FC2ブログ
>
コウゾリナ(剃刀菜・顔剃菜) 
2009/10/16(Fri)
  きょうも、良く晴れました。
  河原に、未だコウゾリナ(キク科)が咲いていました。可愛い蒲公英の様な花に思わず触れると、「チョサネデヨ」とでも言う様に、赤い刺毛にチクリとやられてしまいました。北海道~九州の山野の草地や道端等に生育する、高さ30-90cmの越年性の1年草です。秋に芽生えてロゼットで越冬し、春に花茎を延ばして5-10月、茎上部に径2-2.5cmの黄色い舌状花だけの頭花を付けます。茎葉全体に褐色の剛毛があり、葉の主脈と共に良く赤味を帯びます。名は、カミソリナ(剃刀菜)の転訛で、茎葉の毛に触るとざらつき、剃刀で顔を剃る感触がある事に由来します。若苗は山菜として、おひたし、油炒め等にされます。青葉山では、少し湿った草地等に普通に見られます・・・
コウゾリナ 少しずつ色付いてきました 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)  | メイン | エンマコオロギ(閻魔蟋蟀)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1021-6209d52a

| メイン |
ゆきかえる