FC2ブログ
>
ヤマブシタケ(山伏茸)
2009/10/05(Mon)
  きょうは、晴れ後曇りでした。
  小楢の木に、大きなヤマブシタケ(ハリタケ科)が生えていました。純白に過ぎるその姿は、厳寒期の滝壺に下がる無数の氷柱の様に、神々しくさえ見えました。と言っても、甘い香りと食欲には勝てず、持ち帰って吸物や酢物にして美味しく頂きました。ユーラシア~北アフリカ、北米等に広く分布し、日本では夏~秋に、全国の山野のコナラ、ミズナラ、ブナ、シイ等広葉樹の立木、枯木、倒木に発生します。子実体は径5-20cm程の倒卵~球形で、傘も柄もありません。上背面を除いて、長さ1-5cmの無数の針を垂れ下げます。色は初め白く、後淡黄~淡褐色を帯びます。「幻のキノコ」とも呼ばれ、中国ではフカヒレ、熊の掌、海燕の巣と共に四大珍味とされています。又近年、β-グルカンやヘリセノンD、エリナシンC等を含む事からガンやボケに効くとされ、他に高・低血圧、心臓病、肝炎、糖尿病、喘息、皮膚炎等万病に効果があると持て囃されましたが、真偽の程は如何なのでしょう?。名は、山伏の着る鈴縣衣の胸に付ける梵天(丸い飾り)に似ている事に由来します。最近はスーパー等でも栽培ものが売られていますが、当地でも自然のものは中々見られません・・・
  草原には、ノコンギクが咲き群れていました・・・
ヤマブシタケ ノコンギク 
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ヤマカガシ(山楝蛇) | メイン | メマツヨイグサ(雌待宵草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1010-d338e0fa

Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 山市
山市の天気 山市のニュース 山市の口コミ情報... …
2009/10/14 21:45  Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』
| メイン |
ゆきかえる