FC2ブログ
>
キイロスズメ(黄色天蛾・黄色雀蛾)
2011/08/01(Mon)
  きうは、大体曇って肌寒い1日でした(18.6~21.8℃//0.18μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、西風)。
  道沿いの藪に、キイロスズメ(スズメガ科)がいました。格好の良い流線形の体は、高音速機やSシャトルを思わせましたが、黄色と言うより緑だな、と思いながら下から覗くと、翅裏がしっかり黄色でした。本州~沖縄の山野に生息する、開張80-105mmのスズメガです。成虫は5-10月に2回出現し、体色は茶褐色で、腹部の両側に鮮やかな黄色帯があり、前翅前縁部や背面は緑色を帯びます。灯火に良く飛来します。幼虫は、ヤマノイモ、オニドコロ、ナガイモ、サトイモ等の葉を食べます。蛹で越冬。宮城県が北限生息地で、嘗ては普通に見られましたが、誘虫性の強い水銀灯等の影響で激減し、県のレッドリストで準絶滅危惧(NT)に指定されています・・・
キイロスズメ 空蝉.
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
ゆきかえる