FC2ブログ
>
一月観(視)察会
2020/01/12(Sun)
  きょうは、新年初の観(視)察会。一月とは思えぬ記録的暖冬の下、と言っても曇天のそれなりの寒気もある中、穏やかで楽しい「初歩き」になりました(1.6~8..6℃/西北西風.)。大学構内は栃の芽が大きく膨らみ、サザンカが今が盛りと咲いていて、ツバキとの比較等したりたりしつつ森に入ります。森の入口にはイイギリは赤い実を無数に垂らし、ヒヨドリ等の群れが賑やかに採食していました。森に中は森閑とするも、時折エナガの群れやシジュウカラやヤマガラの混群が頭上を過ぎて行きます。冬枯れの木立には、繁みに隠れていた細やかなものが沢山現れて、とても新鮮な気持ちになります。美しいトウゴクミツバツツジ等の冬芽を見たり、興味深いクモ類の卵嚢、不可思議な芸術品ウスタビガ、ヤママユ等の繭、美味しそうなミヤマガマズミやヘクソカズラ、サルトリイバラ、ヤブムラサキ等の果実、中が気になる虫瘤達、膏薬病の黒く様々な模様にも惹き付けけられました。雪は、4日前の小塊がちょこちょこ残る程度で、動物の足跡等は見られませんでしたが、リスとノネズミの食痕の違いを比べたり、カモシカ食痕、テンの糞やクマの爪痕等も観察しました。枯れた赤松の惨状に驚き、心痛めましたが、そんな中でも、沢山落ちていたリスの新鮮な食痕(松毬)に感動。メジロ等の野鳥の精巧な巣にも感銘しました。青々としたハイゴケやスナゴケ等苔類、ジュウモンジシダ、ホソバトウゲシバ等羊歯類にも、心癒されました。一旦解散後は、管理センターにてささやかに新年会を行い、夫々の青葉山への思い等を述べ合ったり、恒例の籤引き等もあり、楽しく穏やかな一時を過ごしました・・・
イイギリ トウゴクミツバツツジ 垣間見えた街並 食卓の海老ふらい
  花では、構内のヤエヤマブキやヒイラギナンテン、アワコガネギク等の他、シュンランの花芽が膨らみ、ツノハシバミやアサダ等カバノキ科の雄花が伸びていました。果実では他に、ブナ、ツクバネ、ヤブコウジ、ウメモドキ、ムラサキシキブ、ジャノヒゲ、オオバジャノヒゲ、イヌツゲ、オトコヨウゾメ、リョウブ、ネジキ、イボタノキ、オオウラジロノキ、ケカマツカに、ウリハダカエデやハウチワカエデ等のカエデ類翼果、ホクリクムヨウラン等が目立っていました。キノコでは、何箇所かにウチワタケやカワラタケや粘菌等の他、倒木にタヌキノチャブクロが生えていした。シダ類では、シシガシラ、リョウメンシダ。オクマワラビ、フユノハナワラビ等が見られました。昆虫では、アカマツの幹にヤニサシガメが越冬し、シャクガの仲間が飛んでいました。動物達の痕跡では、カモシカの角擦り痕、イノシシの生活痕も見られました。野鳥では他に、メジロ、カワラヒワ、ハクセキレイ、スズメ、トビやカラス類等が見られました。
ウスタビガ メジロの巣 みんなでぱちり 新年会
 きょうは、とても穏やかな初歩きではありましたが、松枯れとその対策法の問題性を再確認し、放射光施設等周囲で進む工事や生態系分断の深刻さについても写真等観ながら考えたり、今後の対策を考察したりもしました。青葉山の自然にとっては益々厳しい状況が続いていますが、新しい年が、ここに暮らす全ての生物達にとって、少しでもより良い年になって欲しいものです・・・
  来月の2/9は、会としてはお休みですが、記録を主として歩きます。雪のあることを期待したいものです…
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十二月観(視)察会
2019/12/08(Sun)
  きょうは、冷たい風はあるものの良く晴れて、気持ちの良い観(視)察会となりました(2.4~8.7/北西風)。近況報告やコース、チラシの案内等の後、早速出発です。大学構内のトチノキやケヤキ、カリンやシラカシ、ヒイラギナンテン等を観ながら進むと、道端にヒヨドリジョウゴやヘクソカズラ、サルトリイバラの実が絡まり、山側には雄花を伸ばしたツノハシバミ、谷側にはオオモミジやコハウチワカエデ等の紅葉がまだ残っています。森に入れば、きょうの目当てのヤマモミジが、今尚そこここに黄・紅葉し、足元にも落葉が降り積もっています。薄色ながらニシキギも美しく紅葉し、シャクガの仲間が良く飛び、ヤブランの実やフユノハナワラビの胞子茎も目立ちます。シジュウカラやヒガラ、コゲラ等が痕群を作り、藪からはヒッヒっとルリビタキの声が聞こえてきます。ニワウルシやオニグルミの葉痕を見たり、リョウブやヤマボウシ、クロモジ等の冬芽、コナラやクリ等の虫こぶ、ハルジオン等のロゼットも観察。マンサクやタカノツメの葉の香を楽しんだり、ヤブムラサキやオトコヨウゾメ等の実の味を確かめ、ユズリハの赤い葉柄、一つだけ見つけたウスタビガの緑の繭、薫り高く、無数に落ちていたカラスザンショウの実は見事で、最後に見たアサダの木肌や嘉穂、雄花も印象的でした・・・
オオモミジ 小春か小秋か小冬か? 泉ヶ岳 ヒノキの林で遊ぶ
 花では他に、植栽のサザンカ、ヒイラギナンテン、ツワブキ、不時開花のヤマツツジ、ケヤマハンノキの雄花、ヒメジョオン、アキノノゲシ、キクイモ、ヤツデ、ブタナ等が見られ、羊歯ではリョウメンシダ、シシガシラ、オクマワラビ、ホソバトウゲシバ等、果実ではミヤマガマズミ、ツルシキミ、オモト、コブシ、ヤブコウジ、キヅタ、タツナミソウ、トリガタハンショウヅル。ツチアケビ、リョウブ、オヤマボクチ、タニウツギ、センボンヤリ、キッコウハグマ、サンショウ、カラマツ、カキ、タラノキ、キリ、ツクバネ、アオキ、ヒノキ、ミヤマカマズミ、オオバジャノヒゲ、ヤブコウジ、ツルリンドウ、ムラサキシキブ、イイギリ等が見られました。今尚、ハウチワカエデやエンコウカエデ、バイカツツジ、ウリハダカエデ等の紅葉が見られ、イヌブナやブナ、コナラ、ミズナラ等の葉も多く枝に残っていました。虫瘤は他に、マンサク、イヌツゲのもの等、キノコでは、キヒラタケ、ウチワタケ、ヒトクチタケ、カワラタケ、サルノコシカケの仲間等が見られました。動物では、リスの食痕、カモシカ食痕、角擦痕、テンの糞、イノシシの痕跡等、野鳥では、藪から聞こえるウグイスやミソサザイの声、トビ、ノスリ、ヤマガラ、エナガ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等を確認し、鷹類に襲われたのか、キジバトの雨覆と思われる散乱羽根が落ちていました。昆虫では、ヤママユの繭。クモの卵嚢もありました。今回は、12月としては珍しく紅葉も残り、晩秋の例会の様な趣でしたが、南側の工事進行に胸痛めながらも、穏やかに歩き観て、新たな出会いもあったことと思います。さて、皆さんは如何だったでしょうか?
ニワウルシの葉痕 カラスザンショウ 展望台で ヤマモミジ
  次回(2020/1/12)は、新年の初歩きです。きりりとした寒気と新雪の心改まる「会」を期待しましょう・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十一月観(視)察会
2019/11/11(Mon)
  きょうは、少し雲や風はあるものの晴れて、漸く紅葉も見頃の観(視)察会になりました(7.2~15.5℃/北北西風)。近況報告等があった後、今日の主な案内役の叶さんの後に付いて早速の出発です。空には赤とんぼが飛び交い、ツクシハギも未だ咲いています。ニシキギの紅葉や、ハクウンボクを観ていると、近くでヤマガラがその実を咥えていました。タラノキやタカノツメの実、ハウチワカエデやコハウチワカエデ、ハウチワカエデの葉を比べたり、青々としたしたケヤマハンノキを前に紅葉の仕組みを学んだり、ミヤマガマズミやアオハダの実を見ながら進むと、日本産リンゴの原種オオウラジロノキには実が沢山生り、足元にも落ちています。クサギの実、キチジョウソウ、ナンブアザミ等見つつ森に入ると、ミツデカエデやウワミズザクラ、ケカマツカ等が美しく紅葉しています。オヤマボクチやノダケ、キッコウハグマ、ツタウルシ等観察ししつつ沢に下りると、何とムキタケが無数に出ていて驚きました。陽が降り注ぐ森は、貴重なメグスリノキ(群落が消失していた場所では株立ちや幼木が多く見られました!)を初め、ウリハダカエデ等の鮮紅、タカノツメ等の黄金が煌き、得も言われぬ光景を成していました。これも貴重なリンドウがあちこちに咲き、シロヨメナも未だ可憐に咲いていました・・・
ハウチワカエデ この葉っぱは? ムキタケ! 竜胆の道
 花では他に、ノコンギク、ヤブガラシ、ヤブタバコ、イヌタデ、ダキバヒメアザミ、ヒヨドリバナ、オニノゲシ、アキノキリンソウ等が咲き、外来種のセイヨウタンポポ、ハキダメギク、セイタカアワダチソウ、ベニバナボロギク、園芸種のアベリア等も見られ、紅葉ではオトコヨウゾメ、オオモミジ、ヤマモミジ、エンコウカエデ、ミヤマタムラソウ、シナノタイゲキ等、果実ではカエデ類やシデ類の翼果、サルナシ、カラハナソウ、オトコヨウゾメ、マンサク、ツルアリドオシ、ヤブコウジ、コウスノキ、イボタノキ、トチノキ、チゴユリ、オオバジノャノヒゲ、オトコエシ、ナガバノコウヤボウキ、ヘクソカズラ、イヌツゲ、ウメモドキ、マムシグサ、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ、エゴノキ、イタドリ、ツチアケビ、イイギリ、柿、ヤマノイモのむかご、最後に確認できたアサダ等が見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、エナガ等、アカゲラ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ハシブトガラス、ガビチョウ等を確認できました。動物では、テンの糞、ニホンリスやノネズミの食痕、あちこちにあったカモシカの角擦り痕と食痕、イノシシの生活痕、ツキノワグマの爪痕等、虫では、アカスジキンカメムシの幼虫、萩にいたキタキチョウ、ジョロウグモ等。キノコでは、倒木に出ていたスギタケ、ニガクリタケ、流れかかったナラタケモドキ、スギエダタケ等が出ていました。きょうは「紅葉狩り」を主に、案内の叶さんの蘊蓄ある解説もあり、深まりつつある秋の山を「五感」で味わえた一時ではなかったでしょうか?
燃える坂道 メグスリノキ 紅葉の中で アサダの果実
   来月(12/8)は、ふかふかの落葉を踏み分けながら、木々に残る果実、冬芽や常緑樹、様々な落葉、動物達の痕跡、混群を作る野鳥達、冬越しをする昆虫達、冬のきのこ等を観察しましょう。また素敵な出会いがあるといいですね・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九月観(視)察会
2019/09/08(Sun)
  きょうは良く晴れて、暑い観察会となりました(24.0~31.8℃/南風)。何時もの様に配布チラシやコース説明、近況報告等の後、早速出発です。例年ならか細いチッチゼミの声が聞こえる頃ですが、未だ大声の蝉時雨が響いています。昨日はギンヤンマの産卵が見られた水蓮池に立ち寄っても、当種の他、ショウジョウトンボ、シオカラトンボにオオルリボシヤンマも飛び回っていて、真夏の様な賑やかさです。栃の実がころころと落ち、大きなヒルガオや既に満開に近いミヤギノハギ等観ながら進むと、森の入口の土手には、今日の目当てのきのこ達、テングタケ、ドクツルタケ、シワチャヤマイグチ、シロオオハラタケ、ハイカグラテングタケ等がぼこぼこと生えていて、コナラの切株際には、触れただけでも爛れる、猛毒のカエンタケが真紅の指を立てていました。ヒメジソやオトギリソウ、ヤブハギ、ゲンノショウコに、咲き始めたツクシハギ等観察ししつつ森に入ると、益々の蝉時雨、エゾゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ等の声の下、道沿いのコナラにはナラタケモドキが数多く生え、アカマツにはヒメカバイロタケも多く見られました。道端には、食菌のコウジタケ、アメリカウラベニイロガワリ、ムラサキフウセンタケ、ヒロハチチタケ等を初め、ドクベニタケ、チシオハツ、カワリハツ、クサハツ、トキイロラッパタケ、ヒナアンズタケ、ベニウスタケ、モミジタケ、イボタケ、ワサビカレハタケ、コタマゴテングタケ、シロテングタケ、シロオニタケ、ニガイグチの仲間等が見られ、ヤマジノホトトギスやダキバヒメアザミ、ナンブアザミ、コバギボウシ、カノツメソウ、ナガバノコウヤボウキ、ヤブマメに、シロヨメナやキバナアキギリ等の花々が咲き、アオハダの赤い実や団栗、毬栗が落ち、ミヤマガマズミやシラキ、ナツハゼ、コウスノキ等の実も見られ、チラシで取り上げたホツツジの花も観察できました。キノコ鑑定会は専門家がお休みの為十分なものにはなりませんでしたが、他にマツオウジ、ホコリタケ、フサヒメホウキタケ、カワラタケ、ヌメリコウジタケ、サクラシメジ、シロイボカサタケ、キイボカサタケ、ヒイロタケ、ヒトクチタケ、スギヒラタケ、フサタケ、ホオベニシロアシイグチ等が確認されました…
シロオオハラタケ 火炎茸! かがやく森で 瓜坊のちゃっこい足跡
  花では他に、ヤブラン、ガンクビソウ、オクモミジハグマ、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、カノツメソウ、ヒヨドリバナ、ツユクサ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、コセンダングサ、ヤマウド、シラヤマギク等が見られました。果実では他に、マムシグサ、ツクバネ、サンショウ、チゴユリ、クルマユリ、ヤマユリ、マイヅルソウ等が目立ちました。動物では、イノシシの親子の足跡などの痕跡が数多く見られ、微笑ましくもあると同時に、希少植物生育地を荒らす新入者として、気も滅入りました。他に、蟻の入った大きな熊の糞、アカガエルの仲間、テンの糞、リスの痕跡等も見られました。昆虫やクモでは、萩にいたキタキチョウやコミスジ、シジミチョウの仲間、チッチゼミの空蝉、擬態するオナガグモ、アオスジキンカメムシの幼虫、セスジツユムシ、クロアゲハ、カラスアゲハ、オオチャバネセセリ、樹液にいたクロヒカゲ、キマダラヒカゲの仲間、ヨツボシオオキスイ等。野鳥ではシジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、ハシブトガラス等が見られました。
 きょうは、遠くから祭囃子が聞こえる中、様々なキノコを初め、数多くの動植物に出会い、又夫々に新しい邂逅があったのではないでしょうか?
  来月(10/13(日))も、キノコ中心の観察・鑑定会を予定していますが、自然全般も観察しましょう! 又、素晴らしい出会いを期待したいものです・・・
ホツツジ_鑑定会の後_きのこいろいろ_新発見はありましたか?

この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八月観(視)察会
2019/08/11(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会。と言っても、8月は「会」としてはお休みなので今回も、記録を主として有志で歩きしました(曇り一時小雨/23.0~27.1℃/南東風)。少し涼しい曇天の下、蝉時雨(アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ、エゾゼミ他)、を浴びながらの出発です。睡蓮池を横目に、咲き始めたツクシハギ、ミヤギノハギに、ヤマジノホトトギスやオトギリソウ、ヤブハギ等観ながら森に入ります。森は一層涼しく、様々なキノコやヒメコウゾ等の実に、ハエドクソウ、ヒメキンミズヒキ、キンミズヒキ、コバギボウシ等が咲き、何処からともなくクサギの花が香ります。樹液の木は少ないものの、何故かオオセンチコガネやキマワリが多く見られました。シラヤマギクやナガバノコウヤボウキ、ヒヨドリバナ等も散見されましたが、何と言っても、暗い森に赤く灯るクルマユリには感動させられました。途中から、涼しい天候に乗せられて、つい滝川見物にと足を進めましたが、暫し藪漕ぎ等を余儀なくされ、参加の皆さんには難儀をかけてしまいました(すみません)。只、中々観られない絶景や新たな発見等、色々体験できたのではないでしょうか・・・・
ヤマジノホトトギス オオセンチコガネ クルマユリ 虹の滝
 花では他に、オオウバユリ、キツネノボタン、ガンクビソウ、ヘクソカズラ、ツユクサ、ノハラアザミ、オオハンゴンソウ等が咲いていました。果実では他に、シラキ、ウワミズザクラ、エゴノキ、ヤブデマリ、コウスノキ、クリ等が見られ、マタタビの虫瘤も見事でした。昆虫他では、萩にいたキタキチョウ、あちこちにいた赤蜻蛉、岩にあったコマダラウスバカゲロウの繭、沢にいたオニヤンマやミヤマカワトンボ、アオハダトンボに、カラスアゲハ、ウラギンシジミ、コミスジ、ウスオエダシャク、アシグロツユムシ、ザトウムシ、水中に気泡を一杯付けてじっとしていたハシリグモの仲間等、キノコでは、フサヒメホウキタケ、ニガイグチモドキ、シロテングタケ、シロホウライタケ、変形菌の仲間等、動物では、滝壺にいたタゴガエル、砂や泥地に沢山付いていたタヌキやテンの足跡、沢でカモシカやイノシシ、リス。クマ他の痕跡、獣の巣穴と思われるもの、沢で死んでいたモクズガニ等に出会いました。野鳥では、ウグイスが良く鳴き、アオゲラ、コゲラ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、イワツバメ、ツバメ、穴と思われるもの、セグロセキレイ、トビ、スズメ、ハシボソガラス、ガビチョウ等が確認されました。きょうは何時になく探検行になりましたが、地滑り対策用ケーブル道を確認したり、あちこちの木々刈込等も視察、この森の行末を案じたり、未来像を描いたりもしました・・・
 次回9/8(日)は、キノコ中心の観察会を予定していますが、萩類。キク科の花々等動植物の通常の観察もします。又、素晴らしい出会いを期待しましょう・・・
タゴガエル 崖のある川 オニヤンマ オオハンゴンソウ
 
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる