FC2ブログ
>
十一月観(視)察会
2018/11/11(Sun)
  きょうは、初めは雲があったものの直ぐに晴れ上がり、青空の下、紅葉も見頃の素晴らしい観(視)察会になりました(9.0~18.0℃/西北西風)。近況報告の他、新聞掲載の、青葉山の素晴らしさと危機、自然保護を訴える記事の紹介等あった後、早速の出発です。穏やかな陽気の所為か、赤とんぼも数多く飛び、ランタナやメド―セージ等の咲く蝶庭にはキタキチョウが舞い、小さな花虻達も飛び交い、ツクシハギやミヤギノハギも未だ咲いていました。トチノキは殆ど落葉しているものの、ケヤキやアカシデ、オオモミジ、ドウダンツツジ等の黄・紅葉、カリン、マユミ、イイギリ等の実、ノコンギク、アキノノゲシ、アキノキリンソウ等の花々を見ながら森に入ると、思わぬ場所にムラサキシメジやクリタケが美味しそうに生えていました。ミカドフキバッタが、あちこちの葉や枯木上にじっとしているのも印象的でした。森は、ハウチワカエデやコハウチワカエデ等が赤々と葉を染め、タカノツメの黄葉も黄金色に、コシアブラは白々と、足元にはウリハダカエデ(幼木)の赤い絨毯が広がっています。他にもカマツカ、ミヤマガマズミ、ニシキギ、サンカクヅル、ツリバナ、アオハダ、マンサク、ブナ等の葉が、緑~黄〜赤〜茶〜白と色とりどりに染まっていました。木の実では、ヤブムラサキ、ウメモドキ、ツクバネ、シラキ、ツルリンドウ等が目立ち、紅葉では他に、クロモジやエンコウカエデ等の黄、コミネカエデ、ツタウルシ、ヤマウルシ等の赤、イヌブナ等の黄褐も良く目立ちました。そして、2年前の「藪狩り」で群落が消失していたメグスリノキは、今秋は株立ちや幼木等が幾分回復し、胸に染入る紅葉を見せていました。
黄葉に花に虫に、見るもの一杯! ムラサキシメジ 紅い森を行く ミカドフキバッタ
 花では他に、イヌタデ、ヘクソカズラ、ダキバヒメアザミ、ナンブアザミ、ヒヨドリバナ等が咲き残り、枯れかかりのリンドウ、外来種のセイヨウタンポポ、アメリカセンダングサ、オオハンゴンソウ、ハキダメギク、セイタカアワダチソウ、園芸種のアベリア、ブッドレア等も見られ、紅葉ではオトコヨウゾメ、ミヤマタムラソウ、バイカツツジ等、果実ではカエデ類の翼果、ツルアリドオシ、ヤブコウジ、ミヤマガマズミ、コウスノキ、イボタノキ、トチノキ、ホオノキ、チゴユリ、オオバジノャノヒゲ、ノダケ、柿等が見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、ヤマガラ、エナガ等、赤松でキョッキョっと鳴いていたアオゲラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス、スズメ、ガビチョウ等を確認できました。動物では、キツネやテンの糞、ニホンリスやノネズミの食痕、カモシカの角擦り痕と食痕等、昆虫では、等に出会いました。虫では、落葉にいたカレハヒメマルハキバガ、イカリモンガ、ジョロウグモの雌雄等。キノコでは、倒木に出ていたニガクリタケ、流れかかったナラタケモドキ、ウチワタケ、スギエダタケ等の他、帰り道には見事なオオイチョウタケが群れていました。きょうは「紅葉狩り」を主に、深まる秋の山を「五感」で味わえた一時ではなかったでしょうか?
 尚、一旦解散後は、所謂「せせらぎ広場」の、終了した崩壊崖地修復工事を視察。ほぼ以前説明を受けた通りの、非常にしっかりとした出来上がりとはなってはいましたが、当地は元々、希少動・植物が多数生育・生息する極めて貴重な区域でした。歩道の改修から始まった、ほんの小さな崖崩れが、修復工事をする度に崩壊を繰り返し、多くの希少植物群落が消滅してしまいました。今後は、様子を観つつ歩道も回復させるとの事ではありますが、これ以上の崩壊も工事も無く、嘗ての生態系が少しでも復活する事を願うばかりです・・・
紅葉のアーチをくぐって ナンブアザミ 最後は良く晴れました オオモミジ
   来月(12/9)は、ふかふかの落葉を踏み分けながら、冬芽や常緑樹、様々な落葉、動物達の痕跡、混群を作る野鳥達、冬越しをする昆虫達等を観察しましょう。また素敵な出会いがあるといいですね・・・ 
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十月観(視)察会
2018/10/14(Sun)
  きょうはほぼ曇りで、とても穏やかな観(視)察会になりました(11.6~17.1℃/北西風)。近況やチラシ内容(クマノミズキ)紹介、講座案内等の後、早速出発です。周囲はツクシハギやノコンギクが咲き群れ、ノブドウやニシキギ等の実が目立ち、空を蜻蛉が飛び交っています。森に入り、たわわに生るサルナシを皆で味見したり、カラハナソウの香りを楽しんだりしていると、先にハクウンボクても出会ったヤマガラが、エゴノキに引切り無しに何羽もやって来ては、実を咥えて飛んで行きます。素敵な「ショー」を楽しんだ後は、お洒落なブローチにもなりそうなクサギの実やめんこいスズメウリ、真赤なミヤマガマズミやオトコヨウソメ、ケカマツカ、ウメモドキ、マムシグサ等を夫々楽しみました。元々目当てだったキノコは何故かとても少なかったのですが、砕ける白波の様なスギヒラタケだけは大量に見られた他、何と、トリュフを発見された方もいて、皆で大喜びしました。和名はイボセイヨウショウロのまだ白っぽく若い菌で、香りも弱いものでしたが(数日冷蔵庫等で保存すると香が強くなるそう)、11~12月の茶色くなったものは、一つだけでも部屋中が香り立つとの事でした。森の道々には、黄金に輝くアキノキリンソウ、淑やかに佇むシロヨメナやダキバヒメアザミ、今や希少種となりレッドリスト掲載のリンドウの煌きに胸打たれました。キノコでは他に、キチャホウライタケ、スギエダタケ、フサヒメホウキタケ、モリノカレバタケ、オチバタケ、ヒノキオチバタケ、カワラタケ、ウチワタケ、モミジタケ、ヒトクチタケや、変形菌のマメホコリと思われる未熟子実体等が見られ、終了後の小鑑定会では、アカモミタケ、ドクベニタケ、シロツルタケ、シラゲカヤタケ、ツチスギタケ、コブアセタケ等の他、ミツバアケビやサンカクヅルの実も確認しました・・・
ヤマガラ 美しいものに人は寄ります トリュフ! スギヒラタケ
 花では他に、センブリ、シラヤマギク、ヤマハツカ、ヒメジソ、ナンブアザミ、ガンクビソウ、コヤブタバコ、ダイコンソウ、イヌタデ、コバノセンダングサ、ゲンノショウコ、メナモミ、オヤマボクチ、オオハンゴンソウ、ツユクサ、アキノノゲシ、オヤリハグマ、オクモミジハグマ、ミヤギノハギ、センボンヤリ、シシウド、ヤブガラシ等、フユノハナワラビの胞子茎も多く見られ、果実では、ツルリンドウ、ホオノキ、コブシ、ヤブムラサキ、ヨツバハギ、コマツナギ、ツルアリドオシ、イヌツゲ、イタドリ、ツリバナ、タラノキ、イイギリ、ツクバネ、ヘクソカズラ、ネナシカズラ、ミズヒキ、クリ、コナラ、ミズナラ、ノダケ、ヤブハギ、チゴユリ、オオバジャノヒゲ、ツルニンジン、ウスノキ、リョブ、マンサク等の他、クマノミズキの赤く珊瑚の様な果柄が沢山落ちていたり、ヤマノイモやウワバミソウのむかごも生っていました。昆虫等では、無数に飛ぶアキアカネ等の赤とんぼ、沢付近をまだ飛んでいたムカシヤンマと思われるもの、萩にいたキタキチョウやセセリチョウの仲間、ツユムシの仲間、ジョロウグモやイシサワオニグモ等。動物では、ニホンカナヘビ、アカガエルの仲間等の他、何処でも異常に目立ったイノシシの痕跡に、希少植物存続への危機感を募らせました。野鳥では、カケス、シジュウカラ、ヒヨドリ、コゲラ、トビ、ハクセキレイ、ハシブトガラス等確認の他、外来のガビチョウがけたたましく鳴いて、生態系の破壊に滅入りました。きょうは、キノコ観察より自然全般の、初秋の森を愛おしむ会となり、林内外の急激な変化に憂いながらも、新たな出会いや喜びも多々あった一時だったのではないでしょうか・・・
シロヨメナ 見空ければ珊瑚の海 終りまで残った方々 リンドウ
 来月11/11(日)の会は、美しい紅葉を愛でながら、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しましょう!晩秋のキノコも見られるかも知れません・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
九月観(視)察会
2018/09/09(Sun)
  きょうは朝から雨が降り続き、梅雨時の様な観察会となりました(17.3~22.3℃/北風)。自転車で濡れながら山を上がると、もしかして誰もいないかと思われた集合所には、既に十分な参加者が! 会報や観察講習会のお知らせ、今日の予定等報告の後、バス停のクモの巣に捕まっていた蛾(マツカレハ)を放しつつ、早速の出発です。栃の実が無数に落ち、微かにチッチゼミや秋の虫達が囁く大学構内を抜け、咲き始めたミヤギノハギにじっと止まる(忙しなく動き回るの意の筈の)セセリ(オオチャバネセセリ)や苔庭から立ち上がるテングタケ、蜜柑色のヒイロチャワンタケ、大小ニョキニョキ出ていたタケリタケ等観ながら森に入ります。構内は、長雨の所為か様々なキノコが発生、大きなニガイグチの仲間や赤いドクベニタケやチシオハツ、橙色のヒナアンズタケやベニウスタケ、トキイロラッパタケが目立ち、道沿いにはヤマジノホトトギスやダキバヒメアザミ、コバギボウシ、カノツメソウ、ナガバノコウヤボウキ、咲き始めたシロヨメナ等が咲き、今が盛りとキバナアキギリが咲き誇り、森蔭にひっそり綻ぶネナシカズラやヤブマメにも心洗われました。道端には、アオハダの赤い実や団栗、毬栗、無数のブナの実等が落ち、ミヤマガマズミやオトコヨウゾメ、ツリバナ、シラキ、ウメモドキ、ナツハゼ、コウスノキ等も見られましたし、大きなマツオウジの切株にはヤマアカガエルが潜んでいました。キノコ鑑定会では既述のものの他、タマゴタケ、コウジタケ、サクラシメジ、シロオニタケ、シロテングタケ、コテングタケモドキ、オオホウライタケ、シロヒメカヤタケ、シロイボカサタケ、キイボカサタケ、モミジタケ、イボタケ、ヒメムラソキシメジ等が確認され、他にオニイグチモドキ、スジチャダイゴケ、キソウメンタケ、チチタケ、シロハツ、スジオチバタケ、エセオレミキ、アカイボカサタケ、センボンクヌギタケ、ウチワタケ、ヒイロタケ、カワラタケ、チャカイガラタケ、フクロツチガキ、ホコリタケ、ヒトクチタケ、フサヒメホウキタケ、ヒメカバイロタケ、スギヒラタケ、ノボリリュウタケや粘菌の仲間等が見られました…
マツカレハ オオチャバネセセリ 見事なマツオウジ 雨でも嬉し
  花では他に、ツクシハギ、ヤブラン、ケチヂミザサ、ガンクビソウ、オクモミジハグマ、ヤブハギ、キンミズヒキ、ヒメキンミズヒキ、カノツメソウ、ヒヨドリバナ、ナガバノコウヤボウキ、セイヨウタンポポ、ヤクシソウ、オニノノゲシ、ツユクサ、ゲンノショウコ、ヒメジソ、ヤブガラシ、ヘクソカズラ、コセンダングサ、ヤマウド、シラヤマギク、ナンブアザミ、ノコンギク等が見られました。果実では他に、マムシグサ、ツクバネ、コブシ、ヤマボウシ、クリ、コナラ、ホクリクムヨウラン、サンショウ、チゴユリ、ヤマユリ、クルマユリ、タチシオデ等が目立ちました。動物では、テンの糞、クマやリスの痕跡、ヒダリマキマイマイ等、昆虫やクモでは、萩にいたキタキチョウやシジミチョウの仲間、エゾゼミの声と空蝉、ボクトウガの者と思われる木屑、道や藪を這っていたジョロウグモやオナガグモ等。野鳥ではシジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、ハシブトガラス、ハクセキレイ、スズメ等が確認できました。
 きょうは雨降る中でも、数多くのキノコに出会い、又夫々に新しい邂逅があったのではないでしょうか?
  来月(10/11(日))も、キノコ中心の観察・鑑定会を予定しています。又、素晴らしい出会いを期待しましょう・・・
ヤマアカガエル キバナアキギリ 鑑定の後 タマゴタケ
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八月観(視)察会
2018/08/12(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会。と言っても、8月は「会」としてはお休みなので今回も、記録を主として自由に漫ろ歩きしました(晴れ時々曇り/22.8~28.6℃/南東風)。参加者の持ち寄った本格ドリップコーヒーで、思わず法悦の時を過ごした後、青空の下、蝉時雨の中を出発です。暑いとはいえ、猛暑もそろそろ終わりか、風が心地よく感じられます。睡蓮の池には、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オオルリボシヤンマ、ギンヤンマ、クロイトトンボ等が飛び交っています。道沿いには、大小多くのキノコが並び、オオハンゴンソウ、キンミズヒキ等が咲き、ツクシハギやミヤギノハギも綻び、クサギやクズの花が香ります。森に入ると、あちこちに樹液の流れる木々が見られ、中にはアオカナブン等のカナブン類、ミヤマクワガタやスジクワガタ、コクワガタ等のクワガタ、スミナガシやルリタテハ、ヤマキマダラヒカゲ等の蝶が、賑やかに群れ集まっている「大食堂」もありました。途中でキノコ博士の少年にも会いましたが、至る所、ヒメカバイロタケやマツオウジ、ニガイグチやオチバタケの仲間等が数多く観られました。林内には、カノツメソウやヒヨドリバナ、ヤブハギ、コバギボウシが目立ち、ヤマジノホトトギスやナンブアザミが咲き始め、オニノヤガラやクルマユリも咲き残っていました。大量に落ちるブナの実にも出会いました…
日差しは暑いけど風が涼しい山 ショウジョウトンボ コクワガタ♂とスジクワガタ♀ ヒメカバイロタケ
 花では他に、ハエドクソウ、ヒメキンミズヒキ、キツネノボタン、ガンクビソウ、サジガンクビソウ、ヒルガオ、ヘクソカズラ、ツユクサ、シラヤマギク、アズマギク、キクニガナ、サルスベリ等が咲いていました。果実では他に、オオバクロモジ、ツノハシバミ、シラキ、ウワミズザクラ、エゴノキ、ツクバネ、ヤブデマリ、クリ等が見られました。昆虫では他に、クサキリ、キマワリ、ミカドフキバツタ、ムカシヤンマ、オニヤンマ、サトキマダラヒカゲ、コジャノメ、イカリモンガ、コミスジ、ルリシジミ、キタキチョウ、モンキアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、クロゴキブリ、アシグロツユムシ、ナガメ、ザトウムシ、コメツキの仲間等、キノコでは他にクサハツ、ヒトクチタケ、ドクベニタケ、ニガイグチモドキ、スギヒラタケ、モミジタケ、キクラゲ、変形菌の仲間等、動物では、池のアカハライモリ、道に飛び出すヤマアカガエル、タゴガエル、ヤマカガシ、ツキノワグマの爪痕等に出会いました。野鳥では、ホトトギス、アオゲラ、コゲラ、シジュウカラ、ウグイス、ヒヨドリ、イワツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、トビ、スズメ、カルガモ、コサギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ガビチョウ等が確認されました。きょうは暑さもほどほどに、のんびりした会になりましたが、帰路で確認した青葉山キャンパス側の荒廃を始め問題は山積で、この豊かな生態系の維持を願うばかりでした・・・
コバギボウシ オニノヤガラ アオカナブン 真直の道
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
七月観(視)察会
2018/07/08(Sun)
 きょうは生憎朝から雨でしたが、開始頃には小止みになって、とても穏やかな観(視)察会になりました(19.4~23.2℃/東風)。
  近況報告や、コースの説明等があった後早速の出発です。杉の頂でホオジロが囀り、カワラヒワの群れが騒がしく、空をツバメが飛び交っています。植栽のノウゼンカズラや池のスイレンを眺め、ヒメコウゾの実の甘味を確認、ネムノキの花の作りや、蝶庭のカナヘビや幼虫等を観察しながら森に向かいます。紙垂や楓の下にはギンリョウソウが貌を出し、道を行けばハエドクソウが可憐な花を魅せ、あちこちにバイカツツジが咲いたり花を落としたりしています。山はこんな白花が目立ち、オカトラノオ、リョウブ、ノリウツギ、オオバジャノヒゲ等が数多く咲いていました。森の中は、ニイニイゼミ等の蝉時雨に、キビタキの囀り、頭上ではホトトギスが高らかに鳴いています。例年より殆どの花期が早く、百合の女王ヤマユリが大花を揺らし、クルマユリも、今にも綻びそうになっていました。ブナは無数に実を生して、中身も充実していて、今季の豊作=熊の安寧を期待させました。ウマノミツバとミツバ、キツネノボタンとケキツネノボタン等、ムカデとヤスデ、オバボタルと他の蛍を比較したり、ニガイチゴやコウスノキの味見をしたりもしました。暗い森に燦然と立ち尽くすオニノヤガラにも出会い、皆で歓声を上げました・・・
ヤマユリ 蝶庭にいたカナゲッチョ ほら、あそこに! ブナの実が一杯!
 花では他にクモキリソウ、スイカズラ、ネズミモチ、ツルアリドオシ、ミヤマタムラソウ、ヤマノイモ、オニドコロ、イタドリ、ノギラン、コマツナギ、クリ、クマノミズキ、エゾアジサイ、チダケサシ、ヒメジョオン、ヒヨドリバナ、ドクダミ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、オオハンゴンソウ等が見られました。果実では他にツリバナ、ツクバネ、エゴノキ、キブシ、サルトリイバラ、ナツハゼ、マイヅルソウ、マムシグサ、ミヤマガマズミ、ヤマグワ、ネジキ、サワフタギ、トチノキ等が生っていました。キノコではチシオハツ、ドクベニタケ、ニガクリタケ、ヒトクチタケ、ヒメカバイロタケ、フサヒメホウキタケに、流れかかったウスヒラタケ等が見られました。野鳥では、他にアオゲラ?、コゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、イワツバメ、スズメ、ガビチョウに、解散後に出現のサンコウチョウ、メジロと思われる卵等が確認されました。動物では、?跳び出すヤマアカガエル等の他、テンやキツネ?の糞やリスの食痕、カモシカ、ツキノワグマの痕跡があちこちで見られました。昆虫では、道を横切るマガタマハンミョウ、ヨツスジハナカミキリ、ゴミムシの仲間、ヒメコウゾの実にいたヤマトシリアゲ、葉上にいたミカドフキバッタやツユムシの幼虫、スイカズラにいたオビガの赤毛虫、ナンテンにいたアシグロツユムシ幼虫、ツルリンドウにいたタケカレハ幼虫等、様々な毛虫、芋虫、クモではイシサワオニグモにも出会いました。きょうは霧雨もありましたが、少し長めの観察となり、夫々に様々な出会いがありましたね・・・
  尚、今日も道々に目立った、松枯対策後に積み上げられた丸太の処理について、自然保護と景観確保を第一として、幾つかの解決案を市に近々提出することになりました。大規模開発が進む中でも、木目細かな自然保護施策が必要な時と感じます…
オバボタル 霧に煙る街 緑の森の下で オニノヤガラ 
  来月(8/12)は会としてはお休みですが、私的には調査・確認を主に歩く予定です・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる