>
セイタカアワダチソウ(背高泡立草)の果穂
2011/01/31(Mon)
  きょうは晴れ時々曇りで、時々雪が舞いました(-5.8~1.6℃)。
  川岸に、セイタカアワダチソウ(キク科)が生えていました。ふさふさした果穂に雪が被って、重そうにしな垂れると、光の中でまどろむ、年老いた象の様に見えました。北米原産で明治末期に移入された帰化植物で、戦後に大繁殖しました。高さ1-2.5mの多年草で、紫褐色の茎には短毛が生え、葉柄が殆ど無い葉にもざらつきがあります。9-11月、茎先に濃黄色の小花を穂状に多数付けます。根には「アレロパシー(周囲の植物の成長を抑制する化学物質)」を有し、大群落を形成・保持しますが、自身の成長も抑制する作用があり、近年は目立った増殖が無くなって来ました。名は、背が高く、花が酒を醸造する時の泡立ちに似ている事に由来します。青葉山では、河原や空地等に群落が見られます・・・ 
セイタカアワダチソウの果穂 長沼
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エナガ(柄長)
2011/01/30(Sun)
 今朝は10㎝程積っていて、午前中は雪で後晴れました(-7.0~0.3℃)。
  沢沿いの木々に、エナガ(エナガ科)がいました。10羽程の群れが、木から木、枝から枝へと飛び移って行きますが、良く見れば、枝や幹に付いている虫の卵等を食べていました。枝々に積る雪の中にいると、鳥達も又、雪からできた雪ん子の様に見えました。ヨーロッパ~中央アジア~日本に広く分布し、主に明るい森に生息する留鳥又は漂鳥です。体長は14cm程ですが、名の通り、尾の長さが体の半分以上もあります。雌雄同色で、成鳥の頭や頬~胸等は白く、肩羽や腹、下尾筒は淡い葡萄色で、眉斑~肩、雨覆等が黒く彩られます。主に小昆虫、クモ、油虫等を捕食しますが、草木の種子、果実、樹液、菌類等も食べます。青葉山では、一年中極普通に見られます・・・
エナガ 竜ノ口の一角
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カワアイサ(川秋沙)♀♂とカイツブリ(鳰)
2011/01/29(Sat)
 きょうは曇って時々雪が舞い、晩方からは本降りになりました(-2.2~2.7℃)。 
 川の渕に、カワアイサ(カモ科)とカイツブリ(カイツブリ科)がいました。カワアイサ達は、初め岩の上で休んでいましたが、周りをカイツブリがちょろちょろ泳ぎ回り、盛んに潜水しては、美味しそうに小魚を食べていて、その様子に触発されたのか、徐に次々水に入ると、海女の様な迫力ある動きで、魚を追い駆けていました。カワアイサは、ユーラシアや北米に広く分布し、日本では、全国に冬鳥として渡来する、全長58-72cm、翼開長86-102cmの潜水性のカモです。主に河川・湖沼等の淡水域に棲み、水中で魚を捕食します。雄の頭は緑黒色で、胸や腹等は白く、背中は黒。嘴は長く、濃赤色で先端が鉤状に曲がり、虹彩は黒褐色。雌の頭部は茶色で、体の下面は灰色。青葉山周辺では、秋~春に数多く普通に見られます。カイツブリは、アフリカ~ユーラシア等に広く分布し、日本の寒冷地では漂鳥又は夏鳥ですが、他では留鳥です。山野の流れの緩やかな河川、湖沼等に生息し、潜水して魚類、水生昆虫、甲殻類、貝類等を捕食します。全長は25-29cm、体重100-200g。雌雄同色で、翼は黒褐色で尾羽は短く、嘴の先と基部に淡黄色の斑があり、虹彩も淡黄色。冬羽は頭~胴が褐色で、頬~側頸が黄褐色の羽毛で被われます。青葉山周辺では、川の淵等で普通に見られます・・・
カワアイサ♀♂とカイツブリ
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カワガラス(河烏)
2011/01/28(Fri)
  きょうは、昨晩の雪が残り、日中は晴れ時々曇って風が強く、時々雪が舞い飛びました(-3.0~2.6℃)。
  北斜面下の川に、カワガラス(カワガラス科)がいました。雪混じりの寒風が吹き荒ぶ中でも、冷たい川に跳び込んでは餌を探し、岩に登ってピッピピーッと鳴くと、水面すれすれに飛んでは滝壺状の暗がりに消えて行きました。もしかしたら、巣にでもするのでしょうか?良く見れば、雌雄らしい二羽が、交互に往ったり来たりしていました。東アジアに広く分布し、日本では全国の主として山間の渓流に棲む留鳥です。全長(翼開長)21-23cm。雌雄同色。水中に潜ったり、水底を歩いたりして水棲昆虫類や魚類を捕食します。冬は雌雄共に単独で縄張り分散する傾向がありますが、一夫一妻で、秋~初冬には雌雄共に囀って、番形成の求愛行動が良く見られます。青葉山では、広瀬川沿いで周年見られますが、河川管理工事に因る営巣地破壊等で生息数は減少しています・・・
カワガラス
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「杜の都」独自の河川管理を!
2011/01/27(Thu)
牛越橋上流の河畔林が伐られていた。
 四季折々に私達を慰め、楽しませていた、又、様々な小動物達の棲家となり、貴重な緑の通路でもあった木々・緑地が、高木、灌木とも尽く無くなっていた。初夏の針槐の、噎せ返る程馥郁とした甘い香りも、飛び回る花蜂達の羽音も、秋の鎌酸実の甘酸っぱさも、息を潜めて抱卵する雉も・・・一瞬に消し去られてしまった。
 嘗ては、グランドを含めて広々と続いていた緑地が、何時の間にか本当に細々とした、一本筋の並木と繁みの帯になっていたものが、それを守り広げるどころか、壊滅させるとは、何が「河川管理」なのか!? この一年余「管理」の名の下に続く破壊の数々、私には只々、狂気の沙汰としか思えない。管理者は、大水時の危険性のみ理由にするが、「事例を挙げよ」と問えば、橋桁に数本の枯木が絡まった写真しか見せられた事がないし、これでは山の木々まで伐られかねない。逆に、洪水時、どれ程の人々や動物達が木々や中洲・寄洲に助けられてきた事か。しかも、ここは「杜の都」だ!! もし、理が一つでもあるならば、市民に広く説明し、木々への「お別れ会」でも開いて、涙を流して伐採するのが道理だろう。管理者は、「広瀬川をゴルフ場の様にする」と言い切ったが、それが、多くの市民が望む事なのだろうか!?「杜の都」には「杜の都」独自の河川管理方法がある筈で、私も含めて、何年にも亘り協議を重ねて来た結論が、どの地域にも勝る自然破壊とは何なのか?! これ以上、僅かな自然を、細々とした生態系の帯を、又「杜の都」の市民の自尊心を、砕き切る事の無き様に願いたいものだ・・・
柳も針槐も鎌酸実も・・・みんな無くなった
この記事のURL | 諸問題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アトリ(花鶏)
2011/01/26(Wed)
  きょうは曇って、時折風花が舞いました(-2.2~6.1℃)。
  尾根道に、アトリ(アトリ科)がいました。10羽程の群れが路上で何かを食べていましたが、近寄ると一斉に飛び上がって、少し離れた木に止まり、こちらの様子を窺っていました。静かに通り過ぎると、一羽二羽と又戻って、食事を続けていました。ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬は北アフリカ~中央アジア、中国、朝鮮等に渡って越冬します。日本にはシベリアから秋に冬鳥として渡来し、山野で果実、植物種子、昆虫、節足動物等を食べて暮らします。全長16cm程。体色は黄褐色に黒、白が入り、特に胸部の羽毛は橙褐色で目立ちます。雄の夏羽は頭部が黒く、冬羽の頭部は雌雄共に褐色です。日中は小群を作り、夜は集団で休みます。渡来直後や渡去直前に、数千~数万羽の大群を作る事があります。青葉山では、年によって数は変わりますが、冬に群れが普通に見られます・・・
アトリ♀
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バッケ(蕗の薹)
2011/01/25(Tue)
  きょうは晴れ時々曇りで、時折風花が舞いました(-3.5~4.7℃)。
  雪の残る北斜面に、バッケ[仙台でフキノトウの事/フキ(キク科)の花茎]が顔を出していました。寒い寒いとは言っても、春は確実に近付いている様です。小さな蕾は、瑞々しい翡翠の様で、苞葉を一枚齧ると、春の香りが体一杯に広がりました。サハリン~九州の他、朝鮮、中国にも分布し、日本では全国の山野に生育するフキ(キク科)の、雌雄異株の花の蕾で、未だ葉が出る前に独立して地上に現れ、蕾を幾重にも苞が取り巻き、寒さに耐える構造になっています。名は、アイヌ語のpakkay[子を負ぶう(様な姿)の意]に由来すると言われます。青葉山では、道端や沢沿い等に普通に見られます・・・
バッケ 樅の木の根元が氷の棚になっていた
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イヌザンショウ(犬山椒)
2011/01/24(Mon)
  きょうは曇って、時折細雪が降りました(-3.1~-0.3℃)。
  藪地の縁に、イヌザンショウ(ミカン科)が生えていました。果実には種子が既になく、赤かった果柄も黒ずんでいましたが、「木の花」がより美しく、味わいを増した様でした。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の山野に生育する、高さ2-3mの落葉低木です。枝には互生する刺があり、葉は7-20cmの奇数羽状複葉で互生し、小葉は長さ1.5-5cmの長楕円~広披針形で、細かい鈍鋸歯があります。雌雄異株で、7-8月、枝先に淡緑色の小花を多数咲かせます。花弁と萼片は5個。果実は3個の分果の楕円状球形で、果皮には油点が多数あり、2裂して光沢ある黒い卵円形の種子を1個出します。サンショウに似ていますが、棘が互生するのが簡単な相違点です。名は、サンショウより香りが悪く、食用にならない事に由来します。青葉山では、藪地周辺等に見られます・・・
