fc2ブログ
>
雨のキッコウハグマ(亀甲白熊)
2009/11/13(Fri)
 きょうは、一日冷たい雨が降り続きました。
  小楢の林内に、未だキッコウハグマ(キク科)が咲き残っていました。冷たい秋雨に濡れて、パチパチ打たれ続けても、小さな風車は、「大丈夫、大丈夫、平気、何でもないよっ・・・」とでも言っている様に、小さく跳ね飛びながら、大きく頷いていました。名の通りの亀甲状の葉もずぶ濡れで、如何にも大地を支える小亀達の様に思えました。地下の茎は四方に細長く這って、輪状の葉や花茎をしっかり支えています。青葉山では、やや乾いた道端等に普通に見られます・・・
キッコウハグマ 見ったぐねぁ光景(東西線だど) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カヤタケ(茅茸) | メイン | コセンダングサ(小栴檀草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1049-a0ef0951

| メイン |
ゆきかえる