FC2ブログ
>
カラハナソウ(唐花草)
2007/09/15(Sat)
きょうも良く晴れて、真夏の様な暑さでした(29.1℃)。
 道端の藪のコマツナギに絡まって、カラハナソウ(クワ科)の雌花が咲いていました 。森の妖精達の持つランタン(鞠花)が微風に揺れて、まるでお伽の国にでも迷い込んだ様です。ホップの最近似種とあって、近寄れば、爽やかなピルスナー(ビール)の香りが漂ってきますが、その源は、小苞や花被に付いている黄色い粒で、噛むと正に麦酒そのものです。名は、花(果)穂の形を古来使われてきた花形(唐花模様)に見立てたもの。雌雄異株 で、雄花の方は全然違う花なんですよ・・・
唐花草と駒繋
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノササゲ(野豇豆) | メイン | サワギキョウ(沢桔梗)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/101-a00e404a

| メイン |
ゆきかえる