イヌザンショウの果実
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネムノキ(合歓木) の果実
2011/01/23(Sun)
 きょうは晴れ時々曇って、強い風が吹きました(-2.5~4.7℃)。
 森の外れのネムノキ(ネムノキ科)に、果実が下がっていました。小さな洗濯板の様な莢を、風にひらひらさせて、遠目には、音符が踊っている様にも見えました。西~東アジアに広く分布し、日本では東北~沖縄の山野に生育する、高さ6-10mの落葉高木です。荒地に最初に侵入するパイオニア的樹木で、河原等にも良く生えています。葉は2回偶数羽状複葉。7-8月に、頭状花序を作り、淡紅色の雄蕊が長く美しい花を咲かせます。秋には、細長く扁平な豆果を下げ、樹上に遅くまで残ります。莢は長さ10-15㎝、幅1.5-2㎝で、10-12月に褐色に熟し、下側の線に沿って裂開します。莢中には5-9㎜の種子を10個前後持ちます。名は「眠の木」の意で、夜になると葉が閉じる事(就眠運動)に由来します。漢方では、花を精神安定や不眠解消の効果がある生薬として利用します。香材にも利用され、お香の木、抹香木とも呼ばれます。青葉山では、林縁や裸地等の所々に見られます・・・
ネムノキの果実 不思議な造形(これもネムノキ)

この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニホンノウサギ(日本野兎)の足跡
2011/01/22(Sat)
  きょうは大体晴れて、時々風花が飛びました(-2.8~4.8℃)。 
  溜池の土手の雪面に、ニホンノウサギ(ノウサギ科)の足跡が縦横に走っていました。当地ではこの1-2年、急激に見かけなくなってしまっているので、足跡を見付けただけでも、目頭が熱くなってしまいます。生抜いて、子を生して、又何処でも普通に出会える様になって欲しいものです。本州~九州の亜高山~低地の森林や草原等に生息する、体長45-54cm、体重2-3.5kgの日本固有のウサギです。植物食で、葉、芽、枝、樹皮等を採食し、群れは形成せず単独で生活し、塒を中心に半径400m内外の範囲で行動します。藪中で繁殖し、一回1-4仔産み、早春~秋に数回それを繰り返します。夜行性で昼間は藪地等でじっとしている事が多く、巣は作りません。青葉山では、藪内外で糞や食痕が見られ、雪面には足跡を見る事ができますが、ここ数年、各大工事等の影響か、目撃も痕跡も激減しています・・・
ノウサギの足跡 箆鮒釣り(郷六溜池)
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ベニヒラタムシ(紅扁虫)
2011/01/21(Fri)
  きょうは晴れたり曇ったりで、時々雪が舞いました(-3.5~4.2℃)。
  桧の樹皮下に、ベニヒラタムシ(ヒラタムシ科)がいました。少しくすんだ紅色が味わい深く、とても素敵でしたが、良く見れば驚異的な薄さで、如何にも狭所に適した体型になっていましたよ。北海道~九州の林内に広く分布し、枯木等の樹皮下等に生息する、体長10-15mmの甲虫です。頭・胸部は黒く、上翅が鮮やかな紅色で、体が厚さ1-2㎜と、著しく平たいのが特徴です。成・幼虫共に食肉性で、樹皮下等の狭い所に潜り込みながら、木屑に寄って来る小型蜂等の小昆虫や幼虫等を捕食します。名は、紅色の平たい(扁)虫の意。青葉山では、朽木等に普通に見られます・・・
ベニヒラタムシ 大して雪も降っていないのに、金山への車道はきょうもこんなです
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オクノカンスゲ(奥寒菅)
2011/01/20(Thu)
  きょうは曇り時々晴れて、午後には風に乗った雪が良く舞いました(-2.0~3.0℃)。
  沢の辺に、オクノカンスゲ(カヤツリグサ科)が生えていました。常緑の草が少ない、冬枯れの沢のあちこちに、大きく瑞々しい叢が盛り上がり、中にはカモシカにすっかり食べられて、毬々に立っているものもありました。北海道~九州の山地の林内に生育する、高さ15-40㎝の常緑多年草です。地下に匍匐枝を伸ばして群生し、葉はやや硬く光沢があり、幅5-15㎜の長線形で、叢生します。表面に2条の肋があり、断面がM字形になるのが特徴です。4-6月頃、桿を伸ばして花を咲かせ、棍棒状の頂小穂は雄性、側小穂は雌性です。名は、主に東北に多いカンスゲの意。青葉山では、林内外に普通に見られます・・・
オクノカンスゲ 粉砂糖塗れの葛餅みたい。。。.
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コガモ(小鴨)
2011/01/19(Wed)
  今朝も雪がうっすら積り、日中は晴れましたが時折雪が舞いました(-0.6~3.4℃)。
  池に、コガモ(カモ科)がいました。雌1羽と雄2羽の3羽で、水が流れ込み、氷が融けている数m四方の水面や岸辺で、水草等を食べながら、仲良くクルクル泳ぎ回り、又岸に上がって休んでいました。北半球に広く分布し、日本には、ほぼ冬鳥として全国の河川、池沼に飛来する、体長34-38cm、翼開長58-64cmの小型のカモです。雄の頭は茶色く目の周り~後ろが青緑色。嘴と脚は黒く体は灰色で、側面中央付近に白い水平な線があります。雌は全体に褐色で、黒褐色の斑があります。嘴と脚は黒く、雄はピリツピリッやピッ ピッ、雌はグェックェッ等と鳴きます。カモ類の中では冬の渡りが早く、又春の渡りも遅めです。越冬中は群れで生活し、水面から届く範囲の藻や水草等を採食します。青葉山周辺では、広瀬川等で普通に見られます・・・
コガモ 大きな石を乗せて重そうな釜淵滝
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サイカチ(皁莢)
2011/01/18(Tue)
  きょうは良く晴れて、穏やかな一日でした(0.3~5.1℃)
   森の外れに、サイカチ(マメ科)が生えていました。見上げると、青空を背景に大きな果実が揺れていましたが、気が付けば雪面にも、凍ったバナナ皮の様な莢が幾つも転がっていました。日本固有種で、本州~九州の山野や川原に生育する、樹高15m程の落葉高木です。幹は真直ぐ伸び、枝の変形した鋭い刺が多数あります。葉は互生して、1-2回の偶数羽状複葉で長さ20-30㎝、多数付く小葉は長楕円形で、長さ約2cm。縁は徴細鋸歯状。5-6月に、黄緑色の長さ10-20㎝の総状花序を作り、雄花は群がり、雌花はやや疎に付きます。花弁は4。雄花には雄蘂8、両性花の雄蘂はやや小さく、雌花には雌蘂1。秋に、長さ20-30㎝以上ある、平らでやや捩れた莢果(豆果)を付け、長さ1㎝程の種子を多数含みます。材は建築、家具、器具、薪炭用として用いられ、豆果は生薬「皁莢(そうきょう)」として去痰薬、利尿薬として利用されます。サポニンを多く含み、嘗ては莢毎煮詰めて洗剤にしました。別名はカワラフジノキ等。青葉山では、民家跡地周辺等で見られます・・・
サイカチ サイカチの果実
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツグミ(鶫)
2011/01/17(Mon)
 今朝も数㎝雪が積り、日中も湿った雪が降ったり止んだりでした(-1.8~4.1℃)。
 藪陰に、ツグミ(ツグミ科)がいました。雪を嘴で掘り起こしては、虫か何かを夢中で探していましたが、こちらに気付くとケッと叫んで、何処かに消えてしまいました。北東アジアに分布する、体長20cm程の中型の鳥で、東シベリア~カムチャッカで繁殖し、日本には秋~春に渡来して越冬します。主に体の上部が灰~茶色で、眼の上と腹部が白く、胸を張り背筋を伸ばす姿勢でいるのが特徴です。食性は雑食ですが、主として土中のミミズや虫を食べ、様々な果実等も好んで食べます。青葉山では、草原や林縁等で採食する姿が良く見られますが、東北大の造成工事等で数は大分減ってしまいました・・・
ツグミ 三居沢不動滝の滝壺はこんなでした
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タヌキ(狸)の足跡
2011/01/16(Sun)
 今朝もうっすら雪が上積みされていて、昼間は晴れて時々風花が舞いました(-4.1~1.7℃)。
 道沿いに、タヌキ(イヌ科)の足跡がありました。よれよれしたその跡を辿って行くと、谷から這い上がり、道を暫く尾根沿い行くと、反対側に下りて行き、そのまま笹藪に消えていました。ロシアの一部を含むアジア極東部にのみ自然分布し(移入されたものが東欧周辺にも分布)、日本では北海道~九州の山地~郊外の住宅地周辺にまで生息する(山林の開発により都市進出が進行)、体長約50-60cm、体重3-10kgの哺乳類です。体型はずんぐりして、足が短く尾は太く、体色は普通灰褐色で、目の周りや足は黒ずみます。夜行性で、単独や番で生活し、鼠、蛙等の小動物や鳥類や卵、魚類、ミミズ、ナメクジ、昆虫類や果実等植物質のものも採食します。青葉山では、巣穴や溜糞、足跡等が見られ、良く目撃もされています・・・
タヌキの足跡 凍った三階滝
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオバノイノモトソウ(大葉井許草)
2011/01/15(Sat)
  今朝は雪が4-5cm積り、日中は晴れ時々曇って一時雪も舞いました(-4.1~1.7℃)。
   水辺の崖に、オオバノイノモトソウ(イノモトソウ科)が生えていました。この辺りは、沢沿いのあちこちに株立ちしていて、雪こそ被ってはいるものの、蒼く艶々とした様は、南国のジャングルを髣髴させました。世界の主に熱~亜熱帯に広く分布し、日本では東北南部~九州の山地の林下や林縁に生育する、草丈20~60cmの常緑のシダ植物です。葉は株立ち状となり、羽状複葉で側羽片は3-7対。胞子を付けない葉の葉柄は毛を疎らに付け、栄養葉では曲がって垂れます。羽片の幅は1.5-3cmで、葉脈は所々で2叉して平行に走り、縁は不規則に波打ち、鋸歯があって先は半透明。胞子嚢を付ける葉は他の葉群から直立し、羽片の幅は1-1.5cmの線形で、縁は内に巻きます。名は、葉軸に翼があるイノモトソウ(井戸端に生える草の意)より大きい事に由ります。青葉山では、三居沢周辺等で見られます・・・
オオバノイノモトソウ 凍った沢
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウスタビガ(薄足袋蛾・薄手火蛾)の繭
2011/01/14(Fri)
  きょうは、大体晴れました(-2.8~3.1℃)。
  道端の木の枝にウスタビガ(ヤママユガ科)の繭が付いていました。淋しい景色の中に一際目立つ、鮮やかな若草色の輝きが眩しい程でした。何所にでも普通に見られた繭でしたが、今冬も又、当地では中々見かけません。大開発等、森の破壊・分断等が影響しているとも思われ、又復活して欲しいものです。ウスタビガの成虫は10-11月頃に出現し、開張は90~110mm。翅に一つずつ目玉状の半透明斑紋があるのが特徴です。雄の体色は暗褐~黄褐色で、雌は黄色、卵で越冬し、4月頃に孵化して成長し、6月頃に繭を作って蛹化します。幼虫の食草は、サクラ、コナラ他。繭は薄黄緑色の下が膨らんだ逆三角形状で、自らの糸で作った柄を繭の上部に繋いでぶら下がります。又、繭に水が貯溜まらない様に、下部に小穴が開いています。名は、「手火」は提灯の事で、枝に下がる繭の姿に由来するとか、「足袋」に似ている為、等と言われます。青葉山では、繭や成虫、幼虫も極普通に見られていましたが、近年激減している様です・・・
ウスタビガの繭 山上の茜雲
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオトビサシガメ (大飛刺亀虫)
2011/01/13(Thu)
  きょうは大体晴れて、時折雪が舞いました(-2.3~1.5℃)。
  赤松の幹に、オオトビサシガメ (サシガメ科)がいました。越冬中のヤニサシガメを見ようと覆いを取ると、大きなカメムシが、ゆっくりと脚を動かしていました。この寒さでも、逃げる元気はある様で、少しずつ上に登って行こうとするので、慌てて覆いを戻して、早々に退散しました。本州~九州の山地の日当たりの良い樹上や草上に生息する、体長20-26mmのサシガメの仲間です。成虫は5-11月に出現し、他の小昆虫を捕らえて体液を吸います(幼虫も同様)。口吻が鋭く、刺されると激しく痛み、後痒くなります。全身が茶褐色で大きく、脚も長いのが特徴です。成虫は、樹皮下や樹洞等で集団越冬します。青葉山では、越冬中の成虫が普通に見られます・・・
ヤニサシガメ(周りはヤニサシガメ) 霜柱
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サワグルミ(沢胡桃)の裸芽
2011/01/12(Wed)
 きょうは、雪の予報もありましたがほぼ晴れて、時折風花が飛ぶ程度でした(-3.5~6.0℃)。
 川岸のサワグルミ(クルミ科)の芽が、早くも開きかけていました。冬芽を暫く護っていた芽鱗をすっかり落し、フェルトの手袋状の裸芽を晒しながら、おずおずと四方に伸ばしかけていました。北海道~九州の、主として冷温帯の渓畔等山間の湿った場所に生育する、樹高30m程の落葉高木です。葉は大きく羽状複葉で、4-5月頃、淡黄緑色の単性花を密生した尾状の花序を垂らします。果実は2個の小苞が残った翼のある堅果を付けます。名は、沢に生える胡桃の意。材は黄白色の光沢があり、軽いのでマッチの軸、桶、経木、下駄 、リレーのバトン等に使われる他、日陰で湿った土地でも高木となって育つ為、治山用の植樹にも用いられます。青葉山では、広瀬川沿い等に見られます・・・
サワグルミの裸芽 穴滝と剣岩
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オシドリ(鴛鴦)
2011/01/11(Tue)
  きょうは良く晴れて、時折風花が舞いました(-4.2~3.2℃)。
広瀬川沿いの沢に、オシドリ(カモ科)がいました。雌雄連れ合って、水辺に残る緑草や草の実を食んでいました。時々周りを見回しながら、雄が少しずつ動くと、雌も同じ様に動き、何時の間にか川に消えて行きました。北海道~沖縄の、亜高山~低地で生息・繁殖する留鳥である他、ロシア沿海地方、サハリン、中国北部等で繁殖する者は、日本や中国南部で越冬する渡り鳥でもあります。非繁殖期は群れで生活し、山地の渓流、湖沼等で見られます。雄は三列風切が橙色の銀杏型で帆状に立ち、白い眉斑は大きく、頬~首が橙赤色。嘴は赤く、長い冠羽を持ちます。雌は灰褐色で、胸と脇に白の斑点があります。嘴は灰黒色で基部は白く、目の周りが白く、その後ろに白線が伸びます。水草や植物の種子、穀物等を食べますが、特に団栗を好んで食べるのが特徴です。青葉山では、東北大キャンパス予定地の大池や、五色沼周辺等が営巣・繁殖地として知られていますが、大池は工事で無くなってしまいました・・・
オシドリ♀♂ 三日月
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガカイモ(蘿藦、鏡芋) の果実(莢)
2011/01/10(Mon)
 今朝は又雪がうっすら積っていましたが、日中は良く晴れました(-3.0~1.7℃)。
 道端のフェンスに、ガカイモ(ガガイモ科)が絡まっていました。果実は、既に種子が飛び去っていて、名の由来通りの鏡面を見せて、兎の耳の様に、青空にVサインを掲げていました。朝鮮、中国等東アジアに広く分布し、日本では北海道~九州の山野の、日当たりの良い草原や道端等に生育する蔓性多年草です。葉は心臓形で対生し、蔓は右巻きに伸び、茎葉を傷付けると乳液が出ます。夏~秋に、葉腋から出た集散花序に淡紫~白の花を付けます。果実は長さ10cm程の長い紡錘形の袋果で、種子には毛があって、風で遠くまで散布されます。青葉山では、藪地周辺等の所々で見られます・・・
ガガイモの果実(莢) 雪の坂道
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一月観(視)察会
2011/01/09(Sun)
 きょうは、新年最初の観(視)察会。一面の銀世界の中、本当に清々しい「初歩き」になりました。未明からの雪がはらはらと舞う中、いつもの見慣れた筈の道を進みますが、雪があるとやはり何か違います。栃も欅も山茶花も、粉砂糖を被ったようで、美しく輝いています。今回も、マイマイガやオオカマキリの卵嚢、イラガの繭を見たり、冬越しするテントウムシを観察しながら森に入ります。入口でキツネのものと思われる糞を見つけると、案の定?その足跡が森の奥へと続いていました。先月見たマンサクは、この寒さに縮こまってはいましたが、何輪も綻びかけていました。モズの早贄は、先月見付けたミヤマフキバッタが無くなっていましたが、他に別のフキバッタが枝に刺さっていました。やはりモズか、別の鳥が食べてでもいるのでしょうか? その後、折角の「初歩き」なのですから「目出度いもの」を!と、ヤブコウジやツルアリドオシ、ツクバネ、シシガシラ、ハナワラビ、ケサランパサラン!(ハンショウヅル)に松、竹、梅・・・を辿ったり、対岸の雪景色を堪能したりもしました。
冬越しのテントウムシ 雪の森を行きます ツルアリドオシ 先月の再現ですか・・・
 花では他に、ハンノキ、ケヤマハンノキ、ツノハシバミ等の雄花が無数に下がっていた他、シュンランの花芽が膨らんでいました。果実では他に、ウメモドキ、サルトリイバラ、ヤブムラサキ、ヤマノイモ、ノダケ、オオバジャノヒゲ、イヌツゲ、ヘクソカズラ等が目立っていました。キノコでは、何箇所かにキヒラタケやカワラタケ、ヒイロタケ等。シダ類では、ジュウモンジシダやオクマワラビ等が見られました。動物達の痕跡は、新雪上に足跡は余りありませんでしたが、カモシカの食痕や角擦り痕、木肌に付く動物達の爪痕、リスや野鼠の生活痕、食痕等が見られました。野鳥では、混群を作るシジュウカラ、ヒガラ等の他、ウソやカワラヒワの小群、コゲラ、ヒヨドリ、トビやカラス達等が見られました。アカマツの幹には、ヤニサシガメやクモ達がしっかり越冬していていました。又、通り過ぎてしまって、参加のご夫婦に後で案内して頂いた、緑鮮やかな虫は、最初はモズの早贄と思いこんでいましたが、良く見れば、お尻の管が樹皮に刺さっていて、ヤマクダマキモドキの雌が産卵中に、何かの原因で、そのまま死んでしまったものだと判りました。憶測が違っているかも知れませんが、森のドラマの一端を垣間見る様で、とても感動しました。
展望台からの眺め みんないいお顔ですが、何故あやとりが…. ♪LOVEは世界の言葉♪ ヤマクダマキモドキ
 その後は、管理センターでささやかな新年会があり、それぞれの青葉山への思いや願い等を話し、ボイストレーニングをして歌を歌ったり、お年玉争奪戦?をしたり、又周囲の自然観察をしたり、又お話したりした後、散開しました。今年こそ、仙台や青葉山や、ここに暮らす多くの生物達にとって、幸い溢れる年になって欲しいと思いました・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマノイモ(山の芋)の果実
2011/01/08(Sat)
 きょうは、晴れ時々曇りました(-0.9~5.0℃)。  
 藪に絡まるヤマノイモ(ヤマノイモ科)の蔓に、果実が下がっていました。と言うより、艶々した矢羽根や軍配、ハートにも見える果の帯が、真青な空へと立ち上っている様でした。本州~九州の他、朝鮮、中国等の山野に生育する、雌雄異株の蔓性多年草です。5-10cmの葉は対生し、両面無毛で基部は心形の細長いハート型。7-8月、白い花を房状に付け、雌花序は垂れ下がり、雄花序は上に向かって伸び、多数の花を付けます。果には大きい三陵があり、其々の陵中に種子を含みます。種子以外に、葉腋に発生するむかご(珠芽)によって栄養生殖します。地下には一本の芋を地下深くへ真直ぐに伸ばし、1mを超えることもあります。別名は、ヤマイモ、ジネンジョ(自然生、自然薯)等。青葉山では、林縁や藪地等に普通に見られます・・・
ヤマノイモの果実 林間から望む大東岳
  明日(1/9(日))は、今年初の定例観(視)察会です↓。雪景色を眺めつつ、動物達の痕跡、冬越しする昆虫達、冬芽や虫瘤等を観察します。「お目出度いもの」も沢山見つけられたら、と思います。
  解散後には、管理センターでささやかな新年会を行います。
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キヒラタケ(黄平茸)
2011/01/07(Fri)
 今朝は雪が数cm積もり、午後は晴れ間もありましたが風雪の一日でした(‐3.7~1.3℃)。
 赤松の切株に、キヒラタケ(ヒラタケ科)が生えていました。雪を被っているとは言え、琵琶色のふかふかのセーターが、とても暖かそうでした。夏~秋、全国の広葉樹、針葉樹の倒木、朽木上に多数重なり合って発生する木材腐朽菌です。傘は径1-8㎝で、半円~腎臓形かほぼ円形で柄は無く、傘の横や背面で木に付着し、縁は内側に強く巻きます。表面には毛が密生し、鮮黄~淡黄色。襞は橙黄色で、密~やや疎。肉は柔らかく強靭で黄色っぽく、乾けば殆ど白くなります。食不適(無毒)。青葉山では、様々な枯木等に普通に見られます・・・   
キヒラタケ 風雪吹きつける北斜面
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボクトウガ(木蠹蛾)の幼虫の木屑糞
2011/01/06(Thu)
  きょうは、曇り時々晴れて一日中小雪が舞い、朝と晩にはうっすら積りました(-1.1~3.0℃)。
  木の根元に、木屑状のものが大量に積み重なっていました。お茶漬けの霰にも見えますが、これはボクトウガ(ボクトウガ科)の仲間(他にオオボクトウ、ヒメボクトウ等)の幼虫の仕業で、木の中を穿孔しつつ進み、食べた材を木屑糞にして外に押し出した跡でした。一粒取って匂いを嗅ぐと、やはり木屑の香りでした。ボクトウガは北海道~九州の樹林に生息し、成虫は開張40-60mmで、6-7月に出現し、主に夜間に活動します。体長40-55mmになる幼虫は材内に穿孔し、樹幹外部に樹液と混ざった木屑と糞を排出します。自分が造った穴から樹液が染み出て醗酵すると、穴の出口に潜んで、そこに集まる昆虫を捕食します。又、食べ進んだ穴の中にはクワガタムシが棲みついて、その産卵木にも成ります。名の「蠹」は、「むしばむ」「そこなう」「きくいむし」の意。青葉山では、各種広葉樹の根元に木屑糞が普通に見られます・・・
ボクトウガの幼虫の糞(幹の右上等に穴が) 舞い散る雪
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤブコウジ(藪柑子)
2011/01/05(Wed)
   きょうは大体晴れて、夜に氷雨や雪になりました(-0.2~9.1℃)。
  檜林の外れに、ヤブコウジ(ヤブコウジ科)が生えていました。10畳程はある群落の、多くの小樹の其々に、艶々した真赤な実が、熟れた桜桃の様に光っていました。東アジアに広く分布し、日本では北海道~九州の常緑広・針葉樹林域の森に生育する、樹高10-20cm程の常緑小低木です。土中に地下茎を発達させ、所々から地上茎を立ち上がらせて、葉を輪生状に付けます。葉は両面無毛で両面とも光沢があり、小鋸歯があります。6月末~7月、径7㎜程の白花(時に淡紅色の花)を下向きに付けます。冬に液果を赤く熟したものは正月の縁起物とされ、マンリョウ(万両)、センリョウ(千両)、カラタチバナ(百両)、ツルアリドオシ(一両)と並べて「十両」とも呼ばれます。地下茎で増えて行くので大群落を形成し、野鳥等の厳冬期の貴重な食料にも成っています。大工事と自然破壊が続く青葉山ですが、今年はせめて藪柑子程の幸が齎される事を、願いたいものです・・・
ヤブコウジ 泉ヶ岳を望む
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマドリ(山鳥)
2011/01/04(Tue)
 きょうは、晴れ時々曇りでした(-1.4~7.0℃)。
 沢沿いの藪影に座っていると、その藪の奥を「グーッ、グーッ」と言いながら!!!何かが近付いて来ます。思わず振り返ると、突然ドドッ、バササッと、真紅な大鳥が飛び立ちました。正に「火の鳥」、雄のヤマドリ(キジ科)です。その後、地味な雌も、間隔を置いて次々に飛んで行きました。日本固有種で、本州~九州に分布し、本亜種ヤマドリの他、コシジロヤマドリ、シコクヤマドリ、アカヤマドリ、ウスアカヤマドリの5亜種があります。本亜種ヤマドリは、全長雄125cm、雌55cmで、雄は全身が赤褐色で尾は1m程にもなり、灰白色で黒と赤褐色の横帯があり、眼の周囲は赤い皮膚が裸出します。雌は赤味は薄く、尾は短。食性は植物食傾向の強い雑食。一夫多妻。鳴くのは稀ですが、雄は翼を打ち鳴らして(幌打ち)求愛します。名は、山に棲む鳥の意。青葉山では、谷筋等の藪地で一年中普通に見られ、母衣打ちの音も良く聞かれます。当地の最代表種であるにも関わらず、中々雄の良い写真が撮れず(下の写真も♀)、昨年発刊の「ガイドブック」に載せられなかったのは本当に残念でした。何時の日か、「完全版」を出したいものです・・・
ヤマドリ 夜景
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハンノキ(榛の木)林
2011/01/03(Mon)
  きょうは、晴れて穏やかな一日でした(-0.8~7.4℃)。
  沢沿いに、ハンノキ(カバノキ科)の林がありました。殆ど泥濘状の湿地の中に、何本も大きな木が佇んでいて、見上げれば、毛細管の様に繊細な枝々には、臙脂の花穂や黒い球果が無数に揺れていました。日本全国の他、朝鮮、中国東北、ウスリー等の山野の湿原や沼沢地に生育する、樹高15-20m程の落葉高木です。暗灰褐色の樹皮は割れて剥がれ、長さ5-13cmの葉は卵状長楕円形で、基部は楔型で先が尖ります。1-3月頃に、葉に先立ち単性花を付け、黒褐色の雄花穂は尾状に垂れ、その下部に紅紫色を帯びる楕円形の雌花穂が付きます。10月頃、松毬状の果実が熟します。青葉山では、湿地や沢沿いに小林を作っています・・・
ハンノキ林 光る雲
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テン(貂)
2011/01/02(Sun)
 大晦日の朝、雪の中を走るテン(イタチ科)を見ました。一瞬の事でしたが、黄金に輝く線形の体躯と、真白い顔が眼と胸に強烈に焼き付きました。北海道~九州と朝鮮南部の、主に奥山に生息し(亜高山帯~山地)、小動物、昆虫、甲殻類の他、ノウサギ・キジ・ヤマドリ等も襲い、果実類も好みます。体長44-55㎝、尾長17-23㎝、体重0.9-1.5kg。広い行動圏を持ち(数千haの記録も)、岩の隙間や樹洞を巣にします。3亜種(ホンドテン、ツシマテン、コウライテン)があり、基亜種ホンドテンは、夏季の体色は赤褐~暗褐色で、顔や四肢は黒くて尾先が白く、喉~胸部が橙色ですが、冬毛は体色が黄~黄褐色で頭部が白いキテン(東北等の主に寒冷地のもの)と、赤褐~暗褐色で頭部が灰白色のスステン(四国、九州等の主に暖地のもの)とに分かれます。前者は、哺乳類中最も美しいとも言われます。青葉山では全域で、糞や足跡等の痕跡が普通に見られ、良く目撃もされています・・・(写真は三居沢の自動カメラで撮影されたもの)
テン

この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる