FC2ブログ
>
カシワバハグマ(柏葉白熊)の花  
2009/10/01(Thu)
 きょうは晴れの予報もありましたが、一日曇りました。
  小楢の小道に、カシワバハグマ(キク科)が咲いていました。何故だか葉っぱは痛んでいましたが、筒状花の花冠の先がくるんと巻かれていて、色を付ける前の「削り花」の様でした。本州~九州の主に太平洋側の、山地の樹陰等に生育する高さ30-70㎝の多年草です。葉は長い卵形で、縁には粗い歯牙があります。青葉山では10月頃、コナラやミズナラの林床に穂状白花を咲かせます。名は、葉が柏の葉の様で、頭花がハグマ(白熊/仏具の払子ヤクの尾の毛)に似ている事に由来します。宮城県が北限の上に、自生地も限定されていて、県のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU) に指定されています・・・
カシワバハグマ   どんよりした空 
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
ゆきかえる