>
十一月観(視)察会
2017/11/12(Sun)
  きょうは青空の下、紅葉もほぼ見頃の素晴らしい観(視)察会になりました(7.0~13.3℃/西北西風)。高圧線下(東北電力)や歩道周辺支障木(仙台市)の各伐採計画等報告の後、早速の出発です。降り注ぐ秋の陽に、蝶庭にはウラナミシジミ(旧レッドリト準絶滅危惧NT)等の蝶や花虻が止まったり飛んだり、叢にはミカドフキバッタも跳ねていました。トチノキは殆ど落葉しているものの、ケヤキやアカシデ、オオモミジ、ドウダンツツジ等の黄・紅葉、クサギやマユミ、カリン、イイギリ等の実、カンツバキやヘクソカズラ、オニノゲシ、アキノキリンソウ等の花々を見ながら森に入ると、ハウチワカエデやコハウチワカエデ等がそこここに、赤くキラキラと輝いています。タカノツメの黄葉も黄金色に光り、足元にはウリハダカエデ(幼木)の朱色の絨毯が広がります。他にもカマツカ、ミヤマガマズミ、ニシキギ、コシアブラ、コナラ、ブナ等の葉が、緑~黄〜赤〜茶〜白と色とりどりに染まっていました。木の実では、ヤブムラサキやムラサキシキブ、ウメモドキ、ツクバネ、シラキ、ツルリンドウ等が目立ち、紅葉では他に、クロモジやハリギリの黄、コミネカエデ、ヤマモミジ、ツタウルシ等の赤、イヌブナ等の黄褐も良く目立ちました。そして、昨秋は、「藪狩り」により群落が消失した所為で、殆ど見られなかったメグスリノキですが、今秋は株立ちや幼木を含めて、ほんの少し回復の兆しが見られ(胸に染入る)紅葉でした!)、又セイタカアワダチソウ等の超外来種も、丹念な抜去作業の甲斐もあってか殆ど見られず、ホッとしました。今後もこの一帯の「遷移」を確認しつつ、もうこれ以上の自然破壊が無いよう努めたいものです・・・
ウラナミシジミ ミカドフキバッタ 瓜肌楓の道 輝く笑顔
 花では他に、シロヨメナやノコンギク、イヌタデ、ナンブアザミ等が咲き残り、枯れかかりのリンドウやセンダイトウヒレン、外来種のセイヨウタンポポ、ムラサキツメクサ、コバノセンダングサ、オオハンゴンソウ、ハキダメギク、園芸種のアベリア、メドーセイジ、ブッドレア等も見られ、紅葉ではオトコヨウゾメ、ミヤマタムラソウ、バイカツツジ、エンコウカエデ等、果実ではシュンラン、ヤブコウジ、ツルアリドウシ、ミヤマガマズミ、コウスノキ、イボタノキ、トチノキ、ホオノキ、アカシデ、チゴユリ、コバギボウシ、オオバジノャノヒゲ、ノダケ等が見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、エナガ、コゲラ達、ヒッヒっと鳴いていたルリビタキ、キョッキョっと言っていたアオゲラに、ヒヨドリ、カワラヒワ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、スズメ、ガビチョウ等を確認できました。動物では、テンの糞、沢山あったノネズミの食痕(オニグルミ)、ニホンリスの食痕、カモシカの角擦り痕と食痕、ツキノワグマの爪跡等、昆虫では、坂の途中に沢山飛んでいたマイコアカネ等の赤蜻蛉、メグスリノキにいたナミテントウ等に出会いました。キノコでは、何かの切株等に出ていた見事なナラタケ、マツカサキノコモドキ等を確認。きょうは「紅葉狩り」を主に、深まる秋の山を「五感」で味わえた一時ではなかったでしょうか?
 楢茸 赤中の並天道 目薬の道. 素晴らしい秋のひ
 来月(12/10)は、ふかふかの落葉を踏み分けながら、冬芽や常緑樹、様々な落葉、動物達の痕跡、混群を作る野鳥達、冬越しをする昆虫達等を観察しましょう。また素敵な出会いがあるといいですね・・・ 
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十月観(視)察会
2017/10/08(Sun)
  きょうは秋晴れ、好天下のとても爽やかな観(視)察会になりました(14.9~23.0℃//南東風)。近況やコース、チラシ内容(カエンタケ)等紹介の後、早速出発です。トチノキはすっかり実を落とし、空を蜻蛉が飛び交っています。植栽の花々、木々の実等見ながら、森に向かうと、コカマキリが飛び出し、近寄るとパタパタと元気良く飛んで行きました。ミヤギノハギ、ツクシハギ、センボンヤリ等見ながら森に入ろうとすると、先刻話が合ったばかりのカエンタケが、真赤な姿を見せて、皆で驚きました。触れるだけでも危険な猛毒菌なだけに、しっかり観察し、厳重な注意を喚起すると共に、こんな毒茸の存在意義についても考えました。森は、アキノキリンソウやシロヨメナ、ダキバヒメアザミ、オヤリハグマやオクモミジハグマの花が目立ち、実ではナツハゼやシラキ、ウメモドキに、何故かツルリンドウが数多く見られました。主目的のキノコは今月も、無数に群れるスギヒラタケ以外は少なめでしたが、それでも食菌も毒茸も美菌も面白菌も多様に見られ、小鑑定会もそれなりに実のあるものになりました。興味深い、マツカサキノコモドキやスギエダタケ、ヒノキオチバタケが観られた他、確認できたものは、キチチタケ、ハツタケ、サマツモドキ、ドクベニタケ、エセオリミキ、ホコリタケ、ツチグリ、フクロツチガキ、ヒメカバイロタケ、ベニヒガサ、フサヒメホウキタケ、モミジタケ、イボタケ、シマサルノコシカケ、ツルタケ、ヒイロタケ、コタマゴテングタケ、ヒトクチタケ、カワラタケ、ニガクリタケ、コシロオニタケ等の他、子供達が採って来てくれた様々なオチバタケの仲間、ウラベニホテイシメジ?の幼菌、白卵状のテングタケ科の幼菌・・・等でした。
カエンタケ 沢山のルビーを見つけました マツカサキノコモドキ キノコはまだ半分ですが.
 花では他に、センブリ、キッコウハグマ、ヒメジソ、テンニンソウ、ナンブアザミ、ガンクビソウ、キバナアキギリ、ノコンギク、イヌタデ、コバノセンダングサ、ゲンノショウコ等や、フユノハナワラビの胞子茎が見られ、果実では、ミヤマガマズミ、オトコヨウゾメ、ツルアリドオシ、ツリバナ、タラノキ、イイギリ、ツクバネ、マムシグサ、チダケサシ、ネナシカズラ、ミズヒキ、クリ、コナラ、ミズナラ、ノダケ、ヤブハギ、チゴユリ、オオバジャノヒゲ、ウスノキ等や、ヤマノイモのむかごも生っていました。昆虫やクモ等では、萩にいたキタキチョウやセセリチョウの仲間、アカスジキンカメムシの幼虫、団栗の中にいたゾウムシの仲間の幼虫達、ニイニイゼミの抜殻、イシサワオニグモ、茸に付いていた無数のダニの他、その茸に紛れていたハネカクシが翅を開いて飛び去りました。動物では、アケビの種ばかりのもの等、あちこちにあったテンの糞、リスの食痕も多く見られました。野鳥では、空高く飛ぶノスリ、近くにいたアオゲラ、良く鳴くカケス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ガビチョウ等を確認しました。きょうも、短めのコースの会でしたが、茸以外にも<新たな出会いや喜びが色々あった一時だったのではないでしょうか・・・?
シロヨメナ ムシを囲んで センブリ. お疲れさまでした
 来月11/12(日)の会は、美しい紅葉を愛でながら(伐られた後の目薬の森の回復度?も確認しつつ…)、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しましょう!晩秋のキノコも見られるかも知れません・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八月観(視)察会
2017/08/13(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会。と言っても、8月は「会」としてはお休みなので今回も有志で漫ろ歩きしました(雨後曇って、後晴れ後夜は雨/20.9~26.4℃/南南東風)。曇天の心地良い空の下、蝉時雨の中を出発です。睡蓮の池では、オオルリボシヤンマが産卵中で、他にオニヤンマ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、アオイトトンボ、クロイトトンボ等が飛び交っています。道沿いには、タマゴタケ等大小多くのキノコが発生し、ツクシハギやミヤギノハギも咲き始め、クサギやクズの花が香り、蝶庭には、モンキアゲハ、クロアゲハ、ダイミョウセセリ、コミスジ、ミスジチョウ、オオスカシバなどが飛び交っています。森に入ると、ヤマジノホトトギスやヒヨドリバナ、ダキバヒメアザミ、カノツメソウ、オニノヤガラ、ツルリンドウ、コバギボウシ、ヒメキンミズヒキ、ヤブハギ等が咲き、何と言ってもこの時季、真紅に燃えるクルマユリが、身も心も癒してくれる様でした。実ではウスノキやクマヤナギ等の実が目立っていました。久し振りに陽射しが注ぐと、エゾゼミ等の蝉時雨が一層賑やかに、樹液の木には、アオカナブンやカナブン、スジクワガタ、クロヒカゲ、オオヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、チャイロスズメバチ等々が見られました・・・
タマゴタケ. 蕃山方面を望む クマヤナギ. くりくり
 花では他に、ハエドクソウ、キンミズヒキ、オオハンゴンソウ、キツネノボタン、ガンクビソウ、サジガンクビソウ、ヒルガオ、ヘクソカズラ、ツユクサ、シラヤマギク等が咲いていました。果実では他にツノハシバミ、シラキ、ウワミズザクラ、エゴノキ、ツクバネ、ヤブデマリ、クリ等が見られました。昆虫では他に、ミカドフキバツタ、ルリシジミ、キタキチョウ、カラスアゲハ、マドガ、ベニシタバ、オオセンチコガネ、スミナガシ、アシグロツユムシ等の幼虫等、キノコでは他にヒメカバイロタケ、アカイボカサタケ、シロイボカサタケ、シロオニタケ、ホコリタケ、ノウタケ、ハイカグラテングタケ、クサハツ、ヒトクチタケ、ドクベニタケ、ニガイグチモドキ、アカヤマドリ、モミジタケ等、動物では、道に飛び出すヤマアカガエル、タゴガエル、ヤマカガシ、トウホクサンショウウオの幼生、ツキノワグマの爪痕等に出会いました。野鳥では、アオゲラ、コゲラ、シジュウカラ、ウグイス、ヒヨドリ、イワツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、トビ、ハヤブサ、ガビチョウ等が確認されました。きょうは久し振りの晴れ間となり、とても気持ちの良い会になりましたが、"藪刈"の後、踏痕により益々広がり荒廃する道や、イノシシによる希少植物自生地の破壊(ぬた場他)等を再確認し、何とか解決策を見出さねばと痛感する会ともなりました・・・
コバギボウシ. クルマユリ. オオルリボシンマ 道が川になりまた道が広がる
  来月(9/10)は、キノコ中心の観察会になりますが、勿論、自然全般を観察しましょう!では又、よろしく・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
七月観(視)察会
2017/07/09(Sun)
  きょうは、良く晴れて暑い観察会になりました(22.2~33.0℃/南東風)。
  近況報告や、コースの説明等があった後早速の出発です。直に、チラシでも紹介の、池に飛ぶ瑠璃色のオオルリボシヤンマや真赤なショウジョウトンボに出会って感嘆し、バタフライガーデンでは、イチモンジチョウやメスグロヒョウモンの♂、キタキチチョウ等を観察、ホタルブクロの鮮紫色にも感銘しました。森の入口では、ヒミズの死体や、シデムシ、キマワリ、ハサミムシ他にも出会い、森に入ると、ニイニイゼミ等の蝉時雨、ホトトギスやウグイスの鳴声の下、気温は疾うに30℃を超えていましたが、5℃は違うかと思う程の涼しさで、バイカツツジやオカトラノオ、ミヤマタムラソウ、ムラサキシキブ、ミツバツチグリ、ハエドクソウ、キツネノボタン、ギンリョウソウ等が咲き群れ、コウスノキ、ニガイチゴ、モミジイチゴ、ヤマグワ、ナツハゼ、ウワミズザクラ等の実が目立ち、イチヤクソウやウメガサソウも実になっていました。ヤマカガシの子供や飛び出したヤマアカガエルにもびっくりしましたね。食菌は少ないものの、ヒメカバイロタケ、ホコリタケ、カワリハツ、粘菌の仲間等のきのこ類も多く見られました。
猩々蜻蛉♂. 蛍袋 森は涼し 日笠の下の梅花躑躅
 花では他にエゾアジサイ、チダケサシ、ヒメキンミズヒキ、ウマノミツバ、オオバジャノヒゲ、ヒメジョオン、ヒヨドリバナ、ドクダミ、オニタビラコ、マムシグサ等が見られ、今にも咲きそうなヤマユリやクルマユリ、オニノヤガラにも出会いました。果実では他にヒメコウゾ、ツリバナ、ヤマザクラ、ツクバネ、エゴノキ等が生っていました。キノコではヒトクチタケ、エセオリミキ、フサヒメホウキタケ等が見られました。野鳥では、キビタキの囀りがあちこちで聞かれ、他にアオゲラ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、イワツバメ、スズメ等が確認されました。動物では、テンの糞やリスの食痕、カモシカ、ツキノワグマの痕跡があちこちで見られました。昆虫では、花に群れる花虻や花蜂(トラマルハナバチ等)、クマバチ、シオヤアブ、セアカツノカメムシ、カマドウマ、様々な毛虫、芋虫等にも出会いました。きょうは、暑い中なので、ゆっくりめの観察となりましたが、今回も様々な新鮮な出会いがありましたね・・・
 尚、会後は宮教大で「総会」があり、会の方針等が話し合われ、取り決められました。今後どんな会になろうとも、青葉山の自然を守り、次世代に引き継ぐ意思に変わりはがあってはなりません・・・
ヤマカガシの子ども 鬼の矢柄はまだこんな 暑かったけど楽しい!. 銀竜草
 来月(8/13)は会としてはお休みですが、私的には歩く予定です。調査・確認が主となりますが、蝉時雨の下、様々な出会いがあることでしょう・・・?
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
六月観(視)察会
2017/06/11(Sun)
 きょうは晴れて爽やかな、気持ちの良い観(視)察会(13.2-22.7℃/西風)になりました。近況や"地図"、"会報"等の話の後、早速の出発です。スイカズラ、ウメガサソウ、20㎝近くになったシュンラン等観察しつつ森に入ると、森の中は、その豊かさの象徴でもあるギンリョウソウが]無数に蒼白い姿を見せ、ホクリクムヨウランもあちこちに、その慎ましくも美しい佇まいを見せています。道々にはエゴノキの白花が散らばり、見上げれば鈴音でも聞こえてきそうな風情で、ネジキの花も小鈴の雰囲気でした。何処からも営巣中のキビタキの囀りが響き、ホトトギスやアオゲラも間近で鳴いていました。すると突然、道の真前でカモシカと遭遇!、「ごめんね」と言いながら様子を見ていると、又一頭黒っぽい別のカモシカが道を横切り、一同大いに感激しました。沢の水溜りには、トウホクサンショウウオの幼生が大分大きくなっていて、小さな四脚もしっかり出ていました。期待したカザグルマやゼンテイカは既に花を散らしていましたが、サイハイランは、思いがけなくも華やかな咲き方をしていて、皆で喜びました。化石トンボとも称されるムカシヤンマに出会い、皆の帽子や腕に止まったりして、中々離れなかったのも、とても印象深い事でした…
スイカズラ エコノキの花 二頭と出会いました💛 化石トンボをパチリ
 花では、未だ咲いていた多くのヒメシャガ、可憐なコナスビ、咲き始めたミヤマタムラソウ、 コゴメウツギ、コウゾリナ、ガマズミ、サルナシ、ハナニガナ、ミツバツチグリ、ヤブムラサキ、ケキツネノボタン、シラキ、イボタノキ、ナツハゼ、マムシグサ、コゴメウツギ、 ヒメジョオン、ハルジオン、ツクバネ、ウメモドキ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、サルナシ、マルバダケブキ、ヤマボウシ、ヒメコウゾ、ユキノシタ、ヤグルマソウ等が咲いていました。果実では、モミジイチゴやヤマグワを少し味わった他、ミヤマウグイスカグラ、ヘビイチゴ、ツリバナ等が見られ、マタタビの白い葉も目立っていました。キノコでは、マツオウジがあちこちに見られ、マルミノフウセンタケ、ヒトクチタケやサルノコシカケの仲間も見られました。鳥では他にシジュウカラ、カワラヒワ、コゲラ、メジロ、ヒヨドリ、イワツバメ、ツバメ、ハクセキレイ等も確認できました。昆虫では、コミスジ、キンモンガ、コジャノメ、クロヒカゲ、カラスアゲハ、ジョウカイボンや花に集まる花蜂、花虻の仲間が見られ、動物では水溜まりにいたタゴガエルの他、ツキノワグマ、テン等多くの痕跡を確認しました。
 昨年"藪刈り"された道筋では、今期も今尚、希少蘭等は確認されず、来期以降の行末も不明ですが、地域的な"絶滅"だけは無いようにと、祈るばかりでした。しかし今日は、それを免れた区域で、藪影にキンラン(絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN))やヒトツボクロ(絶滅危惧Ⅱ類(VU)を確認できたのは特筆すべき事で、何よりも幸いでした・・・
トウホクサンショウウオの子供たち 華やかなサイハイラン 木漏れ日の中 キビタキの囀りが一杯!
  さて、来月(7/9)は、ヤマユリ、クルマユリ、ムラサキシキブ、ノギラン等の花々、樹液や花に集まる昆虫達等を観察できればと思います。夏鳥とその巣立ち雛、希少動植物等々、思わぬ出会いがあるかも知れませんね・・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる