FC2ブログ
>
ジュウモンジシダ(十文字羊歯)
2019/12/31(Tue)
 きょうは、晴れたり曇ったりで風強く、良く風花が飛びました。只、午前までは気温高く、終に積雪の全くない11-12月となり、温暖化もここまで来てしまいました(1.7~14.7℃/北西風)。  
  道端に、ジュウモンジシダ(オシダ科)が生えていました。いつも、つい通り過ぎてしまいますが、良く見ればこの時季となっても青々と数多く続いて、緑の矛の様な姿がとても印象的でした。北海道~九州の他、朝鮮、中国東北、ウスリー等の山間の森林内に生育する羊歯植物です。特に、谷筋や斜面下部等のやや湿り気のある落葉広葉樹林下に生え、寒冷地では夏緑性ですが、暖地では常緑となります。葉柄は長さ15-35cm。葉形は大きな頂羽片(20-50cm)の下部から左右に小さな側羽片が出ていて、名の通り、葉が十文字状になります。羽片が薄い紙質で、葉柄や中軸の鱗片は膜質で軸に張り付くのも特徴です。青葉山では、沢沿い等に普通に見られます・・・
ジュウモンジシダ 雪舞う大滝

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
★仙台市に2008年末提出した『質問状』と市の「回答」、及び、それに対する「再質問状」とその「回答」、10/31に提出した「意見書」とその回答、12/8提出の「要望書」、大震災後に提出した「地下鉄東西線建設事業凍結と都市計画道路川内・旗立線事業廃止の申し入れ」と「都市計画道路川内・旗立線の必要性に関する意見書」を公開中です。 ご意見・ご感想等は引続き、下記宛ての葉書又は cheb@live.jp にお届け下さい。 仙台の、この上もない「宝」を守る為、今後も決して諦めずに頑張りましょう!〒980-0811青葉区一番町4-1-3仙台市市民活動サポートセンター内box72「青葉山の緑を守る会」 

★仙台市公園緑地協会による青葉山市有林内の管理作業で、膨大な希少植物の自生群落地が消失する等、取り返しのつかない自然破壊が行われました。当会はその抗議の意志と共に2016年5月27日付けで「質問状」を提出。7/8に届いた「回答書1,2」は納得できるものではなかったため、8/1、より具体的な再質問状を提出。同時に、仙台市建設局公園課に対しても、その見解を求めています。

★動植物の捕獲・盗掘は、「重」犯罪として、各法・条例で厳しく罰せられます。特に、青葉山市有林(青葉の森)や竜ノ口峡谷周辺は、「広瀬川の清流を守る条例」で「特別環境保全地区」に指定されています。監視員が常時パトロール、監視カメラも作動中です! 

青葉山のガイドブックが完成しました! 青葉山に生息する、代表的な植物、きのこ、動物、野鳥、昆虫を356種取り上げましたが、そのうち55種がレッドリスト記載の希少種です。大規模開発が一時に始まった今、希少種達は、その存在さえ知られぬままに、消し去られようとしています。とにかく、多くの人にその存在を知って貰い、それが自然の大切さを知るきっかけになってほしいと思うのです。頒価は1000円。毎月の定例観(視)察会の他、丸善アエル店、金港堂本店等で販売していますが、お求めになりたい場合は、:  cheb@live.jp まで。
☆DVD第1巻「生命(いのち)あふれる青葉山・・「杜の都」の魅力再発見」(600円(10分)) とDVD第2巻「生命(いのち)あふれる青葉山・希少種たちの叫び」(800円(20分)) も引き続き販売中です。
 皆さん、是非ご覧になって(ならなくとも)「」を上げて下さい。 尚、DVD第1・2巻、ガイドブック共に、既に、仙台市内の全ての小中学校、図書館、市民センターに配布されています。
希少種たちの叫び 生命(いのち)あふれる青葉山~「杜の都」の魅力再発見 青葉山自然観察ガイドブック 巨大な自然破壊が進行している青葉山周辺
オオタカの営巣地を守ろう!! 
  環境ブログランキング ブログ王 
  
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤブラン(藪蘭) の果実
2019/12/30(Mon)
   きょうは、曇り後氷雨が降りました(0.7~4.6℃/北北西風)
  道端のヤブラン(ナギイカダ科)に、実が生っていました。雨の中艶々と、とても美味しそうでしたが、一つ齧ると味も 素気もなくて、中はほぼ固い種子ばかりでした。本州~沖縄の他、東~東南アジアの山野の樹下に生育する、草丈30-50㎝の常緑多年草です。葉は根生、線形で濃緑色で光沢あり、葉先は鈍頭。8-10月、長さ40㎝程の花茎に総状花序を付け、花は径6-7㎜で淡紫~紫色で、花被片6枚。果実は径6-7㎜の痩果で、黒紫色に熟します。耐陰性が強く、余り他の植物が育たない様な樹陰でも生きられます。青葉山では、道端等に普通に見られます・・・
ヤブラン 凍らない沼
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コガモ(小鴨)
2019/12/29(Sun)
   きょうは、晴後曇りました(2.3~9.1℃/北西風)。
   川に、コガモ(カモ科)がいました。何時もの様に、川面にも岸部にも大勢いましたが、浅瀬にいる雄がピリピリ言いながらも、孤独な感じが印象的でした。北半球に広く分布し、日本には、ほぼ冬鳥として全国の河川、池沼に飛来する、体長34-38cm、翼開長58-64cmの小型のカモです。雄の頭は茶色く目の周り~後ろが青緑色。嘴と脚は黒く体は灰色で、側面中央付近に白い水平な線があります。雌は全体に褐色で、黒褐色の斑があります。嘴と脚は黒く、雄はピリツピリッやピッ ピッ、雌はグェックェッ等と鳴きます。越冬中は群れで生活し、水面から届く範囲の藻や水草等を採食します。青葉山周辺では、広瀬川や各池沼等で普通に見られ、秋に一番早くやって来て、春も遅めに旅立ちます・・・
コガモ 彩石浜
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマウルシ(山漆)の冬芽
2019/12/28(Sat)
  きょうは、晴れ時々曇って、良く風花が舞いました(-0.4~-6.8℃/北北西風)
  道沿いに、ヤマウルシ(ウルシ科)の小木がありました。冬芽を見ると、灯を点した絵蝋燭の様で、葉痕(はあと)の柄も素敵でした。北海道~九州の他、中国、朝鮮、クリル等の山地に生育する高さ3-8m、径5㎝程の落葉小高木です。雌雄異株。樹皮は灰白色、褐色の縦筋があり、円~長楕円形の皮目があります。葉は長さ20-40㎝の奇数羽状複葉で互生し、小葉は4-8対で長さ4-15㎝、幅3-6㎝の卵〜楕円形で、先は急に尖ります。成木の葉は全縁又は1-2個の歯牙があり、幼木では鋸歯が多。5-6月、黄緑色の小花を円錐状に多数付けます。秋、径5-6㎜の扁球形黄褐色の核果を熟し、外果皮が剥がれると、縦筋のある白い蝋質の中果皮が露出します。青葉山では、極普通に見られます…
ヤマウルシ 風花飛ぶ坂道

この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オナガ(尾長)
2019/12/27(Fri)
  きょうは、雨一時雪になり、後晴れました(1.9~10.5℃/北西風)。
  森の外れに、オナガ(尾長)がいました。何故か一羽だけでしたが、ぎゅいぎゅい言いながら曙杉の梢から梢へ、飛んで止まっては尾っぽをくるくる、きょろきょろしていました。ユーラシアの極東部と西端部のイベリア半島に分れて分布し、日本では東北南部~関東中部の低山地~平地の比較的明るい森や、樹木の多い市街地等に留鳥として生息します。全長34-39cm(尾羽は20-23cm)。雑食性で、主に昆虫や果実、種子を食べ、数羽~20数羽の群れで生活します。青葉山周辺では、広瀬川沿いの河畔林等で営巣し、一時期は河川管理で消失したカッコウの(こちらも追い払われたオオヨシキリの代わりの)託卵鳥となっていましたが、今では当種も減少しています・・・
オナガ 雨後一時雪
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ケヤマハンノキ(毛山榛の木)の葉
2019/12/26(Thu)
    きょうは、曇り後雨になりました(2.7〜5.7℃/北風)。
   沢に、<ケヤマハンノキ(カバノキ科)の葉が落ちていました。大きいのも小さいのもありましたが、未だ緑のものも多くて、それに季節外れの雨滴が付いて、キラキラ光っていました。日本各地の他、東シベリア~極東の丘陵・山地帯に広く分布する、樹高15-20mの落葉高木です。雌雄同株又は異花。樹皮は黒褐色を帯び、大小の皮目があります。長さ8-15㎝の葉は互生し、表は濃緑、裏は帯白緑で、毛が全面にあります。3-4月、枝先に長さ7-9㎝の雄花序を2-4個垂れ下げ、その基部近くに赤く小さな雌花序を3-5個付けます。長楕円形で狭い翼がある果実は堅果です。青葉山では、崩壊地、尾根等に普通に見られます・・・
ケヤマハンノキの葉 狐火?
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネジキ(捩木)の冬芽
2019/12/25(Wed)
  きょうは、晴れ時々曇りました(-1.1~9.6℃/南東風)。
  道沿いに、ネジキ(ツツジ科)が生えていました。捻じれた幹の根元には、枝分かれした赤い新枝が並び、近寄れば、今日にも相応しいサンタの様にも見えましたが、緑色のものなら。デッド・マロースかチスハーンでしょうか? 本州~九州の他、中国等の山地~低地に生育する、高さ5-9mの落葉小高木です。樹皮は灰黒褐〜褐色で縦に裂目が入り、薄く剥がれ、名の通り、成木は幹が捩れるのが特徴です。若枝は黄緑色又は赤褐色。葉は互生し葉身は長さ5-10㎝、幅2-6㎝の広卵〜卵状楕円形で先は尖り、基部はやや心形で全縁。5-6月に、前年枝から総状の枝を出し、白い小花を下向きに咲かせ、時に花冠先が淡紅色を帯びるものもあります。花冠は長さ8-10㎜の壷型で、浅く5裂し、外面には細毛が散生し雄蕊10。蒴果は長さ3-4㎜のやや扁平な球形で、5筋があり、上向きに付きます。青葉山では、林縁や赤松林等に普通に見られます・・・
ネジキの芽 千切れ雲飛ぶ青空
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キンクロハジロ(金黒羽白)
2019/12/24(Tue)
   きょうは、曇り後晴れて風強く、一時雪が降りました(1.4~6.3℃/西風)。
  川に、キンクロハジロ(カモ科)♂がいました。やっと冬鳥で賑やかになってきた渕に、黒の貴公子が一際目立っていました。ユーラシア大陸の中緯度に広く分布・繁殖し、南西ヨーロッパ~アジア中南部で越冬する全長40-47㎝、翼開張67-73㎝の潜水性の鴨です。日本では全国の河川、湖沼、湾等に冬鳥として訪れ、大群を作ります。繁殖期の雄は後頭の羽毛が伸長し(冠羽)、頭~胸~体上面が黒く、非繁殖期の雄(エクリプス)や雌は全身が黒褐~暗褐色。嘴は幅広く灰青色で、先は黒くその周囲は白。後肢は暗青灰色。潜水して貝類、甲殻類、水生昆虫や水草等を食べます。青葉山周辺では、毎冬普通に見られます・・・
キンクロハジロ 吹雪くも
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツルリンドウ(蔓竜胆)の果実
2019/12/23(Mon)
    きょうは、晴れ時々曇りでした(3.4~10.9℃/北北西風)。
    道端に、ツルリンドウ(リンドウ科)の実が生っていました。と言ってもどれも萎びて、見すぼらしくもありましたが、幾つもある中の一つを食べると、奇麗な時より甘みが増していました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン、クリル等の亜高山~山地の林内や草原等に生育する、蔓性多年草です。蔓は地面を這ったり草木に絡んで長さ40-80mになります。葉は対生し、卵状三角~広披針形で顕著な3脈が目立ち短い柄があります。8-10月、葉腋に淡紫色の鐘状の5裂した花を付け、裂片は三角形で、裂片間には小副裂片があります。後に、楕円状球形で紅紫色の液果が花弁の先に実ります。青葉山では林内に普通に見られます・・・
ツルリンドウ 裸木の森
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニガキ(苦木)の冬芽
2019/12/22(Sun)
   きょうは、一日曇りました(13.7~28.5℃/西風)。
   道沿いに、ニガキ(ニガキ科)が生えていました。未だ小さな木で、近寄って枝先を見ると、めんこい葉痕と暖かそうな冬芽が、アルパカの顔の様にも見えて、可笑しくなりました。北海道〜沖縄の山野の林内に生育する、高さ15m程の落葉高木です。樹皮は滑らかな暗褐〜帯紫黒褐色で。葉は互生し。長さ15〜25cmの奇数羽状複葉で、4〜6対の小葉があります。小葉の先端は尖り、細鋸歯があります。雌雄別株。4〜5月、本年枝の葉腋から長さ5〜10cmの集散花序を出し、黄緑色の花を多数付けます。雄花序には雄花が30〜50、雌花序には雌花が7〜10付き、花弁は4〜5。雄花は発達した花盤があり、雌花の花盤上には4〜5個に分かれた子房が乗り、花柱1。果実は核果で、9月に緑黒色に熟します。青葉山では林縁等で見られます…、
ニガキ 冬枯れの谷
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クコ(枸杞)の果実
2019/12/21(Sat)
  きょうは、晴れ後曇りました(0.0~8.8℃/南風)。
  草原に、クコ(ナス科)の実が生っていました。すっかり寂しくなった道に、青い繁みが眩く、紅いゼリービンズの様な粒が、美味しそうに見えました。北海道~九州の川沿い等に生育する、高さ1-2mの落葉低木です。茎は根元から束生し、枝は弓状に曲がって垂下がります。茎に稜が、葉腋には枝の変化した刺があります。葉は長枝に互生し、短枝に5-6枚束生し、楕円~披針形で長さ2-6㎝、幅1-2㎝、全縁、無毛で柔らかく、基部は葉柄に流れます。8-11月、短枝の葉腋に径1㎝程の紫色の花を1-3個束生します。花冠は鐘形で5裂。秋〜冬に楕円形の液果で、橙紅色に熟します。中国原産種とも言われますが、青葉山でも林縁等に野生化しています・・・
クコ お城のある風景
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハクウンボク(白雲木)の冬芽と葉痕
2019/12/20(Fri)
  きょうは、晴れました(2,1~10.2℃/北西風)。
  道沿いに、ハクウンボク(エゴノキ科)の小木がありました。あちこち皮が剥がれていて直分かりましたが、近寄れば、暖かそうなミトンの様な冬芽に、丸刃でつるっと削った様な葉痕が印象的でした。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の山地に生育する、高さ15m程の落葉高木です。樹皮は灰白色で滑らか。葉は互生し、10-20cmの円形で、上部に僅かに鋸歯があり、裏面に隆起する葉脈には星状毛が密生します。5-6月、枝先に総状花序を出し、白い花を多数下垂させます。1年生枝は赤褐~紫褐色で艶があり、2年生枝の表皮は短冊状に剥がれます。冬芽は芽鱗をもたない裸芽で、黄褐色の毛に覆われ、副芽(予備芽)が縦に2個程並びます。青葉山では普通に見られ、北斜面沿い等に大木が点々と見られる他、街路樹にもされています・・・
ハクウンボク 夕暮れ
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒドリガモ (緋鳥鴨)
2019/12/19(Thu)
   きょうは、大体晴れました(3.5~9.2℃/北風)。
   川に、ヒドリガモ (カモ科)がいました。この辺りでは珍しく、十羽近い群れが、川面に仲良く浮かんでいました。ユーラシアの寒帯域やアイスランドで繁殖し、ヨーロッパ、アフリカ北部、インド北部、中国南部、朝鮮等に渡り越冬し、日本では全国の湖沼、河川、河口、海岸等に渡来します。体長は49cm程で、雄成鳥は額~頭頂がクリーム色で、顔~頸が茶褐色、胸は薄茶色、体上面は灰色で黒い細斑が密にあり、下尾筒は黒。雌は全体に褐色です。雌雄共嘴は青灰色で、先が黒く、体の下面は白。水面に浮かぶ植物性の葉や根茎、種子等を採食し、岸に上がって陸上の植物も食べます。 雄はピュー、ピューと甲高い声で、雌はガァー、ガァーと鳴きます。青葉山周辺では、広瀬川等で時折見かけます・・・
ヒドリガモ 刷毛雲

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
★仙台市に2008年末提出した『質問状』と市の「回答」、及び、それに対する「再質問状」とその「回答」、10/31に提出した「意見書」とその回答、12/8提出の「要望書」、大震災後に提出した「地下鉄東西線建設事業凍結と都市計画道路川内・旗立線事業廃止の申し入れ」と「都市計画道路川内・旗立線の必要性に関する意見書」を公開中です。 ご意見・ご感想等は引続き、下記宛ての葉書又は cheb@live.jp にお届け下さい。 仙台の、この上もない「宝」を守る為、今後も決して諦めずに頑張りましょう!〒980-0811青葉区一番町4-1-3仙台市市民活動サポートセンター内box72「青葉山の緑を守る会」 

★仙台市公園緑地協会による青葉山市有林内の管理作業で、膨大な希少植物の自生群落地が消失する等、取り返しのつかない自然破壊が行われました。当会はその抗議の意志と共に2016年5月27日付けで「質問状」を提出。7/8に届いた「回答書1,2」は納得できるものではなかったため、8/1、より具体的な再質問状を提出。同時に、仙台市建設局公園課に対しても、その見解を求めています。

★動植物の捕獲・盗掘は、「重」犯罪として、各法・条例で厳しく罰せられます。特に、青葉山市有林(青葉の森)や竜ノ口峡谷周辺は、「広瀬川の清流を守る条例」で「特別環境保全地区」に指定されています。監視員が常時パトロール、監視カメラも作動中です! 

青葉山のガイドブックが完成しました! 青葉山に生息する、代表的な植物、きのこ、動物、野鳥、昆虫を356種取り上げましたが、そのうち55種がレッドリスト記載の希少種です。大規模開発が一時に始まった今、希少種達は、その存在さえ知られぬままに、消し去られようとしています。とにかく、多くの人にその存在を知って貰い、それが自然の大切さを知るきっかけになってほしいと思うのです。頒価は1000円。毎月の定例観(視)察会の他、丸善アエル店、金港堂本店等で販売していますが、お求めになりたい場合は、:  cheb@live.jp まで。
☆DVD第1巻「生命(いのち)あふれる青葉山・・「杜の都」の魅力再発見」(600円(10分)) とDVD第2巻「生命(いのち)あふれる青葉山・希少種たちの叫び」(800円(20分)) も引き続き販売中です。
 皆さん、是非ご覧になって(ならなくとも)「」を上げて下さい。 尚、DVD第1・2巻、ガイドブック共に、既に、仙台市内の全ての小中学校、図書館、市民センターに配布されています。
希少種たちの叫び 生命(いのち)あふれる青葉山~「杜の都」の魅力再発見 青葉山自然観察ガイドブック 巨大な自然破壊が進行している青葉山周辺
オオタカの営巣地を守ろう!! 
  環境ブログランキング ブログ王 
  

この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガマ(蒲、香蒲)
2019/12/18(Wed)
    きょうは、雨後上がって晴れました(5.1~13.5℃/西北西風)。
   池に、ガマ(ガマ科)の果穂がありました。以前は一面に生えていたのに、一昨年末の工事で無くなっていましたが、今年は又少しだけ復活していました。北海道~九州の他、広く北半球温帯~熱帯やオーストラリア等の、池沼等の水辺に生育する抽水植物の多年生草本で、高さは2m程になります。初夏に花茎を作り、花穂の下部は赤褐色の雌花の集まりで、細い上半分には雄花が集まり、開花時に黄色い葯が一面に表れます。雌花は結実後、綿屑状の冠毛を持つ微小果実になります。風等によって飛散すると、水面に落ちて果実から種子が放出され、水底に沈んだ後発芽します。 青葉山では、池沼や湿地等に見られます・・・
ガマ_蒲池


この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカシデ(赤四手、赤垂)の果実
2019/12/17(Tue)
  きょうは、曇って時々雨が降りました(1.0~6.9℃/北西風)。
   道沿いのアカシデ(カバノキ科)に、実が下がっていました。赤かったのに、何時の間にかすっかり色褪せて、それでも枝一杯、無数の翼果が雨に濡れていました。北海道南部~九州の他、朝鮮等の山地~低地に生育する、高さ15m程の落葉高木です。長さ3-7cmの葉は、先端が尾状に垂れ下がります。花は雌雄同株異花で、4-5月頃、若葉が生えると同時に咲き、雌花序には柄があり、枝先の芽から出て垂れ下がります。雄花序には柄がなく、4-5cmの穂を長く垂れ下げます。秋に翼果を稔らせ、種子は風で散布されます。青葉山では、林内に普通に見られます・・・
アカシデ 蝦蟇岩
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トウカエデ(唐楓)
2019/12/16(Mon)
   きょうは、大体晴れました(-1.9~9.7℃/南風)。
   森の外れのトウカエデ(ムクロジ科)に、実が生っていました。と言っても初めは、冬桜でも咲いているのかと驚きましたが、近寄れぱ、花と見たのは白くなった果実で、樹冠一杯、無数に下がっているのでした。中国東南部原産で、日本には江戸時代に渡来し、全国に街路樹等ととして植えられ野生化もしている高さ20mになる落葉高木です。樹皮は縦に割れて剥がれるのが特徴で、若枝には毛があり、前年枝は灰白色。葉は長さ4-8cmで3浅裂し、基部は円形。表面はやや光沢があり、裏面は粉白色。4-5月、両性花の黄花を房状に沢山付けます。葉は秋に黄~朱色に美しく紅葉します。果実は2枚の翼果で、平行又は鋭角に開きます。青葉山周辺では、公園樹等として植えられています・・・
トウカエデ とうかえで
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カイツブリ(鳰)
2019/12/15(Sun)
  きょうは、大体晴れました(2.3~6.7℃/西北西風)。
  川に、カイツブリ(カモ科)がいました。雌雄と思われる二羽が、潜り合っては小魚を咥え、寄り添ったり放れたりしていました。アフリカ~ユーラシア等に広く分布し、日本の寒冷地では漂鳥又は夏鳥ですが、他では留鳥です。山野の流れの緩やかな河川、湖沼等に生息し、潜水して魚類、水生昆虫、甲殻類、貝類等を捕食します。全長は25-29cm、体重100-200g。雌雄同色で、翼は黒褐色で尾羽は短く、嘴の先と基部に淡黄色の斑があり、虹彩も淡黄色。冬羽は頭~胴が褐色で、頬~側頸が黄褐色の羽毛で被われ、夏羽は頭~頸が黒、頬~側頸が赤く、胴の上面が暗褐色の羽毛で被われます。青葉山周辺では、川の淵等で普通に見られます・・・
カイツブリ 落葉の沢.
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アワコガネギク(泡黄金菊)
2019/12/14(Sat)
きょうは、晴れ後曇って、夜は小雨になりました(1.7~14.8℃/西北西風)。  
  林縁に、アワコガネギク(キク科)が咲いていました。寂しくなってきた森の道に、鮮黄の花が、目に沁みました。東北南部~関東北部、近畿地方、九州北部の林縁、山地の崖等に生育する、草丈1-1.5m(草刈される所では小振り)の多年草です。茎には細かい白毛が密生し、葉身は羽状に中~深裂し、更に裂片も切れ込み、葉身は長さ3-6cm。10-11月、茎上部の枝先に径1.2-1.5cmの黄色い頭花をやや密に付けます。痩果に冠毛はありません。青葉山では、道端等の所々に見られます・・・
アワコガネギク 森の穴
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤツデ(八手)の花
2019/12/13(Fri)
   きょうは、晴れ時々曇りました(3.0~8.5℃/北北西風)。
   道沿いのヤツデ(ウコギ科)に、花が咲いていました。樟玉の様な花序を沢山付けて、良く見れば、雄性期のものの他、雌性期のものも実もあって、未だ花虻も寄っていて、賑やかでした。本州(東北南部)~沖縄の主に太平洋側海岸近くの森周辺や林内に生育する、高さ2-4mの常緑低木です。枝分かれは少なく、葉は互生して茎先に集中し、葉身は掌状円形で7-9裂し、15-45cmの葉柄を持ちます。裂片には鋸歯があり、鋭尖頭で質厚く光沢があります。10-11月、茎頂に花序を出し、球形の散形花序を円錐状に多数付けます。花には、雄性期と雌性期があり、初めは花弁と雄蘂がありますが、それが落ちると、柱頭が伸びて雌性期になります。翌年の4-5月に、球形の果実を黒く熟します。青葉山では、年々林内外に増加していて(カモシカによる食痕も多い)、これは野鳥による播種や温暖化等の影響と思われます・・・
ヤツデ 名残の紅葉
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マサキ(柾、正木)の果実
2019/12/12(Thu)
  きょうは、晴れ時々曇りました(4.2~14.5℃/西北西風)。
  道沿いのマサキ(ニシキギ科)に、実が生っていました。緑濃い照葉に惹かれて近寄ると、今年は少ないながら、真赤な果皮が今にも平声としていました。北海道南部以南~九州の、主に海岸近くの森に生育する樹高2-6mの常緑低木です。葉は厚くて艶があり、低い鋸歯があって葉先は尖らず、葉柄は短くて対生。6-7月に、葉腋から集散花序を出し、直径5㎜程の黄緑色の小花を多数付けます。秋に果実が熟すと裂開して、橙赤色の仮種皮に覆われた種子が現れます。青葉山では、森の外れ等の所々に自生種と植栽されたものが混在しています・・・
マサキ イイギリの森
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キタキチョウ(北黄蝶)
2019/12/11(Wed)
  きょうは良く晴れて、とても暖かくなりました(3,5~16.2℃/南南東風)。   
  道端に、キタキチョウ(シロチョウ科)がいました。少し翅の捲れた雌の様でしたが、異常な程の暖かさの下、ひらひらひらひら飛んだり止まったり、小春日和を楽しんでいました。キチョウは、アフリカ中部以南やインド~東南アジア、オーストラリア等に広く分布し、日本では本州(秋田、岩手以南)~沖縄の山野の草原等に生息する、とされて来ましたが、2005年にキタキチョウ(本州~南西諸島に分布)とキチョウ(南西諸島に分布)の2種に分割されました。形態的には、前翅表の縁毛が黄色い等の違いがありますが、識別は困難な様です。キタキチョウの成虫は前翅長20-27mmで、年に5-6回発生し、いつもせわしなく飛び回り、様々な花で吸蜜したり、地面で吸水します。翅は名の通り黄色く、夏型の雄は前翅、後翅共に外縁が黒く縁取られますが、秋型の雌や、春型の雌雄は前翅の黒い縁が先に少し残る程度です。幼虫の食草は、ネムノキ、ハギ類等のマメ科植物で、成虫で越冬します。青葉山では、6月~晩秋頃まで林縁や草原等で普通に見られます・・・
キタキチョウ 崖から糸雲
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イロハモミジ(伊呂波紅葉)
2019/12/10(Tue)
   きょうは、良く晴れて暖かくなりました(-0.2~14.8℃/南南東風)。
  森の入口(青葉山公園)のイロハモミジ(ムクロジ科カエデ属)が、紅葉していました。勿論、植栽されたものですが、師走も半ばと言うのに、今は盛りと鮮紅色に輝いていました。朝鮮、中国等に分布し,日本では福島県以南の本州〜九州の山地の谷沿い等に生育する、高さ 15m程になる落葉高木です。幹は滑らかで淡褐色を帯びます。葉身は円心形で長さ,幅共3~6cm,深く5-7裂して先が尖り、重鋸歯、葉柄は長さ 1.5~4cmで対生します。4-5月、新枝の先に散房花序を作り、雄花と両性花を付け、萼片5花弁5,雄蕊8。翼果の分果2は長さ約 1.5cmで,ほぼ平開します。 別名はイロハカエデ,タカオカエデ他。良く似たオオモミジは単鋸歯、より似ていて自生のヤマモミジは、葉が一回り小さく葉柄が短い事等で見分けられます。全国に最も多く植栽される種で、仙台でも公園、寺社等各所で紅葉の名所ともなっていますが、自生はほぼ無く、青葉山周辺でも植えられたものが目立ちます・・・
イロハモミジ オビクモ
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サネカズラ(実葛)の果実
2019/12/09(Mon)
   きょうは、晴れ時々曇りました(-0.4~7.8℃/南東風)。
   道沿いに、サネカズラ(マツブサ科)の実が生っていました。知らぬ間に、崖に沿って真赤な楠玉が沢山下がり、暮れの飾り付けでもしている様でした。関東(とされる)~中国南部の照葉樹林等に生育する、雌雄異株の常緑蔓性木本です。葉は長さ数cmで艶があり互生します。8月頃、葉蔭に径1cm程の花を咲かせ、10枚前後の白い花被に包まれ、中央に雄蕊、雌蕊が夫々多数螺旋状に集まります。雌花の花床は結実と共に膨らみ、赤く丸い集合果を作ります。果柄は7cm程にも伸び、単果は径1cm程で、全体では5cm程になります。青葉山では、車道沿い等に見られます・・・
サネカズラ 鷲
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
十二月観(視)察会
2019/12/08(Sun)
  きょうは、冷たい風はあるものの良く晴れて、気持ちの良い観(視)察会となりました(2.4~8.7/北西風)。近況報告やコース、チラシの案内等の後、早速出発です。大学構内のトチノキやケヤキ、カリンやシラカシ、ヒイラギナンテン等を観ながら進むと、道端にヒヨドリジョウゴやヘクソカズラ、サルトリイバラの実が絡まり、山側には雄花を伸ばしたツノハシバミ、谷側にはオオモミジやコハウチワカエデ等の紅葉がまだ残っています。森に入れば、きょうの目当てのヤマモミジが、今尚そこここに黄・紅葉し、足元にも落葉が降り積もっています。薄色ながらニシキギも美しく紅葉し、シャクガの仲間が良く飛び、ヤブランの実やフユノハナワラビの胞子茎も目立ちます。シジュウカラやヒガラ、コゲラ等が痕群を作り、藪からはヒッヒっとルリビタキの声が聞こえてきます。ニワウルシやオニグルミの葉痕を見たり、リョウブやヤマボウシ、クロモジ等の冬芽、コナラやクリ等の虫こぶ、ハルジオン等のロゼットも観察。マンサクやタカノツメの葉の香を楽しんだり、ヤブムラサキやオトコヨウゾメ等の実の味を確かめ、ユズリハの赤い葉柄、一つだけ見つけたウスタビガの緑の繭、薫り高く、無数に落ちていたカラスザンショウの実は見事で、最後に見たアサダの木肌や嘉穂、雄花も印象的でした・・・
オオモミジ 小春か小秋か小冬か? 泉ヶ岳 ヒノキの林で遊ぶ
 花では他に、植栽のサザンカ、ヒイラギナンテン、ツワブキ、不時開花のヤマツツジ、ケヤマハンノキの雄花、ヒメジョオン、アキノノゲシ、キクイモ、ヤツデ、ブタナ等が見られ、羊歯ではリョウメンシダ、シシガシラ、オクマワラビ、ホソバトウゲシバ等、果実ではミヤマガマズミ、ツルシキミ、オモト、コブシ、ヤブコウジ、キヅタ、タツナミソウ、トリガタハンショウヅル。ツチアケビ、リョウブ、オヤマボクチ、タニウツギ、センボンヤリ、キッコウハグマ、サンショウ、カラマツ、カキ、タラノキ、キリ、ツクバネ、アオキ、ヒノキ、ミヤマカマズミ、オオバジャノヒゲ、ヤブコウジ、ツルリンドウ、ムラサキシキブ、イイギリ等が見られました。今尚、ハウチワカエデやエンコウカエデ、バイカツツジ、ウリハダカエデ等の紅葉が見られ、イヌブナやブナ、コナラ、ミズナラ等の葉も多く枝に残っていました。虫瘤は他に、マンサク、イヌツゲのもの等、キノコでは、キヒラタケ、ウチワタケ、ヒトクチタケ、カワラタケ、サルノコシカケの仲間等が見られました。動物では、リスの食痕、カモシカ食痕、角擦痕、テンの糞、イノシシの痕跡等、野鳥では、藪から聞こえるウグイスやミソサザイの声、トビ、ノスリ、ヤマガラ、エナガ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等を確認し、鷹類に襲われたのか、キジバトの雨覆と思われる散乱羽根が落ちていました。昆虫では、ヤママユの繭。クモの卵嚢もありました。今回は、12月としては珍しく紅葉も残り、晩秋の例会の様な趣でしたが、南側の工事進行に胸痛めながらも、穏やかに歩き観て、新たな出会いもあったことと思います。さて、皆さんは如何だったでしょうか?
ニワウルシの葉痕 カラスザンショウ 展望台で ヤマモミジ
  次回(2020/1/12)は、新年の初歩きです。きりりとした寒気と新雪の心改まる「会」を期待しましょう・・・
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アサダ(浅田)の果実と雄花
2019/12/07(Sat)
  きょうは、曇り時々晴れて、一時雪がぱらつきました(4.9~7.8℃/南南性風)。
  道沿いのアサダ(カバノキ科アサダ属)に、実が生っていました。先月の観察会でも見られましたが、きょう良く見ると、蓑虫の様な果穂のその先に、雄花が慎ましやかに顔を出していました。朝鮮、中国等に分布し、日本では北海道〜九州の山地の落葉樹林内に生育する高さ15~20mになる落葉高木です。樹皮は逆むけ状に剥がれて反返り、新枝には毛が生えます。葉は卵~長楕円形で互生し、長さ5-13cm、幅3--6cmで、不規則な重鋸歯があります。初め白軟毛が密に生えビロード状、後に裏面にのみ残り、側脈9~13対。花期は5-6月で、雄花序は前年の秋に出て、翌年葉の展開と共に開花します。雌花序は新枝の先に上向きに付き、雌花は苞葉の中に包まれて2個ずつあります。果穂は直立又は下垂し、長さ4~5cm、大きな苞が重なり合い、果実は堅果で苞に包まれます。名の由来は不明ですが、別名は、樹皮の様子からハネカワ、果実の形からミノカブリ等。青葉山では、北斜面等に数多く見られます…
アサダ 晩秋の彩り
 明日(12/8)は、観(視)察会↓です。未だ残る紅葉、様々な果実や冬芽、まだ咲いている花、混群を作る野鳥達、動物の足跡や痕跡等も観察しましょう…
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の果実
2019/12/06(Fri)
   きょうは、晴れ時々曇って、一時雪が舞いました(1.2~6.9℃/西北西風)。
  道端に、ヒヨドリジョウゴ(ナス科)の実が生っていました。赤く熟したものもありましたが、未だ青黒いものも多くて、重そうな錘の様に見えました。東~東南アジアの他、日本全国の山野に生育する多年生蔓植物です。茎葉には軟毛が密生し、葉は長さ5-10㎝で互生し、全縁(上部)から3-5裂する葉まで様々です。8-9月、葉に対生した花序に白い小花を集散状に多数付けます。花は長さ約1㎝の筒状花で先が5深裂し、裂片は反り返り、赤褐色の雄蕊は雌蕊の回りを筒状に取り囲む様に並んでいます。晩秋、8㎜程の球形の果実を赤熟します。青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・
ヒヨドリジョウゴ 青葉山から泉ヶ岳
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ニシキギ(錦木)
2019/12/05(Thu)
   きょうは、曇り時々雪が降りました(1.8~5.3℃/北北西風)。
  道沿いのニシキギ(ニシキギ科)が、紅葉していました。このところの寒さで大分散ってはいましたが、それでもあちこちに、例年よりは薄めの赤紫や薄紅、曙色に染まっていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国、サハリン、クリル等の山地~平地の林下に生育する、高さ3m程の落葉低木です。コマユミ(小真弓)の変種とされ、枝は緑色で、コルク質の4翼が出るのが母種との相違点です。長さ2-7㎝の葉は対生し、質は薄く、楕円~倒卵形です。5-6月、本年枝の葉腋から長い柄のある集散花序を出し、淡黄緑色の径6-8㎜の小花を数個下向きに開きます。花弁4、雄蕊4、雌蕊1。果実は、1-2個の離生した心皮から成ります。青葉山では、林内各所に見られます・・・
ニシキギ ヤマモミジの谷

この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カシラダカ(頭高)
2019/12/04(Wed)
  きょうは、曇り時々晴れました(2.3~7.9℃/西北西風)。
  森の道端に、カシラダカ(ホオジロ科)がいました。5-6羽の群れが採食していた様でしたが、気付かずに近寄ると、パタパタと藪や木々に飛び上がり、きょろきょろした後何処かに飛んで行きました。ユーラシア大陸北部とアリューシャンで繁殖し、冬は中国東部や中央アジアで越冬します。日本では冬鳥として、九州以北の山地~平地の明るい林や林縁、草地等に渡来します。体長15cm程で、雌雄共後頭部に冠羽があるのが特徴です。雄の夏羽は、頭部が黒く目の上~後頭部に白い側頭線があり、体の下面は白く、上面は茶色で黒い縦斑があります。雄の冬羽と雌は、頭部と体の上面が淡褐色になりますが、雄の耳羽周辺は黒褐色。地鳴きはチッと、か細く鳴きます。青葉山では、秋~早春に群れで生活し、草原等で良く見かけます・・・
カシラダカ♂ 光明
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ツグミ(鶫)
2019/12/03(Tue)
   きょうは、、晴れたり曇ったりでした(3.6~12.0℃/北西風)。
   森に、ツグミ(ツグミ科)がいました。やって来たばかりなのか、移動の途中なのか、十数羽の群れが大木の梢に止まり、暫くして又何処かに飛んで行きました。北東アジアに広く分布し、東シベリア~カムチャッカで繁殖、日本には秋~春に渡来して越冬します。体長約20㎝。体の上部が灰~茶色で、眼上と腹部が白く、胸を張り背筋を伸ばす姿勢でいるのが特徴です。雑食で、主に土中のミミズや虫を食べ、様々な果実等も好みます。青葉山では冬期、草原や林縁等に普通に見られます・・・
ツグミ 森の夕映
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビョウタケ(鋲茸)
2019/12/02(Mon)
   きょうは、曇り時々小雨が降りました(5.4~14.0℃/南西風)。
   道沿いの倒木に、ビョウタケ(ビョウタケ科)が生えていました。一瞬粘菌かと思いましたが、触れれば案外しっかりしていて、鮮やかな硫黄粒の様な鋲を反すと、ちゃっこい柄が見えました。全国の、倒木や枯枝に群生する子囊菌の盤菌類です。直径は3-5㎜程で、細い柄の上に皿状の子囊盤ができます(皿状子囊盤を持つ点でチャワンタケ科の菌に似ますが、子囊の頭部構造に蓋を欠く点で異なります)。傘は円く滑らかで、鮮黄~橙黄色、時間経過と共に巻き上がり、色は薄くなって行きます。良く似たモエギビョウタケは小さく(径1-2㎜)、ニセキンカクアカビョウタケは橙~朱色。名は、鋲に似ている事に由来。青葉山では、朽木等に普通に見られます…
ビョウタケ 歩道から
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
ゆきかえる