました…
大学構内のベロニカ園 キタテハ マンサク ここには何が?
 花ではその他、バッケ(蕗の薹)、コハコベ、ツノハシバミ、植栽のサザンカ等咲いていました。果実では、リョウブ、ミヤマガマズミ、ノリウツギ等、虫瘤ではアカシデメクフレフシ、エゴノネコアシ等が見られました。キノコでは、タマキクラゲ、ヒトクチタケ、カワラタケの仲間等、野鳥では他に、モズ、カワラヒワ、メジロ、コゲラ、エナガ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、トビ、スズメ、ハクセキレイ、ガビチョウ、カルガモ、コガモ他、動物では他に、カモシカ角擦痕、土竜塚、ニホンリスの食痕等が見られました。昆虫では、欅に沢山付いていたウスタビガやヤママユガの繭、飛び回るアカタテハ等の蝶、テントウムシ、ゴミムシの仲間等が観察されました。
 一旦解散後は、"たまきさん"にて、1月にできなかった年会を行って青葉山への思い等を語り合い、引き続きの総会では、活動・決算報告や役員改選、今後の予定や抱負等討議した後解散しました。
 きょうは、大震災から8年目の日の前日ともあって、亡き父母兄弟、友人、今尚苦しむ被災者達に思いを寄せ、自然破壊の状況を視察・検証しつつも、多くの新たな出会いがあり、暖冬だったとは言え、春到来の喜びを感じるひと時となったのではないでしょうか?
源流池 ハッケ 船形連峰を望みながら お疲れ様でした
  さて、来月(4/7)は、カタクリ、ショウジョウバカマ、シュンランにイワウチワと、早春の花々が一斉に咲き乱れている事でしょう? お楽しみに・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二月観(視)察会
2019/02/10(Sun)
 きょうは第二日曜、観察(視察)会の日。とは言っても二・八月は(公式には)お休みなので、記録(調査)を主にして数名で歩きました(-3.3~2.4℃/北風)。晴れたり曇ったりの、ぴりりとした寒気の下、いつもとは少し違う道を進みます。マンサクは未だちらほらですが金のリボンを伸ばし、サザンカやヤブツバキも淋しい路傍を赤く彩っています。雪の残る池や日陰には、タヌキやテン、カモシカ、キジ、ネコ等の足跡が続き、テン、ノウサギやカモシカ等の糞も見られました。草原では、ミヤマホオジロ、カシラダカ、ベニマシコ、カワラヒワ、ツグミ、シメ、キジバト等が餌を啄み、道端からシロハラが、藪からはキジ(雌)が飛び上がり、空をコーコーとオオハクチョウの群れが飛び行きました。シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ等の混群にも度々出会い、遥か川面には、コガモ、マガモ、オナガガモ、カワアイサ等が浮かんでいました。果実は少ないものの、ミヤマガマズミ、アズキナシ、スイカズラ、オトコヨウゾメ等の他、ブナの実が無数に落ちていました。ケヤマハンノキ、ツノハシバミ、アサダ等の雄花も目立ちました。
ミヤマホオジロ トウゴクミツバツツジの芽と果実 狸と雉の足跡のある池 ウスタビガの繭
 野鳥では他に、カケス、エナガ、アカゲラ、コゲラ、メジロ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、トビ、ハクセキレイ、カルガモ、スズメ等が見られ、動物では、リスやノネズミの食痕、カモシカの角擦り痕、食痕等、果実ではヘクソカズラ、ヤブコウジ、ヤブラン、ケヤマハンノキ、イタチハギ、シュンラン、ヤマユリ等が残っていました。昆虫では、越冬するヤニサシガメ、ウスタビガやヤママユガ、イラガ等の繭が見られました。土手には、パッケが一つだけ出ていました。東北大新キャンパス周辺も視察しましたが、山上の巨大な学生寮は既にほぼ満杯になり、人が行き交い、外灯の設置も進み、周囲にビニル袋等のゴミも目立ち、その周囲に張り巡らされた熊よけ電気柵には、生態系分断の深刻さを改めて感じました。今は長閑な放射光施設予定地でも、完成後の姿を脳裏に浮かべつつ、とても不安になりました。
 尚、午後には理事会がありましたが、会としても個人としても、地道な自然観察や調査を基本としつつ、様々な自然破壊に対する防護壁となるべく、ぶれずに歩み続けねばと思いました…
山毛欅の実 カワラヒワ オオハクチョウ 泉が岳

 来月(3/10(日))は、マンサクやセリバオウレンの花、囀る小鳥達、サンショウウオの卵等に出会える?早春の観(視)察になります・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一月観(視)察会
2019/01/13(Sun)
 きょうは、新年初の観(視)察会。一月とは思えぬ穏やかに晴れた空の下、多くの参加者が集い、楽しい「初歩き」になりました(-0.9~6.2℃/北風)。大学構内は栃の芽がキラキラ光り、欅や紙垂の芽も膨らんで、道沿いの山茶花も咲き群れています。中でもイイギリは真赤な実を無数に垂らし、ヒヨドリやツグミ等が喧しく鳴き交わしながら採食しています。隣のタラヨウの葉で遊んだり、イヌガンソクやシシガシラを比べたりしつつ森に入ると、そこは森閑と、冬枯れの木立が続いています。様々な冬芽や翼果等の実、虫瘤、繭、羊歯類等観察し、樹液を舐めてみたりもしました。時折野鳥の混群が通り過ぎ、エナガやヤマガラ、コゲラ等を楽しみ、アトリやカシラダカの群れにも出会いました。檜林では、猛禽に襲われたのか、アカゲラの羽根が散らばり、皆で想いを巡らせました。カバノキ科の木々では、ツノハシバミやケヤマハンノキ、ハンノキ等の他、アサダの雄花も観察しました。繭も色々ありましたが、案外あちこちにあったウスタビガの他、ヤママユ、クワコ、イラガに、レツドリスト記載のシンジュサンのものとの出会いは、大きな喜びでした…
イイギリ ウスタビガの繭 アサダ あれは一体?
 花では他に、マンサクが綻び、シュンランの花芽が膨らんでいました。果実では、ウメモドキ、サルトリイバラ、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、ヤマノイモ、ノダケ、オオバジャノヒゲ、イヌツゲ、ヘクソカズラ、オトコヨウゾメ、リョウブ、ネジキ、イボタノキ、ミヤマガマズミ、マムシグサ、ケカマツカ、サラサドウダン、ジャノヒゲ、コゴメウツギ、ウリハダカエデやエンコウカエデ、ハウチワカエデ等のカエデ類翼果、シュンラン、ムヨウラン等が目立っていました。キノコでは、何箇所かにウチワタケやカワラタケ等の他、マメホコリと思われる変形菌も見られました。シダ類では、ホソバトウゲシバ等が見られました。虫では、アカマツの幹にヤニサシガメが越冬し、クモの卵嚢もあり、エゾゼミの空蝉も見られました。動物達の痕跡は、雪が殆ど無い為足跡は見つかりませんでしたが、カモシカの食痕や角擦り痕、リスや野鼠の生活痕、食痕に、クマの爪痕、今年の干支イノシシの生活痕も見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、ヒガラ等の他、カワラヒワの小群、ハクセキレイ、スズメ、トビやカラス達等が見られました。 陽気に誘われたのか???、遠くからピョーッと鳴くアオゲラの声も聞かれました。
 きょうは、諸事情で新年会はなく、3月に延期となりましたが、解散後は、改築が終わったばかりの宮城教育大学の一室にて、参加者有志による懇親があり、今後の打ち合わせ等しました。今春からは、会の拠点として活用できればと思います。青葉山は今、様々な大開発工事や突然できた熊防止電気柵等含めて、自然保護や生態系確保にはとても困難な状況が続いていますが、人間だけでなく、ここに暮らす全ての生物達にとって、幸い溢れる年になって欲しいものです・・・ ・・
ヤブコウジ 霜柱の道 穏やかな冬の日差し 西の山々
 来月の2/10は、会としてはお休みですが、記録を主として歩きます。雪のあることを期待したいものです…
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十二月観(視)察会
2018/12/09(Sun)
  きょうは、昨晩からの雪が5cm程積り、後晴れて時々雪が舞う、清々しい観(視)察会となりました(-2.4~4.3/西北西風)。近況報告やコース、チラシの案内、初参加の方達の紹介等の後、早速出発です。トチノキやキリ、コブシの芽等を観ながら、昨日確認のキクイモやコハコベ等の花を探しますが、雪に覆われて見つかりません。辛うじて、イヌタデやオニタビラコ、コセンダングサ等を眺め、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、キヅタ、ウメモドキ、ヤツデ、ヘクソカズラ、ヒヨドリジョウゴ、スイカズラ等の実を見ながら森に向かいます。赤松の木にはシジュウカラやヒガラの群れがいて、そこにコゲラがやって来て、暫く幹を突いて、私達を楽しませてくれました(体重は18-26 g、10円玉4-5枚だそうです^^)。森は、昨日は紅葉のヤマモミジとふかふかの落葉道でしたが、今日は一変の銀世界、ヤブランやオオバジャノヒゲ、残るニシキギの紅葉、バイカツツジの黄葉、シロダモの赤い実と花等が見られるものの、フユノハナワラビやイノシシの痕跡、テンの糞等も消えていて、新雪すぎて獣の足跡も見つかりませんでした。その代わり、突然舞い落ちる雪の檜林、林間から望む太平洋、白い街並み、様々な樹氷・・・と、美しい雪景色に感動させられました…
ウメモドキ 上には何が コゲラ ヤママユ
 花では他に、植栽のサザンカ、ヒイラギナンテン、ツワブキ、不時開花のヤマツツジ、ツノハシバミやケヤマハンノキ、ウダイカンバの雄花等が見られ、羊歯ではリョウメンシダ、イヌガンソク、シシガシラ、ヤブソテツ、ホソバトウゲシバ等、果実ではカラスザンショウ、ツクバネ、アオキ、サルトリイバラ、ヒノキ、ミヤマカマズミ、オトコヨウゾメ、ジャノヒゲ、ヤブコウジ、ツルリンドウや見事なイイギリが残り、ヤマノイモのむかごもありました。虫瘤は、ウダイカンバ、マンサク、クリのもの等、キノコでは、サルノコシカケ、スズメタケ、カワラタケの仲間等が見られました。動物では、熊の爪痕、カモシカ食痕、角擦痕、等、野鳥では、藪から聞こえるルリビタキの声、ハクセキレイの親子?、空を飛ぶトビ、ノスリ、ヤマガラ等のカラ類、エナガ、ヒヨドリやセグロセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス等を確認しました。昆虫では、ヤママユやウスタビガ、カレハガの繭、飛ぶシャクガの仲間等が見られました。今回は、思わす雪の会となるも、12月の何時も通りの長めコースを歩きましたが、新たな出会い等、皆さんは如何だったでしょうか?
ニシキギ 箱庭 お疲れ様でした^^ 吹雪
  さて次回(2019/1/12)は、新年の初歩きです。きりりとした寒気と新雪の心改まる「会」を期待しましょう・・・
  
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる