FC2ブログ
>
一月観(視)察会
2019/01/13(Sun)
 きょうは、新年初の観(視)察会。一月とは思えぬ穏やかに晴れた空の下、多くの参加者が集い、楽しい「初歩き」になりました(-0.9~6.2℃/北風)。大学構内は栃の芽がキラキラ光り、欅や紙垂の芽も膨らんで、道沿いの山茶花も咲き群れています。中でもイイギリは真赤な実を無数に垂らし、ヒヨドリやツグミ等が喧しく鳴き交わしながら採食しています。隣のタラヨウの葉で遊んだり、イヌガンソクやシシガシラを比べたりしつつ森に入ると、そこは森閑と、冬枯れの木立が続いています。様々な冬芽や翼果等の実、虫瘤、繭、羊歯類等観察し、樹液を舐めてみたりもしました。時折野鳥の混群が通り過ぎ、エナガやヤマガラ、コゲラ等を楽しみ、アトリやカシラダカの群れにも出会いました。檜林では、猛禽に襲われたのか、アカゲラの羽根が散らばり、皆で想いを巡らせました。カバノキ科の木々では、ツノハシバミやケヤマハンノキ、ハンノキ等の他、アサダの雄花も観察しました。繭も色々ありましたが、案外あちこちにあったウスタビガの他、ヤママユ、クワコ、イラガに、レツドリスト記載のシンジュサンのものとの出会いは、大きな喜びでした…
イイギリ ウスタビガの繭 アサダ あれは一体?
 花では他に、マンサクが綻び、シュンランの花芽が膨らんでいました。果実では、ウメモドキ、サルトリイバラ、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、ヤマノイモ、ノダケ、オオバジャノヒゲ、イヌツゲ、ヘクソカズラ、オトコヨウゾメ、リョウブ、ネジキ、イボタノキ、ミヤマガマズミ、マムシグサ、ケカマツカ、サラサドウダン、ジャノヒゲ、コゴメウツギ、ウリハダカエデやエンコウカエデ、ハウチワカエデ等のカエデ類翼果、シュンラン、ムヨウラン等が目立っていました。キノコでは、何箇所かにウチワタケやカワラタケ等の他、マメホコリと思われる変形菌も見られました。シダ類では、ホソバトウゲシバ等が見られました。虫では、アカマツの幹にヤニサシガメが越冬し、クモの卵嚢もありました。動物達の痕跡は、雪が殆ど無い為足跡は見つかりませんでしたが、カモシカの食痕や角擦り痕、リスや野鼠の生活痕、食痕に、クマの爪痕、今年の干支イノシシの生活痕も見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、ヒガラ等の他、カワラヒワの小群、ハクセキレイ、スズメ、トビやカラス達等が見られました。 陽気に誘われたのか???、遠くからピョーッと鳴くアオゲラの声も聞かれました。
 きょうは、諸事情で新年会はなく、3月に延期となりましたが、解散後は、改築が終わったばかりの宮城教育大学の一室にて、参加者有志による懇親があり、今後の打ち合わせ等しました。今春からは、会の拠点として活用できればと思います。青葉山は今、様々な大開発工事や突然できた熊防止電気柵等含めて、自然保護や生態系確保にはとても困難な状況が続いていますが、人間だけでなく、ここに暮らす全ての生物達にとって、幸い溢れる年になって欲しいものです・・・ ・・
ヤブコウジ 霜柱の道 穏やかな冬の日差し 西の山々
 来月の2/10は、会としてはお休みですが、記録を主として歩きます。雪のあることを期待したいものです…
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十二月観(視)察会
2018/12/09(Sun)
  きょうは、昨晩からの雪が5cm程積り、後晴れて時々雪が舞う、清々しい観(視)察会となりました(-2.4~4.3/西北西風)。近況報告やコース、チラシの案内、初参加の方達の紹介等の後、早速出発です。トチノキやキリ、コブシの芽等を観ながら、昨日確認のキクイモやコハコベ等の花を探しますが、雪に覆われて見つかりません。辛うじて、イヌタデやオニタビラコ、コセンダングサ等を眺め、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、キヅタ、ウメモドキ、ヤツデ、ヘクソカズラ、ヒヨドリジョウゴ、スイカズラ等の実を見ながら森に向かいます。赤松の木にはシジュウカラやヒガラの群れがいて、そこにコゲラがやって来て、暫く幹を突いて、私達を楽しませてくれました(体重は18-26 g、10円玉4-5枚だそうです^^)。森は、昨日は紅葉のヤマモミジとふかふかの落葉道でしたが、今日は一変の銀世界、ヤブランやオオバジャノヒゲ、残るニシキギの紅葉、バイカツツジの黄葉、シロダモの赤い実と花等が見られるものの、フユノハナワラビやイノシシの痕跡、テンの糞等も消えていて、新雪すぎて獣の足跡も見つかりませんでした。その代わり、突然舞い落ちる雪の檜林、林間から望む太平洋、白い街並み、様々な樹氷・・・と、美しい雪景色に感動させられました…
ウメモドキ 上には何が コゲラ ヤママユ
 花では他に、植栽のサザンカ、ヒイラギナンテン、ツワブキ、不時開花のヤマツツジ、ツノハシバミやケヤマハンノキ、ウダイカンバの雄花等が見られ、羊歯ではリョウメンシダ、イヌガンソク、シシガシラ、ヤブソテツ、ホソバトウゲシバ等、果実ではカラスザンショウ、ツクバネ、アオキ、サルトリイバラ、ヒノキ、ミヤマカマズミ、オトコヨウゾメ、ジャノヒゲ、ヤブコウジ、ツルリンドウや見事なイイギリが残り、ヤマノイモのむかごもありました。虫瘤は、ウダイカンバ、マンサク、クリのもの等、キノコでは、サルノコシカケ、スズメタケ、カワラタケの仲間等が見られました。動物では、熊の爪痕、カモシカ食痕、角擦痕、等、野鳥では、藪から聞こえるルリビタキの声、ハクセキレイの親子?、空を飛ぶトビ、ノスリ、ヤマガラ等のカラ類、エナガ、ヒヨドリやセグロセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス等を確認しました。昆虫では、ヤママユやウスタビガ、カレハガの繭、飛ぶシャクガの仲間等が見られました。今回は、思わす雪の会となるも、12月の何時も通りの長めコースを歩きましたが、新たな出会い等、皆さんは如何だったでしょうか?
ニシキギ 箱庭 お疲れ様でした^^ 吹雪
  さて次回(2019/1/12)は、新年の初歩きです。きりりとした寒気と新雪の心改まる「会」を期待しましょう・・・
  
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十一月観(視)察会
2018/11/11(Sun)
  きょうは、初めは雲があったものの直ぐに晴れ上がり、青空の下、紅葉も見頃の素晴らしい観(視)察会になりました(9.0~18.0℃/西北西風)。近況報告の他、新聞掲載の、青葉山の素晴らしさと危機、自然保護を訴える記事の紹介等あった後、早速の出発です。穏やかな陽気の所為か、赤とんぼも数多く飛び、ランタナやメド―セージ等の咲く蝶庭にはキタキチョウが舞い、小さな花虻達も飛び交い、ツクシハギやミヤギノハギも未だ咲いていました。トチノキは殆ど落葉しているものの、ケヤキやアカシデ、オオモミジ、ドウダンツツジ等の黄・紅葉、カリン、マユミ、イイギリ等の実、ノコンギク、アキノノゲシ、アキノキリンソウ等の花々を見ながら森に入ると、思わぬ場所にムラサキシメジやクリタケが美味しそうに生えていました。ミカドフキバッタが、あちこちの葉や枯木上にじっとしているのも印象的でした。森は、ハウチワカエデやコハウチワカエデ等が赤々と葉を染め、タカノツメの黄葉も黄金色に、コシアブラは白々と、足元にはウリハダカエデ(幼木)の赤い絨毯が広がっています。他にもカマツカ、ミヤマガマズミ、ニシキギ、サンカクヅル、ツリバナ、アオハダ、マンサク、ブナ等の葉が、緑~黄〜赤〜茶〜白と色とりどりに染まっていました。木の実では、ヤブムラサキ、ウメモドキ、ツクバネ、シラキ、ツルリンドウ等が目立ち、紅葉では他に、クロモジやエンコウカエデ等の黄、コミネカエデ、ツタウルシ、ヤマウルシ等の赤、イヌブナ等の黄褐も良く目立ちました。そして、2年前の「藪狩り」で群落が消失していたメグスリノキは、今秋は株立ちや幼木等が幾分回復し、胸に染入る紅葉を見せていました。
黄葉に花に虫に、見るもの一杯! ムラサキシメジ 紅い森を行く ミカドフキバッタ
 花では他に、イヌタデ、ヘクソカズラ、ダキバヒメアザミ、ナンブアザミ、ヒヨドリバナ等が咲き残り、枯れかかりのリンドウ、外来種のセイヨウタンポポ、アメリカセンダングサ、オオハンゴンソウ、ハキダメギク、セイタカアワダチソウ、園芸種のアベリア、ブッドレア等も見られ、紅葉ではオトコヨウゾメ、ミヤマタムラソウ、バイカツツジ等、果実ではカエデ類の翼果、ツルアリドオシ、ヤブコウジ、ミヤマガマズミ、コウスノキ、イボタノキ、トチノキ、ホオノキ、チゴユリ、オオバジノャノヒゲ、ノダケ、柿等が見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、ヤマガラ、エナガ等、赤松でキョッキョっと鳴いていたアオゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、スズメ、ガビチョウ等を確認できました。動物では、キツネやテンの糞、ニホンリスやノネズミの食痕、カモシカの角擦り痕と食痕等、昆虫では、等に出会いました。虫では、落葉にいたカレハヒメマルハキバガ、イカリモンガ、ジョロウグモの雌雄等。キノコでは、倒木に出ていたニガクリタケ、流れかかったナラタケモドキ、ウチワタケ、スギエダタケ等の他、帰り道には見事なオオイチョウタケが群れていました。きょうは「紅葉狩り」を主に、深まる秋の山を「五感」で味わえた一時ではなかったでしょうか?
 尚、一旦解散後は、所謂「せせらぎ広場」の、終了した崩壊崖地修復工事を視察。ほぼ以前説明を受けた通りの、非常にしっかりとした出来上がりとはなってはいましたが、当地は元々、希少動・植物が多数生育・生息する極めて貴重な区域でした。歩道の改修から始まった、ほんの小さな崖崩れが、修復工事をする度に崩壊を繰り返し、多くの希少植物群落が消滅してしまいました。今後は、様子を観つつ歩道も回復させるとの事ではありますが、これ以上の崩壊も工事も無く、嘗ての生態系が少しでも復活する事を願うばかりです・・・
紅葉のアーチをくぐって ナンブアザミ 最後は良く晴れました オオモミジ
   来月(12/9)は、ふかふかの落葉を踏み分けながら、冬芽や常緑樹、様々な落葉、動物達の痕跡、混群を作る野鳥達、冬越しをする昆虫達等を観察しましょう。また素敵な出会いがあるといいですね・・・ 
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十月観(視)察会
2018/10/14(Sun)
  きょうはほぼ曇りで、とても穏やかな観(視)察会になりました(11.6~17.1℃/北西風)。近況やチラシ内容(クマノミズキ)紹介、講座案内等の後、早速出発です。周囲はツクシハギやノコンギクが咲き群れ、ノブドウやニシキギ等の実が目立ち、空を蜻蛉が飛び交っています。森に入り、たわわに生るサルナシを皆で味見したり、カラハナソウの香りを楽しんだりしていると、先にハクウンボクても出会ったヤマガラが、エゴノキに引切り無しに何羽もやって来ては、実を咥えて飛んで行きます。素敵な「ショー」を楽しんだ後は、お洒落なブローチにもなりそうなクサギの実やめんこいスズメウリ、真赤なミヤマガマズミやオトコヨウソメ、ケカマツカ、ウメモドキ、マムシグサ等を夫々楽しみました。元々目当てだったキノコは何故かとても少なかったのですが、砕ける白波の様なスギヒラタケだけは大量に見られた他、何と、トリュフを発見された方もいて、皆で大喜びしました。和名はイボセイヨウショウロのまだ白っぽく若い菌で、香りも弱いものでしたが(数日冷蔵庫等で保存すると香が強くなるそう)、11~12月の茶色くなったものは、一つだけでも部屋中が香り立つとの事でした。森の道々には、黄金に輝くアキノキリンソウ、淑やかに佇むシロヨメナやダキバヒメアザミ、今や希少種となりレッドリスト掲載のリンドウの煌きに胸打たれました。キノコでは他に、キチャホウライタケ、スギエダタケ、フサヒメホウキタケ、モリノカレバタケ、オチバタケ、ヒノキオチバタケ、カワラタケ、ウチワタケ、モミジタケ、ヒトクチタケや、変形菌のマメホコリと思われる未熟子実体等が見られ、終了後の小鑑定会では、アカモミタケ、ドクベニタケ、シロツルタケ、シラゲカヤタケ、ツチスギタケ、コブアセタケ等の他、ミツバアケビやサンカクヅルの実も確認しました・・・
ヤマガラ 美しいものに人は寄ります トリュフ! スギヒラタケ
 花では他に、センブリ、シラヤマギク、ヤマハツカ、ヒメジソ、ナンブアザミ、ガンクビソウ、コヤブタバコ、ダイコンソウ、イヌタデ、コバノセンダングサ、ゲンノショウコ、メナモミ、オヤマボクチ、オオハンゴンソウ、ツユクサ、アキノノゲシ、オヤリハグマ、オクモミジハグマ、ミヤギノハギ、センボンヤリ、シシウド、ヤブガラシ等、フユノハナワラビの胞子茎も多く見られ、果実では、ツルリンドウ、ホオノキ、コブシ、ヤブムラサキ、ヨツバハギ、コマツナギ、ツルアリドオシ、イヌツゲ、イタドリ、ツリバナ、タラノキ、イイギリ、ツクバネ、ヘクソカズラ、ネナシカズラ、ミズヒキ、クリ、コナラ、ミズナラ、ノダケ、ヤブハギ、チゴユリ、オオバジャノヒゲ、ツルニンジン、ウスノキ、リョブ、マンサク等の他、クマノミズキの赤く珊瑚の様な果柄が沢山落ちていたり、ヤマノイモやウワバミソウのむかごも生っていました。昆虫等では、無数に飛ぶアキアカネ等の赤とんぼ、沢付近をまだ飛んでいたムカシヤンマと思われるもの、萩にいたキタキチョウやセセリチョウの仲間、ツユムシの仲間、ジョロウグモやイシサワオニグモ等。動物では、ニホンカナヘビ、アカガエルの仲間等の他、何処でも異常に目立ったイノシシの痕跡に、希少植物存続への危機感を募らせました。野鳥では、カケス、シジュウカラ、ヒヨドリ、コゲラ、トビ、ハクセキレイ、ハシブトガラス等確認の他、外来のガビチョウがけたたましく鳴いて、生態系の破壊に滅入りました。きょうは、キノコ観察より自然全般の、初秋の森を愛おしむ会となり、林内外の急激な変化に憂いながらも、新たな出会いや喜びも多々あった一時だったのではないでしょうか・・・
シロヨメナ 見空ければ珊瑚の海 終りまで残った方々 リンドウ
 来月11/11(日)の会は、美しい紅葉を愛でながら、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しましょう!晩秋のキノコも見られるかも知れません・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九月観(視)察会
2018/09/09(Sun)
  きょうは朝から雨が降り続き、梅雨時の様な観察会となりました(17.3~22.3℃/北風)。自転車で濡れながら山を上がると、もしかして誰もいないかと思われた集合所には、既に十分な参加者が! 会報や観察講習会のお知らせ、今日の予定等報告の後、バス停のクモの巣に捕まっていた蛾(マツカレハ)を放しつつ、早速の出発です。栃の実が無数に落ち、微かにチッチゼミや秋の虫達が囁く大学構内を抜け、咲き始めたミヤギノハギにじっと止まる(忙しなく動き回るの意の筈の)セセリ(オオチャバネセセリ)や苔庭から立ち上がるテングタケ、蜜柑色のヒイロチャワンタケ、大小ニョキニョキ出ていたタケリタケ等観ながら森に入ります。構内は、長雨の所為か様々なキノコが発生、大きなニガイグチの仲間や赤いドクベニタケやチシオハツ、橙色のヒナアンズタケやベニウスタケ、トキイロラッパタケが目立ち、道沿いにはヤマジノホトトギスやダキバヒメアザミ、コバギボウシ、カノツメソウ、ナガバノコウヤボウキ、咲き始めたシロヨメナ等が咲き、今が盛りとキバナアキギリが咲き誇り、森蔭にひっそり綻ぶネナシカズラやヤブマメにも心洗われました。道端には、アオハダの赤い実や団栗、毬栗、無数のブナの実等が落ち、ミヤマガマズミやオトコヨウゾメ、ツリバナ、シラキ、ウメモドキ、ナツハゼ、コウスノキ等も見られましたし、大きなマツオウジの切株にはヤマアカガエルが潜んでいました。キノコ鑑定会では既述のものの他、タマゴタケ、コウジタケ、サクラシメジ、シロオニタケ、シロテングタケ、コテングタケモドキ、オオホウライタケ、シロヒメカヤタケ、シロイボカサタケ、キイボカサタケ、モミジタケ、イボタケ、ヒメムラソキシメジ等が確認され、他にオニイグチモドキ、スジチャダイゴケ、キソウメンタケ、チチタケ、シロハツ、スジオチバタケ、エセオレミキ、アカイボカサタケ、センボンクヌギタケ、ウチワタケ、ヒイロタケ、カワラタケ、チャカイガラタケ、フクロツチガキ、ホコリタケ、ヒトクチタケ、フサヒメホウキタケ、ヒメカバイロタケ、スギヒラタケ、ノボリリュウタケや粘菌の仲間等が見られました…
マツカレハ オオチャバネセセリ 見事なマツオウジ 雨でも嬉し
  花では他に、ツクシハギ、ヤブラン、ケチヂミザサ、ガンクビソウ、オクモミジハグマ、ヤブハギ、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、カノツメソウ、ヒヨドリバナ、ナガバノコウヤボウキ、セイヨウタンポポ、ヤクシソウ、オニノノゲシ、ツユクサ、ゲンノショウコ、ヒメジソ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、コセンダングサ、ヤマウド、シラヤマギク、ナンブアザミ、ノコンギク等が見られました。果実では他に、マムシグサ、ツクバネ、コブシ、ヤマボウシ、クリ、コナラ、ホクリクムヨウラン、サンショウ、チゴユリ、ヤマユリ、クルマユリ、タチシオデ等が目立ちました。動物では、テンの糞、クマやリスの痕跡、ヒダリマキマイマイ等、昆虫やクモでは、萩にいたキタキチョウやシジミチョウの仲間、エゾゼミの声と空蝉、ボクトウガの者と思われる木屑、道や藪を這っていたジョロウグモやオナガグモ等。野鳥ではシジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、ハシブトガラス、ハクセキレイ、スズメ等が確認できました。
 きょうは雨降る中でも、数多くのキノコに出会い、又夫々に新しい邂逅があったのではないでしょうか?
  来月(10/11(日))も、キノコ中心の観察・鑑定会を予定しています。又、素晴らしい出会いを期待しましょう・・・
ヤマアカガエル キバナアキギリ 鑑定の後 タマゴタケ
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる