>
ニラ(韮)の花
2015/08/31(Mon)
  きょうは、雨が降ったり止んだりでした(18.6~21.3℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北北西風)。
  草原に、ニラ(ヒガンバナ科)の花が咲いていました。雨に打たれながら白銀の星花が、水滴にきらきら輝いていました。アジアに広く分布し、日本では全国に生育する多年草ですが、古代に帰化、元々自生していた等諸説あります。鱗茎は小さく、棕櫚状の毛に包まれ、横に連なります。葉は長さ20-30㎝の線形で、葉身は扁平。8-10月、30-50㎝の花茎を伸ばし、先端の散形花序に白い小花を多数付けます。花被片は長さ5-6㎜の狭長楕円形で先が尖ります。秋に蒴果を生し、1室に1-2個の種子が入り、熟すと3裂し、長さ3.5㎜程の黒い扁平な種子を出します。 青葉山周辺では、民家跡等に見られます・・・
  その近くには、ミントの原が広がっていました・・・
ニラ ミント原
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノブドウ(野葡萄)の花と果実
2015/08/30(Sun)
   きょうも、一日雨降りでした(18.5~20.0℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
  道端のノブドウ(ブドウ科)に、花が咲き、実が生っていました。もう、大きく色とりどりの実が沢山あったので近寄ると、小さく黄色い星の様な花が、雨に濡れて光っていました。北海道~沖縄の他、中国、サハリン、クリル等東アジア一帯の山野に生育する蔓性多年草です。巻鬚を絡めながら生長し、葉は径4-12㎝の円形で3-5裂します。8月頃、淡緑色で花弁5、雄蘂5の小花を付けます。9-11月、径7mmの球形で淡紫~空色の果実を熟しますが、ノブドウミタマバエ等が入り虫癭を作ると、膨れて様々な色に変わります。青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・
ノブドウ 流れる霧
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミソハギ(禊萩)
2015/08/29(Sat)
   きょうも、一日雨降りでした(18.3~21.0℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
   草原のミソハギ(ミソハギ科)が、咲き残っていました。この原の家も3軒だけになって、駐車場だの何だのとできて、当種が見られるのもほんの一角になっていますが、それでも咲き続ける中紅の花々が目に染みました。日本の本州~沖縄の他朝鮮等の、湿地や田の畔等に生育する、高さ50-100cmの多年草です。全体に無毛で、茎は上部に行く程四角い断面となり、不明瞭な稜があります。葉は長さ数cmで細長く、対生で交互に直角方向に出ます。6-8月下旬、茎先の葉腋に紅紫色の花を次々と付け、6枚の花弁は皺がよります。青葉山周辺では、民家周辺等に見られます・・・
ミソハギ お城の崖
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツルマメ(蔓豆)
2015/08/28(Fri)
  きょうは雨後曇って、薄日も射しました(18.3~22.8℃//0./16μSV/h八幡1屋外高さ1m//0.11μSV/h屋内21:00、南東風)。
  道端に、ツルマメ(マメ科)が咲いていました。足元の草々に蔓を巻かせて、叢に、愛らしい薄紅の小花を鏤めていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、シベリア等の明るい草原等に生育する、蔓性一年草です。全体に粗毛があり、茎は細く他物に巻き付き、長く伸びて繁茂します。葉は狭卵~被針形の3小葉からなり、先は円頭~やや尖ります。8-9月、葉腋から総状花序を出し、長さ5-8mmの淡紅紫色の蝶形花を付けます。豆果は長さ2.5-3cmで、小さな枝豆に似ています。大豆は、当種から改良されたものと言われます。別名はノマメ。青葉山では、草地等に普通に見られます・・・
ツルマメ 評定河原から
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒメカバイロタケ(姫樺色茸)
2015/08/28(Fri)
   きょうは、曇り時々雨になりました(17.6~21.2℃//0./16μSV/h八幡1屋外高さ1m//0.11μSV/h屋内21:00、北東風)。
   赤松の倒木に、ヒメカバイロタケ(クヌギタケ科)が生えていました。霧雨に濡れて、寄せ返す波の様に、黄金の光を放っていました。北半球の暖帯以北に広く分布し、日本ではほぼ一年中(特に夏~秋)、北海道~沖縄の山野の朽ちかけた針葉樹の切株や倒木、立枯れ木等に群生します。傘は径0.8-2㎝程の釣鐘又は半球形から開いて少し平らになり、良く中央部が臍状に窪み、暗橙褐~橙黄色で周辺部は淡色、湿時には周縁に条線を生じますが、乾くと消えます。傘肉は極薄い紙質で、乾いても吸湿すれば復元します。柄は中空で、長さ0.5-1㎝、径1-1.5㎜程の強靭な軟骨質で、上部は暗赤褐色、下方に向かって黒褐色となり、基部には時に橙褐色の毛が散在します。無毒とされますが食用には向きません。青葉山では、朽木等に普通に見られます・・・
ヒメカバイロタケ 岩屋の岸辺
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジャノメチョウ(蛇の目蝶)
2015/08/26(Wed)
   きょうは、曇り時々時雨が降りました(17.5~22.4℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
   草原に、ジャノメチョウ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)がいました。ひらひらとゆっくり飛んでいましたが、ウツギの灌木に止まると、独楽の様な実に縋って、傷んだ翅を休めていました。ユーラシア大陸の温帯域に広く分布し、日本では北海道〜九州の高原〜低地の林縁や明るい草原に生息する、前翅長28-42mmのジャノメチョウ科を代表する蝶です。成虫は7-9月に出現し、草原等をフワフワと飛び、葉に止まったり、花で吸蜜している事が多く、人が近付こうとすると直ぐ飛び立ってしまいます。体色は茶色く、♀は♂より地色が淡く、眼状紋が大きく、また後翅裏面に♂より明瞭な白線が現れる事が多い様です。 幼虫の食草は、ススキ、コメススキ、ショウジョウスゲ等、イネ科植物、カヤツリグサ科植物です。名は、勿論「蛇の目」模様に由来します。青葉山では、草原等に見られます…
ジャノメチョウ 森の草原
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メマツヨイグサ(雌待宵草)
2015/08/25(Tue)
  きょうは曇って、一時小雨が降りりました(17.5~21.8℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東北東風)。
  川沿いの道端に、メマツヨイグサ(アカバナ科)が咲いていました。曇空でも月が待ち遠しいのか、檸檬色の顔をして宵待ちしていました。全国各地の道端や空地等に生育する、高さ1-2mの2年草です。世界に広く分布し、日本には明治中期に渡来した北米原産の帰化植物。茎は直立し長楕円~披針形で、互生する葉には浅い鋸歯があり、中央脈が赤くなる傾向があります。7-9月、茎先に径3cm程の黄花を咲かせます。花弁4枚、雄蘂8、雌蘂1で、長い花柱の先は4裂し、萼片は4枚で開花時には下方に反り返ります。花は萎むとやや橙色を帯びますが、マツヨイグサの様に赤くはなりません。萼下部は筒状で、基部に長楕円形で長さ2.5cm程の果実ができます。青葉山では、車道脇等に見られます・・・
メマツヨイグサ 賢淵から
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オカモノアラガイ(陸物洗貝)
2015/08/25(Tue)
     きょうは、曇り時々雨が降りました(18.4~23.4℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東北東風)。
    道端の草叢に、オカモノアラガイ(オカモノアラガイ科)がいました。体全体が透明で綺麗なのですが、枯茎を這う腹足は、天使の羽の様に広がって、それは美しいものでした。北海道〜関東の山野の水辺付近にのみ生息する、殻高22-25㎜の陸生巻貝です。 蝸牛の仲間で、成虫は4-11月に出現し、主に朽木、落葉等の腐植物や虫の死骸等を餌にしている掃除屋で、 幼虫は陸生ホタル類の餌ともなっています。名は、水生巻貝のモノアラガイ(モノアラガイ科/水生・苔食で「水槽等を綺麗にする貝」)と貝殻の形状が似ている事に由来しますが、分類の異なる全くの別種です。尚、この仲間の貝殻は全て実巻きです。 青葉山では、草叢等に普通に見られます…
オカモノアラガイ ヤマセミの消えた川
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オナガサナエ(尾長早苗)
2015/08/24(Mon)
   きょうは、雨後曇りました(20.8~22.7℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北東風)。
   川岸に、オナガサナエ(サナエトンボ科)が止まっていました。何故か、何時もの場所に何時もの様に居て、近寄ると何処かに消えて、暫くすると、又同じ所に止まっていました。本州〜九州の低山地〜平地の川等に生息する、体長60㎜、開張74㎜の日本特産の早苗蜻蛉です。成虫は5~9月に出現し、若い者は、水辺を離れて周辺の林等で生活し、成熟すると戻って来ます。河川中流域の河原の石上や枝先等にじっと静止しています。未熟期は複眼が褐色ですが、成熟すると澄んだ緑色に変わります。産卵は雌が単独で、空中でホバリングをしながら行います。幼虫は河川の中流域の石に掴まって生活します・・・
オナガサナエ 川と森
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムラサキニガナ(紫苦菜)
2015/08/22(Sat)
    きょうは、雨が降ったり止んだりでした(22.1~27.9℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東北東風)。
    道端に、ムラサキニガナ(キク科)が咲き残っていました。小さく窄んだままの一輪でしたが、雨中の薄暗がりの紫花は、ウラル石の様に輝いて見えました。本州~九州の山地の林縁等に生育する、茎高0.6-1.2mの多年草です。葉は互生し、普通下部では羽裂しますが、上部は小さく披針形になります。6-8月、茎先に花を付け、紫色の頭花は径1cm程で円錐花序に多数付いて、下向きに咲きます。総苞は長さ約1.2cm、内片はやや線形で7-8個あり、花柄にに腺毛があります。痩花は披針形で黒く、長さ3-3.5mmで、細い肋があり、冠毛は白。青葉山では、林縁等の所々に見られます・・・
ムラサキニガナ 青葉山城
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマナメクジ(山蛞蝓)
2015/08/21(Fri)
    きょうは、雨時々曇りでした(21.5~26.1℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。  
   木の幹に、ヤマナメクジ(ナメクジ科)がいました。雨降りに元気が出たのか、艶々した大きな体を捻らせ乍ら、何処までも登って行く様でした。本州~九州の山地に生息する、体長130-200mmの巨大なナメクジの仲間です。4-11月に出現し、茶褐色で、黒褐色の縦筋模様があり、山地の樹幹や石の下等で見られます。雌雄同体なので単独でも受精、産卵は可能。環境の良い森を代表する生物の一つで、キノコや、腐葉等を食べて暮します。青葉山でも普通に見られ、中には20cm以上もある大物も見られます・・・
ヤマナメクジ 檜林
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コマツナギ(駒繋) 
2015/08/20(Thu)
  きょうは、曇り時々晴れました(19.6~26.9℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南南東風)。
  河原に、コマツナギ(マメ科)が咲いていました。枯草混じりの草原に、桃色の花群れが鮮烈でした。北海道~九州の山野に生育する、高さ50-90cmの落葉低木です。葉は奇数羽状複葉で、長さ8-20mmで長楕円形の小葉は4‐5対あります。6~9月、葉腋から円錐花序を出し、淡紅紫色で長さ4mmの蝶形花を咲かせます。豆果は長さ約3cmの円柱形。名は、茎は丈夫で根は地中深く張り、とても強靭な事から、これに駒(馬)の手綱を繋いだ事に由来します。青葉山では、車道周辺等に普通に見られます・・・
コマツナギ 河原
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴイサギ(五位鷺)
2015/08/19(Wed)
   きょうは、晴れ時々曇って暑くなりました(22.3~30.3℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、西北西風)。
   川の石の上に、ゴイサギ(サギ科)がいました。礼服を身に纏い、魚を捕る様子もなく、赤い目をして佇んでいました。ユーラシア~アフリカ、南北アメリカ等に広く分布し、日本では本州以南の河川、湖沼、湿原、海岸等に周年生息し(留鳥)、夏には北海道に飛来(夏鳥)します。冬に南に移動する個体もあります。全長58-65cm、翼開長105-112cmで、上面は青みがかった暗灰色で、下面は白い羽毛で被われます。虹彩は赤く、眼先は青みがかった灰色の皮膚が露出しています。嘴は黒く、後肢は黄色。幼鳥は上面が褐色の羽毛で被われ、黄褐色の斑点が入り、下面は汚白色。虹彩は黄色がかったオレンジで、眼先は黄緑色の皮膚が露出します。繁殖期には後頭に白い羽毛が3本伸長(冠羽)し、後肢の色彩が赤みを帯びます。単独か小群を形成して生活し、夜行性で、日中は主に樹上に集団で休みます。魚類、両生類、昆虫、クモ、甲殻類等をを捕食します。4-8月の繁殖期には集団繁殖地(コロニー)を形成します。青葉山では、広瀬川沿いで見られますが、近年は河川管理工事等で繁殖地が撤去され減少しています・・・
ゴイサギ きょうも夏
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クズ(葛)
2015/08/18(Tue)
   きょうは、昨日の大雨が上がり、晴れ時々曇って暑くなりました(22.1~33.0℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、西南西風)。
   道端のクズ(マメ科)に、花が咲いていました。紅紫の花々の群れる、むっとする笹薮の覆いの下は、怪しげとも思える葡萄酒の香が噎せる様でした。北海道~九州の他、中国~東南アジアに広く分布する蔓性の多年草です。葉は3出複葉で、小葉は草質で幅広く大きく、地面を這う蔓は、節から根を出して根付きます。根は非常に深く、長芋状になります。8-9月、穂状花序が立ち上がり、赤紫の豆花を咲かせます。果実は枝豆に似て、やや小型。根から取れる澱粉(葛粉)は葛根湯になり、茎の繊維からは葛布も作られます。青葉山では、藪地等に普通に見られます・・・
クズ 真夏戻る
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウスバキトンボ(薄羽黄蜻蛉)
2015/08/17(Mon)
   きょうは、一日雨が降りました(22.5~25.6℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、南南東風)。
   ウスバキトンボ(トンボ科ハネビロトンボ亜科)がいました。雨に打たれながら、破れた透明な翅を、ぶるぶると震わせていました。全世界の熱帯・亜熱帯で見られる体長44-54mmの中型の蜻蛉で、日本には初夏の頃に渡来し、沖縄〜北海道と北に分布を広げ、その後越冬できずに死滅します。名の通り、翅は薄く透明で、全身が薄黄褐色で、腹部の背中側に黒い縦線があり、それを横切る様に細い横縞が沢山あります。肉食性で、蚊等の小型昆虫を空中で捕食します。秋の訪れを告げる様に、お盆頃に成虫が沢山発生するので、「精霊とんぼ」「盆とんぼ」等とも呼ばれます。青葉山周辺では、夏〜秋に普通に見られます…
ウスバキトンボ 放山
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ササゴイ(笹五位)
2015/08/16(Sun)
   きょうは、曇り後晴れました(21.5~29.9℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、南東風)。
   川に、ササゴイ(サギ科)がいました。頭を低くしながら、鋭い眼差しで抜き足差し足、ツツーッと進んだかと思うとパクッ、等と獲物(小魚)を追い続けていました。アフリカ、南北米、ユーラシア南〜東、インドネシア、オーストラリア、パプアニューギニア、フィリピン、マダガスカル等に分布し、日本では夏に本州〜九州に飛来し(夏鳥)冬に九州以南で越冬(冬鳥又は留鳥)。全長40-52㎝、翼開張62-76㎝。後頭に数本の羽毛が伸長し、羽衣は青灰色、喉に白い縦縞が入り、額〜後頸に青緑色がかった黒い羽毛で被われます。眼先は黄色い皮膚が裸出し、雨覆は青緑色がかった黒褐色で風切羽は黒褐色で羽毛外縁(羽縁)は白。虹彩は淡黄色で嘴は細長く黒いく、後肢は短く黄色い。幼鳥は羽衣が濃褐〜黒褐色で下面の羽衣が白く、下面には褐色の縦縞、翼に白斑が入ります。繁殖期には眼先が青くなり、後肢が赤みを帯びます。名は、白い羽縁が笹葉に見えることに由来ともいわれます。山地〜低地の河川や湖沼に飛来し、近くの樹上で繁殖します。 飛ぶと首を縮めながらキューゥと鋭く鳴きます。小枝や葉等の疑似餌を使って魚を誘き寄せる「蒔餌漁」をするものも知られています。青葉山周辺では、広瀬川の堰等で見られます…
ササゴイ 市民会館から
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツクツクボウシ(つくつく法師、寒蝉)
2015/08/15(Sat)
  きょうは、曇り後晴れました(21.5~29.9℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、南東風)。
  何処からか、ツクツクボウシ(セミ科)が飛んで来ました。青肌の木に止まると徐に、シクシク、シクシク泣き始めました。東アジアに広く分布し、日本では北海道〜九州の山地〜平地の森林、所により市街地周辺にも生息する、体長(翅端まで)40-47㎜の小型の蝉です。成虫は7-10月に出現し、細身で黒っぽく、緑色の斑紋があります。警戒心が強く動きも素早く、姿を見る事は比較的難しい。雄は、陽が傾き始めた頃から日没後位まで「オーシィ・ツクツク・オーシィ…」という鳴き声で有名で、夏の終わり頃に個体数が増えて鳴声が目立つようになるので、秋を告げる蝉とされます。南方系の蝉とされますが、温暖化の所為もあり、北日本では増加傾向にあると言われます。青葉山では、鳴声は何処でも普通に聞かれます…
ツクツクボウシ 晴れ
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロイトトンボ(黒糸蜻蛉)
2015/08/14(Fri)
   きょうは、雨が降ったり止んだりでした(21.0~25.5℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:⁰0、南東風)。
   沼に、クロイトトンボ(イトトンボ科)がいました。、雨の中、青空を思わす尾端を震わせながら、蓮葉の上に止まっていました。北海道〜九州の丘陵〜平地の水草の多い池等に生息する、体長27-37mmのイトトンボです。成虫は4-11月に出現し、名の通り全体に黒っぽく(日本産イトトンボの中で最も黒味が強い)、胸部側面と腹部の先が青いのが特徴です。成熟した雄は胸の横が粉をふいたように白くなり、、雌は白粉を装いません。青葉山では、池沼周辺で普通に見られます…
クロイトトンボ 街の眺め

この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツルリンドウ(蔓竜胆)の花
2015/08/13(Thu)
    きょうは、一日雨降りでした(22.0~23.7℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
    道端に、ツルリンドウ(リンドウ科)の花が咲いていました。薄紫の花が雨に濡れて、氷菓の様に涼しげでした。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン、クリル等の亜高山~山地の林内や草原等に生育する、蔓性多年草です。蔓は地面を這ったり草木に絡んで長さ40-80mになります。葉は対生し、卵状三角~広披針形で顕著な3脈が目立ち短い柄があります。8-10月、葉腋に淡紫色の鐘状の5裂した花を付け、裂片は三角形で、裂片間には小副裂片があります。後に、楕円状球形で紅紫色の液果が花弁の先に実ります。青葉山では林内に普通に見られます・・・
ツルリンドウの花 雨ふり止まず
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)の雌
2015/08/12(Wed)
   きょうは晴れたり曇ったりで、晩方に一時雨が降りました(22.9~30.0℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00/北北西風)。
  沼の畔に、シオカラトンボ(トンボ科)がいました。雨の中、青い雄は飛んでいましたが、保護色・麦藁色の雌(別名ムギワラトンボ)は、何かに耐える様、草叢にじっと止まっていました。北海道~沖縄の他、ロシア、中国、朝鮮等の、山地~平地の湿地や溜池、田圃等に生息する、体長49-60㎜の中型のトンボです。成虫は、4月中〜10月頃に出現し、雄は老熟するにつれて体全体が黒くなり、胸部〜腹部前方が灰白色の粉で覆われ、この粉を塩に見立てたのが名の由来です。雌や未成熟の雄では黄色に小黒斑が散在。稀に雌でも雄と同じ「シオカラ型」になりますが、眼は緑(雄は青)。成虫・幼虫共に肉食。体色は、幼虫(ヤゴ)で越冬し、10齢以上を経て羽化するとも言われます。青葉山では、周辺池沼等で、普通に見られます・・・
ムギワラトンボ(シオカラトンボの雌) 斜面を見下ろす
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キキョウ(桔梗)
2015/08/11(Tue)
  きょうは晴れたり曇ったりで、暑くなりました(23.0~30.2℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00/北東風)。
  草原に、キキョウ(キキョウ科)が咲いていました。草叢に埋もれながらも、正に桔梗色の花が、ぽつぽつと輝いていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、ウスリー等の、山野の日当たりの良い場所に生育する、高さ40-100cm程多年生草本です。黄白色の根は太く、葉は互生で長卵形で鋸歯があり、下面はやや白みがかります。袋状の蕾が緑から徐々に青紫に変わり裂けて6-9月に星型の花を咲かせます。雌雄同花ですが雄性先熟で、雄花期、雌花期があります。花冠は広鐘形で5裂、径4-5cm、雄蕊・雌蕊・花弁は各5本。開発等の環境悪化や盗掘等により激減し、環境省レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)、宮城県版では絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)に指定されています・・・
キキョウ 車道沿いの沢
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミンミンゼミ(みんみん蝉)
2015/08/11(Tue)
   きょうは晴れ時々曇って、又暑くなりました(24.0~31.0℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
    ミンミンゼミ(セミ科)が鳴いていました。あちこちで、他の蝉と共に蝉時雨を成していましたが、何と言ってもこの声が、何処までも一番響き渡っていました。北海道南部~九州の他、朝鮮、中国等の、山地~平地の広葉樹林を中心に生息し、アブラゼミ等と比べて暑さに弱く、北東日本では平地でも普通に見られますが、南西日本ではやや標高が高い山地に生息しています。成虫は7-9月上旬頃に発生し、体長33-36mmで、黒地に緑、白、水色の斑紋があります。他種に比べて体が卵形に近いのも特徴です。サクラ、ケヤキ等の木を好み、良く止まります。青葉山では、夏を通して普通に見られます・・・
ミンミンゼミ 川と小杜
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
八月観察会
2015/08/10(Mon)
  きょうは第2日曜の観(視)察会の日。と言っても、2・8月は「会」としてはお休みなので、今回も有志で歩きしました(雨後晴れ/24.6~25.0℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南南東風)。長らく続いた記録的な猛暑とは打って変わっての、とても涼しくて、時々霧雨の降る中の「記録会(2・8月は記録と確認が主)」です。睡蓮の咲く池端には、ショウジョウトンボやシオカラトンボ、クロイトトンボ等がじっと止まっています。道沿いには、香り立つクサギやクズの花、ウワミズザクラの赤い実がとても目立ち、シロテングタケやシロハツ等が並び、清々しいコバギボウシも沢山咲いていました。森の中は薄暗くも、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ等の蝉時雨が聞かれ、中でもエゾゼミの声がピーッビーーッと大きく響きます。樹液の木には、アオカナブンやクロカナブン、カナブンやコクワガタ、ヨツボシオオキスイ、クロヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、オオスズメバチ、ムネアカオオアリにそれらを狙う?ネコ等が見られました。咲きかけていたヤマジノホトトギスや終わりかけのクルマユリ等がすっかり刈り払われていたのにはがっかりしましたが、それでも残った数本の花には感動させられましたし、何ケ所かにあった猛禽の食い残し(ヒヨドリ等)にも心躍りました・・・
紅葉しかけた木も こちらも高揚、ショウジョウトンボ♂ 猛禽の食い残し(ヒヨドリ) ワインの香りのクズ
 花は他に、ヒヨドリバナ、ヤブハギ、ヤブガラシ、カノツメソウ、ヤマノイモ、ハエドクソウ、オトコエシ、ダキバヒメアザミ、ヒメキンミズヒキ、キンミズヒキ、オオハンゴンソウ、キツネノボタン、ガンクビソウ、ヤブマオ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、ヘクソカズラ、ツユクサ、ヤマサギソウ、ヒメジョオン、シラヤマギク、(ミヤギノハギ)、(睡蓮)等が咲いていました。果実ではカクミノスノキ、エゴノキ(虫瘤も目立ちます)、ハリギリ、タカノツメ、ツノハシバミ、シラキ、ヤマボウシ、シラカシ、ツクバネ等が見られました。昆虫では、藪から飛び立つヒカゲチョウの仲間、ゴマダラカミキリ、シロシタバ、アシグロツユムシ等の幼虫、ジョロウグモ等種々のクモ類等、キノコでは他に、ヒノキオチバタケ、ホコリタケ、ヒトクトタケ、ドクベニタケ等、動物では、道に飛び出すヤマアカガエル、大きなヤマナメクジ等に出会いました。鳥では、時折鳴いたホトトギス、ウグイス、ヒヨドリ、ツバメ等が確認されました。立秋後の、暑さも一息ついた、穏やかなひと時でした・・・
ウワミズザクラの実 美しい! アオカナブン コバギボウシにいたアシグロツユムシ(幼虫)とムネアカオオアリ 雨が上がりましたあ!
  来月(9/13)は、キノコ中心の観察会になりますが、勿論、自然全般を観察しましょう!では又、よろしく・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオゾウムシ(大象虫)
2015/08/08(Sat)
    きょうは曇り一時雨が降って、久し振りに涼しくなりました(23.2~27.5℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東南東風)。
    樹液の木に、オオゾウムシ(オサゾウムシ科)がいました。存在感ある大きな体を逆さにして、夢中で液を啜っていました。朝鮮・中国・インドシナ・インドに広く分布し、日本では北海道〜沖縄の広葉樹林内等に生息する、体長12-24㎜(雌雄共大きさのばらつきが顕著)の日本最大のゾウムシです。成虫は5-9月に出現し、体表面は凸凹し、黒と灰褐色の斑模様で、クヌギ、ヌルデ等広葉樹の樹液に集まり、灯火に飛んでくることもあります。幼虫はマツ、スギ、ナラ、カシ等の広葉樹や針葉樹の弱った木や倒木に穿孔して育ちます。青葉山では、樹液に集まる姿等が普通に見られます・・・
オオゾウムシ 鬼胡桃の淵
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ムカシヤンマ(昔蜻蜒)
2015/08/07(Fri)
   きょうは晴れて又暑くなり、何と4日連続の猛暑日になりました(24.8~35.3℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東南東風)。
  沢沿いの道に、ムカシヤンマ(ムカシヤンマ科)がいました。ゆっくりと、行ったり来たりしていましたが、柵に止ると、暑さに耐えるかの様に、じっと留まっていました。日本固有種で、東北以南の本州、九州の、谷の崖等の清水が滴り、苔が茂るような環境に生息する、体長80㎜程の蜻蛉です。幼虫(ヤゴ)は水に入る事は殆どなく、湿った苔や泥中に穴を掘り、近付く昆虫を捕食し、成虫になるのに3年もかかると言われます。名の示す通り、1億数千年前(中生代ジュラ紀)に繁栄していた「ヤンマの末裔」とか「生きている化石」と言われ、原始的な特性を持ち、他種と違って生殖弁ではなく産卵管を持っています。環境破壊等により県レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されていますが、青葉山では比較的普通に見られます・・・
ムカシヤンマ 長沼のクサギ
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒヨドリバナ(鵯花)
2015/08/06(Thu)
   きょうは晴れ時々曇って、何と三日連続の猛暑日(記録)になりました(26.4~36.1℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、東南東風)。
   道沿いに、ヒヨドリバナ(キク科)が咲いていました。今夏は猛暑で、既に枯れているものも多いのですが、列を成し、七夕にも広島の日にも相応しく、灯明の様に続いていました。北海道~九州の山野に生育する高さ1-2mの多年草です。茎には縮毛が生えてざらつき、葉は対生し卵状長楕円~楕円形で短柄があり、先は短く尖り、縁に鋭鋸歯があります。両面に短い縮毛が疎生し、裏面に腺点があるります。8-10月、上部の枝先に白く稀に紫色を帯びる頭花を多数付け、頭花は5個程の白い両性の筒状花からなります。花冠の先は浅く5裂し、花柱の先が2分枝して長く伸びます。痩花は長さ3mm、5稜で腺点があります。青葉山では、各所に普通に見られます・・・
ヒヨドリバナ 今夜の政宗
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カルガモ(軽鴨)の親子
2015/08/06(Thu)
 きょうは晴れて、異常に暑くなりました(25.4~36.6℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)  
 川岸に、カルガモ(カモ科)の親子がいました。と言っても、6羽の雛が無事に育って、母の大きさに近付いていましたが、虎猫がそろりそろりと近付くと、号令一下、下流に避難して行きました。アジア東部~東南部に広く分布し、日本では本州以南の山地~平野の水辺に広く生息する留鳥で、北海道では夏鳥です。体長60cm程。全身茶褐色で、顔は白っぽく2本の黒線があり、翼鏡は青く光沢があります。嘴は黒くて先が黄色く、脚は燈黄色です。雑食性ですが、草、種子等が主食です。青葉山周辺では、川沿いや池沼等で一年中最も普通に見られるカモです・・・
カルガモの親子 七夕花火
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コイ(鯉)とミシシッピアカミミガメ (ミシシッピ赤耳亀)
2015/08/04(Tue)
   きょうは晴れ時々曇って、暑くなりました(25.2~35.2℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南風)    川に、大きなコイ(コイ科)が何匹も泳いでいました。橋の上から眺めていると、ここでは初見のミシシッピアカミミガメ (ヌマガメ科)も一緒になって、何か話でもしている様でした。コイはほぼ世界中に分布し(自然分布はユーラシア大陸のみ)、日本では全国の河川の中・下流域〜汽水域の流れの緩い所や湖沼に生息する、体長30-100㎝の大型の淡水魚です。口髭は2対あり(フナ属はない)、背鰭と臀鰭の前方の軟条は硬く,頑丈で棘状になり、成熟すると全面に顆粒状の追星が表れます。 雑食性で,底生動物のタニシやイトミミズ,さらには水草等を食べます。暖所を好み,冬場は深場に集まって越冬します。 ミシシッピアカミミガメは米国南部原産で、日本では本州~沖縄の山野の池沼に生息する体長28cm程の亀です。背甲の色は淡緑~濃緑色で、黄色く細い複雑な筋模様が入ります。頭、四肢、尾は灰緑~緑~濃緑色で、吻端~頭頂部の縦縞は太く、赤みを帯びる事もあります。四肢や尾の縦縞は細く、眼後部~鼓膜上部は赤~オレンジの斑が入ります。雑食。日本では、幼体がミドリガメと呼ばれ良く流通していますが、大きくなった成体が遺棄され野生化・増殖し、今や「要注意外来生物」に指定されています。青葉山では、周辺池沼で日光浴をする姿が良く観察されます・・・
コイとミシシッピアカミミガメ 飛行船飛ぶ夕暮れ
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オオハンゴンソウ(大反魂草)
2015/08/03(Mon)
   きょうは晴れ時々曇って、暑くなりました(25.5~33.1℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
    林縁に、オオハンゴンソウ(キク科)が咲き群れていました。鮮黄の花群が風に揺吹かれて、この猛暑に相応しく、向日葵の野の様に揺れていました。明治期に北米から渡来した帰化植物で、全国の道端、荒地、畑地、河川敷、湿原等様々な環境に生育する、高さ50-300cmの多年草です。根株から茎を叢生し上部で分岐し、下部の葉は長柄があり5‐7深裂し、裂片には粗い鋭鋸歯があります。上部の葉は短~無柄で互生。7‐9月に、茎先に細長い花弁10-14枚程の黄色い花を、やや垂れ下げて咲かせます。痩果は長さ5mm程で、冠毛は突起状。青葉山では、車道沿い等で普通に見られます・・・
キクイモ 川風も暑い
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チュウダイサギ(中大鷺)の魚捕り
2015/08/02(Sun)
  きょうも良く晴れて、暑くなりました(24.9~33.5℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。 
  川の、疎水の出口にダイサギ(サギ科)がいました。流れに跳ねる小魚を狙っては、間を置きながらも、確実に捕獲している様でしたが、良く見れば、脚の全体が黒っぽくて、この仙台周辺で繁殖していて冬はより南方へ渡るものもいる、亜種チュウダイサギ(脚の脛節から跗蹠の一部までが黄色いのはオオダイサギ)でした。雌雄同色。成鳥夏羽は嘴が黒く、目先が青く、飾羽がありますが、冬羽では嘴が黄色く、飾羽は殆どありません。アオサギと比べてやや小さく、オオダイサギはやや大きく、両亜種共に、河川、湖沼等で、魚、両生類、蟹、昆虫等を捕食し、繁殖期には、サギ科の仲間同士で寄り集まり、コロニー(鷺山・森)を作る習性があります・・・
チュウダイサギ 不思議な雲
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる