FC2ブログ
>
ツノハシバミ(角榛)の雌花
2008/04/01(Tue)
 きょうは大体晴れましたが、一日中強風が吹き荒れました(最大瞬間風速30.2m)。
尾根道のあちらこちらで、ツノハシバミ(カバノキ科) の雌花が咲 き始めていました。気が付かないで通り過ぎてしまいそうですが、近寄ると、赤い「削り花」か磯巾着の触手の様で、とても面白く 綺麗でした。雌花と言っても、鱗片の間から出ているのは赤い柱頭のみで、長い雄花は葉腋から下がります。北海道~九州の、主に明るい広葉樹の林床や林縁に生育します。名は、堅果に角があるハシバミ(葉に皺があるから「葉皺実」の転訛、食べられる実がなる木だから「葉柴実」等の説)の意の様ですね・・・
ツノハシバミ. 展望台から泉ケ岳遠望(下はヤマネコヤナギ). 
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
ゆきかえる