FC2ブログ
>
十一月観(視)察会
2019/11/11(Mon)
  きょうは、少し雲や風はあるものの晴れて、漸く紅葉も見頃の観(視)察会になりました(7.2~15.5℃/北北西風)。近況報告等があった後、今日の主な案内役の叶さんの後に付いて早速の出発です。空には赤とんぼが飛び交い、ツクシハギも未だ咲いています。ニシキギの紅葉や、ハクウンボクを観ていると、近くでヤマガラがその実を咥えていました。タラノキやタカノツメの実、ハウチワカエデやコハウチワカエデ、ハウチワカエデの葉を比べたり、青々としたしたケヤマハンノキを前に紅葉の仕組みを学んだり、ミヤマガマズミやアオハダの実を見ながら進むと、日本産リンゴの原種オオウラジロノキには実が沢山生り、足元にも落ちています。クサギの実、キチジョウソウ、ナンブアザミ等見つつ森に入ると、ミツデカエデやウワミズザクラ、ケカマツカ等が美しく紅葉しています。オヤマボクチやノダケ、キッコウハグマ、ツタウルシ等観察ししつつ沢に下りると、何とムキタケが無数に出ていて驚きました。陽が降り注ぐ森は、貴重なメグスリノキ(群落が消失していた場所では株立ちや幼木が多く見られました!)を初め、ウリハダカエデ等の鮮紅、タカノツメ等の黄金が煌き、得も言われぬ光景を成していました。これも貴重なリンドウがあちこちに咲き、シロヨメナも未だ可憐に咲いていました・・・
ハウチワカエデ この葉っぱは? ムキタケ! 竜胆の道
 花では他に、ノコンギク、ヤブガラシ、ヤブタバコ、イヌタデ、ダキバヒメアザミ、ヒヨドリバナ、オニノゲシ、アキノキリンソウ等が咲き、外来種のセイヨウタンポポ、ハキダメギク、セイタカアワダチソウ、ベニバナボロギク、園芸種のアベリア等も見られ、紅葉ではオトコヨウゾメ、オオモミジ、ヤマモミジ、エンコウカエデ、ミヤマタムラソウ、シナノタイゲキ等、果実ではカエデ類やシデ類の翼果、サルナシ、カラハナソウ、オトコヨウゾメ、マンサク、ツルアリドオシ、ヤブコウジ、コウスノキ、イボタノキ、トチノキ、チゴユリ、オオバジノャノヒゲ、オトコエシ、ナガバノコウヤボウキ、ヘクソカズラ、イヌツゲ、ウメモドキ、マムシグサ、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、エゴノキ、イタドリ、ツチアケビ、イイギリ、柿、ヤマノイモのむかご、最後に確認できたアサダ等が見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、エナガ等、アカゲラ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ハシブトガラス、ガビチョウ等を確認できました。動物では、テンの糞、ニホンリスやノネズミの食痕、あちこちにあったカモシカの角擦り痕と食痕、イノシシの生活痕、ツキノワグマの爪痕等、虫では、アカスジキンカメムシの幼虫、萩にいたキタキチョウ、ジョロウグモ等。キノコでは、倒木に出ていたスギタケ、ニガクリタケ、流れかかったナラタケモドキ、スギエダタケ等が出ていました。きょうは「紅葉狩り」を主に、案内の叶さんの蘊蓄ある解説もあり、深まりつつある秋の山を「五感」で味わえた一時ではなかったでしょうか?
燃える坂道 メグスリノキ 紅葉の中で アサダの果実
   来月(12/8)は、ふかふかの落葉を踏み分けながら、木々に残る果実、冬芽や常緑樹、様々な落葉、動物達の痕跡、混群を作る野鳥達、冬越しをする昆虫達、冬のきのこ等を観察しましょう。また素敵な出会いがあるといいですね・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九月観(視)察会
2019/09/08(Sun)
  きょうは良く晴れて、暑い観察会となりました(24.0~31.8℃/南風)。何時もの様に配布チラシやコース説明、近況報告等の後、早速出発です。例年ならか細いチッチゼミの声が聞こえる頃ですが、未だ大声の蝉時雨が響いています。昨日はギンヤンマの産卵が見られた水蓮池に立ち寄っても、当種の他、ショウジョウトンボ、シオカラトンボにオオルリボシヤンマも飛び回っていて、真夏の様な賑やかさです。栃の実がころころと落ち、大きなヒルガオや既に満開に近いミヤギノハギ等観ながら進むと、森の入口の土手には、今日の目当てのきのこ達、テングタケ、ドクツルタケ、シワチャヤマイグチ、シロオオハラタケ、ハイカグラテングタケ等がぼこぼこと生えていて、コナラの切株際には、触れただけでも爛れる、猛毒のカエンタケが真紅の指を立てていました。ヒメジソやオトギリソウ、ヤブハギ、ゲンノショウコに、咲き始めたツクシハギ等観察ししつつ森に入ると、益々の蝉時雨、エゾゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ等の声の下、道沿いのコナラにはナラタケモドキが数多く生え、アカマツにはヒメカバイロタケも多く見られました。道端には、食菌のコウジタケ、アメリカウラベニイロガワリ、ムラサキフウセンタケ、ヒロハチチタケ等を初め、ドクベニタケ、チシオハツ、カワリハツ、クサハツ、トキイロラッパタケ、ヒナアンズタケ、ベニウスタケ、モミジタケ、イボタケ、ワサビカレハタケ、コタマゴテングタケ、シロテングタケ、シロオニタケ、ニガイグチの仲間等が見られ、ヤマジノホトトギスやダキバヒメアザミ、ナンブアザミ、コバギボウシ、カノツメソウ、ナガバノコウヤボウキ、ヤブマメに、シロヨメナやキバナアキギリ等の花々が咲き、アオハダの赤い実や団栗、毬栗が落ち、ミヤマガマズミやシラキ、ナツハゼ、コウスノキ等の実も見られ、チラシで取り上げたホツツジの花も観察できました。キノコ鑑定会は専門家がお休みの為十分なものにはなりませんでしたが、他にマツオウジ、ホコリタケ、フサヒメホウキタケ、カワラタケ、ヌメリコウジタケ、サクラシメジ、シロイボカサタケ、キイボカサタケ、ヒイロタケ、ヒトクチタケ、スギヒラタケ、フサタケ、ホオベニシロアシイグチ等が確認されました…
シロオオハラタケ 火炎茸! かがやく森で 瓜坊のちゃっこい足跡
  花では他に、ヤブラン、ガンクビソウ、オクモミジハグマ、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、カノツメソウ、ヒヨドリバナ、ツユクサ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、コセンダングサ、ヤマウド、シラヤマギク等が見られました。果実では他に、マムシグサ、ツクバネ、サンショウ、チゴユリ、クルマユリ、ヤマユリ、マイヅルソウ等が目立ちました。動物では、イノシシの親子の足跡などの痕跡が数多く見られ、微笑ましくもあると同時に、希少植物生育地を荒らす新入者として、気も滅入りました。他に、蟻の入った大きな熊の糞、アカガエルの仲間、テンの糞、リスの痕跡等も見られました。昆虫やクモでは、萩にいたキタキチョウやコミスジ、シジミチョウの仲間、チッチゼミの空蝉、擬態するオナガグモ、アオスジキンカメムシの幼虫、セスジツユムシ、クロアゲハ、カラスアゲハ、オオチャバネセセリ、樹液にいたクロヒカゲ、キマダラヒカゲの仲間、ヨツボシオオキスイ等。野鳥ではシジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、ハシブトガラス等が見られました。
 きょうは、遠くから祭囃子が聞こえる中、様々なキノコを初め、数多くの動植物に出会い、又夫々に新しい邂逅があったのではないでしょうか?
  来月(10/13(日))も、キノコ中心の観察・鑑定会を予定していますが、自然全般も観察しましょう! 又、素晴らしい出会いを期待したいものです・・・
ホツツジ_鑑定会の後_きのこいろいろ_新発見はありましたか?

この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八月観(視)察会
2019/08/11(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会。と言っても、8月は「会」としてはお休みなので今回も、記録を主として有志で歩きしました(曇り一時小雨/23.0~27.1℃/南東風)。少し涼しい曇天の下、蝉時雨(アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ、エゾゼミ他)、を浴びながらの出発です。睡蓮池を横目に、咲き始めたツクシハギ、ミヤギノハギに、ヤマジノホトトギスやオトギリソウ、ヤブハギ等観ながら森に入ります。森は一層涼しく、様々なキノコやヒメコウゾ等の実に、ハエドクソウ、ヒメキンミズヒキ、キンミズヒキ、コバギボウシ等が咲き、何処からともなくクサギの花が香ります。樹液の木は少ないものの、何故かオオセンチコガネやキマワリが多く見られました。シラヤマギクやナガバノコウヤボウキ、ヒヨドリバナ等も散見されましたが、何と言っても、暗い森に赤く灯るクルマユリには感動させられました。途中から、涼しい天候に乗せられて、つい滝川見物にと足を進めましたが、暫し藪漕ぎ等を余儀なくされ、参加の皆さんには難儀をかけてしまいました(すみません)。只、中々観られない絶景や新たな発見等、色々体験できたのではないでしょうか・・・・
ヤマジノホトトギス オオセンチコガネ クルマユリ 虹の滝
 花では他に、オオウバユリ、キツネノボタン、ガンクビソウ、ヘクソカズラ、ツユクサ、ノハラアザミ、オオハンゴンソウ等が咲いていました。果実では他に、シラキ、ウワミズザクラ、エゴノキ、ヤブデマリ、コウスノキ、クリ等が見られ、マタタビの虫瘤も見事でした。昆虫他では、萩にいたキタキチョウ、あちこちにいた赤蜻蛉、岩にあったコマダラウスバカゲロウの繭、沢にいたオニヤンマやミヤマカワトンボ、アオハダトンボに、カラスアゲハ、ウラギンシジミ、コミスジ、ウスオエダシャク、アシグロツユムシ、ザトウムシ、水中に気泡を一杯付けてじっとしていたハシリグモの仲間等、キノコでは、フサヒメホウキタケ、ニガイグチモドキ、シロテングタケ、シロホウライタケ、変形菌の仲間等、動物では、滝壺にいたタゴガエル、砂や泥地に沢山付いていたタヌキやテンの足跡、沢でカモシカやイノシシ、リス。クマ他の痕跡、獣の巣穴と思われるもの、沢で死んでいたモクズガニ等に出会いました。野鳥では、ウグイスが良く鳴き、アオゲラ、コゲラ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、イワツバメ、ツバメ、穴と思われるもの、セグロセキレイ、トビ、スズメ、ハシボソガラス、ガビチョウ等が確認されました。きょうは何時になく探検行になりましたが、地滑り対策用ケーブル道を確認したり、あちこちの木々刈込等も視察、この森の行末を案じたり、未来像を描いたりもしました・・・
 次回9/8(日)は、キノコ中心の観察会を予定していますが、萩類。キク科の花々等動植物の通常の観察もします。又、素晴らしい出会いを期待しましょう・・・
タゴガエル 崖のある川 オニヤンマ オオハンゴンソウ
 
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
七月観(視)察会
2019/07/15(Mon)
きょうは、梅雨に相応しい雨降りの観察会になりました(20.0~23.0℃/東風)。
  降り頻る雨の下、参加は流石に少数でしたが、開催中の、「杜の都 青葉山は今!」展示会の紹介や、チラシやコースの説明等があった後早速の出発です。リョウブやオオハンゴンソウ等観ながら進むと、道沿いに無数に紫や白の、蛍袋が咲き群れています。良く見ればホタルブクロとヤマホタルブクロがあり、その違い等確かめつつ、膨らむツノハシバミ、アケボノアセビの曙色の若葉、オチバタケ、ヌメリイグチ、シロハツ等、あちこちに顔を出すきのこ達等観察します。トチノキやウワミズザクラの実、ムラサキシキブ、オオバジャノヒゲ、オカトラノオ、ネズミモチ等の花も雨に濡れ、瑞々しく光っています。藪中のツチアケビ、植栽のアジサイ等観察しつつ緑滴る森に入ると、ハエドクソウがひっそりと佇み、ピンクのママコナが咲き残り、ノリウツギがクリスタルの輝きを放っていました。乾いた砂地にいたアリジゴクや、鮮やか過ぎるネジハナも印象的でした・・・
ホタルブクロ2種を見比べ 大小キノコの道 ベニイグチ ママコナ
 花では他に、キカラスウリ、キツネノボタン、ウマノミツバ、クマノミズキ、ヒメジョオン、ヒヨドリバナ、エゾアジサイ、ハキダメギク、アカメガシワ、アカネ等が見られました。果実では他に、エゴノキ、ヤマグワ、ミヤマガマズミ等が生っていました。キノコでは、苔に点々と生えていたシバフタケ、切株にあったフサヒメホウキタケ、真赤なベニイグチ、ドクベニタケ、ホコリタケ等が見られました。野鳥では、一時遠くからキビタキやオオルリの囀りが聞かれ、他にカワラヒワ、スズメ、ツバメ等が確認されました。動物では、蛙の子供が道に跳ね、昆虫では、雌雄のカノコガ、ガムテープまで使って作った蓑虫等に出会いました。きょうは生憎の雨で、予定したコースも時間も短縮になりましたが、新鮮な発見も多く、前々回の5月に続いて案内役をお願いした叶さんの、写真やクイズ等使ったお話の数々に、楽しく有意義な一時となりました・・・
来月(8/11)は会としてはお休みですが、調査・確認を主に歩く予定です。放射光施設の建設が始まり、生態系の分断も一層進んでいますが、自然環境の小さな変化も見逃さず、観(視)察を続けていきたいものです・・・
叶さんの楽しいお話 蟻地獄 雨中撮影 ネジバナ

杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催中! 明日の15日(月・祝)16時!までです。仙台の宝、青葉山の素晴らしい自然、生きもの達がお待ちしています、ぜひ、お立ち寄りください…

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
★仙台市に2008年末提出した『質問状』と市の「回答」、及び、それに対する「再質問状」とその「回答」、10/31に提出した「意見書」とその回答、12/8提出の「要望書」、大震災後に提出した「地下鉄東西線建設事業凍結と都市計画道路川内・旗立線事業廃止の申し入れ」と「都市計画道路川内・旗立線の必要性に関する意見書」を公開中です。 ご意見・ご感想等は引続き、下記宛ての葉書又は cheb@live.jp にお届け下さい。 仙台の、この上もない「宝」を守る為、今後も決して諦めずに頑張りましょう!〒980-0811青葉区一番町4-1-3仙台市市民活動サポートセンター内box72「青葉山の緑を守る会」 

★仙台市公園緑地協会による青葉山市有林内の管理作業で、膨大な希少植物の自生群落地が消失する等、取り返しのつかない自然破壊が行われました。当会はその抗議の意志と共に2016年5月27日付けで「質問状」を提出。7/8に届いた「回答書1,2」は納得できるものではなかったため、8/1、より具体的な再質問状を提出。同時に、仙台市建設局公園課に対しても、その見解を求めています。

★動植物の捕獲・盗掘は、「重」犯罪として、各法・条例で厳しく罰せられます。特に、青葉山市有林(青葉の森)や竜ノ口峡谷周辺は、「広瀬川の清流を守る条例」で「特別環境保全地区」に指定されています。監視員が常時パトロール、監視カメラも作動中です! 

青葉山のガイドブックが完成しました! 青葉山に生息する、代表的な植物、きのこ、動物、野鳥、昆虫を356種取り上げましたが、そのうち55種がレッドリスト記載の希少種です。大規模開発が一時に始まった今、希少種達は、その存在さえ知られぬままに、消し去られようとしています。とにかく、多くの人にその存在を知って貰い、それが自然の大切さを知るきっかけになってほしいと思うのです。頒価は1000円。毎月の定例観(視)察会の他、丸善アエル店、金港堂本店等で販売していますが、お求めになりたい場合は、:  cheb@live.jp まで。
☆DVD第1巻「生命(いのち)あふれる青葉山・・「杜の都」の魅力再発見」(600円(10分)) とDVD第2巻「生命(いのち)あふれる青葉山・希少種たちの叫び」(800円(20分)) も引き続き販売中です。
 皆さん、是非ご覧になって(ならなくとも)「」を上げて下さい。 尚、DVD第1・2巻、ガイドブック共に、既に、仙台市内の全ての小中学校、図書館、市民センターに配布されています。
希少種たちの叫び 生命(いのち)あふれる青葉山~「杜の都」の魅力再発見 青葉山自然観察ガイドブック 巨大な自然破壊が進行している青葉山周辺
オオタカの営巣地を守ろう!! 
  環境ブログランキング ブログ王 
 
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
六月観(視)察会
2019/06/10(Mon)
 きょうは、入梅直後ながら曇り時々晴間もある、穏やかな観(視)察会(14.5-17.4℃/南東風)になりました。コースやチラシ、7月の展示会の案内、近況報告等の後、早速の出発です。昨日の草刈りで、小さな花々やフランスギクの原等は消えていましたが、イボタノキやノアザミ、スイカズラ、ハナニガナ、チドメグサ等観ながら森に入ると、腐生植物のウメガサソウが咲き、イチヤクソウが蕾を膨らませています。ホトトギスが鳴き、オオルリヤキビタキも囀っています。所々にエゴノキの花が路傍を白く染め、見上げれば花蜂達が花を揺らしていました。モミジイチゴやヤマグワ、ミヤマウグイスカグラの実が熟し、少し味わいもしました。ナツハゼやシラキ、ガマズミ、ミヤマタムラソウ、ミヤマナルコユリ、ギンリョウソウ、サイハイラン等の他、あちこちに咲く純白のネジキの花が印象的でした。マツオウジやアカガシの若葉、マタタビの白い葉も目立っていました。期待したカザグルマやキンランは疾うに終わっていましたが、ホクリクムヨウランやオニノヤガラ、ヒトツボクロ、ゼンテイカ等をじっくり観ることができて、感激しました。
スイカズラ. いったい何が? ネジキ オニノヤガラ
 花では、コナスビ、 ニガナ、コゴメウツギ、コウゾリナ、ミツバツチグリ、ヤブムラサキ、ケキツネノボタン、マムシグサ、ヒメジョオン、ツクバネ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、マルバダケブキ、ヒメコウゾ、ヤグルマソウ、ドクダミ、エゾアジサイ、イワガラミ、アワブキ(開きかけ)、カキノキ、キショウブ、サルナシ等が咲いていました。果実では他に、ヘビイチゴ、ツリバナ、ヒメシャガ、ナツグミ、トリガタハンショウヅル、アカシデ等が見られ、キノコでは、ドクベニタケ、ヒロヒダタケ、チャカイガラタケ、カレバキツネタケ?、フサヒメホウキタケや変形菌の仲間も見られました。鳥では他にアオゲラ、コゲラ、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カワラヒワ、ヤマガラ、ツバメ、ハクセキレイ、トビ、ハシボソガラス、ガビチョウ等を確認できました。昆虫では、サワフタギにいたシロシタホタルガの幼虫、ナミテントウの幼虫、サルトリイバラにいたフタホシオオノミハムシ、アオハムシダマシ、ホホジロアシナガゾウムシ、イチモンジチョウ、ヒカゲチョウ、クマバチ、トラマルハナバチ、ヒシバッタ、シオカラトンボ、ドクガの幼虫、オビガ?やウスタビガの繭等、動物では、足元から跳ねるアカガエルの仲間の他、テンの糞、クマの爪痕の痕跡や、トウホクサンショウウオの卵嚢や幼生等を確認しました。視察としては、地滑り対策のケーブル敷設状況を見学し、今後の取り組みを検討。解散後は宮教大にて、7月の展示会↓に向けて打ち合わせ会を行い、役割分担等を決めましたが、作品や会期中のお手伝い等募集中ですので、ご希望の方はご連絡下さい!
マムシグサの向こうに ゼンテイカ. サイハイラン 爽やかな初夏の森にて
  さて、来月(7/14)は、ヤマユリ、クルマユリ、ムラサキシキブ、ノギラン等の花々、樹液や花に集まる昆虫達等を観察できればと思います。夏鳥とその巣立ち雛、希少動植物等々、思わぬ出会いがあるかも知れませんね・・・・
杜の都 青葉山は今!」展示会…7/9(火)〜7/15(月-祝) 東北電力グリーンプラザにて開催! 作品募集中!!

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
  

この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる