FC2ブログ
>
ハナオチバタケ(花落葉茸)
2007/09/20(Thu)
きょうは朝から晴れ上がり、真夏の蒸し暑さが戻りました(29.9℃)。
 森の小径の端に、ハナオチバタケ(キシメジ科)が佇んでいました。小さくていつもなら通り過ぎてしまう所ですが、強い日射しが傘を照らして美しく、妖精達が消し忘れたランプシェードの様に見えました。名は、花の様な、落葉に生えるキノコの意で、これは褐色型ですが、「花」と言うだけあって、色は紫紅、淡紅、黄土等変化に富みます。普通は群生する事が多いのですが、この子は何故か、一人ぼっちでしたよ・・・
花落葉茸


スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユウガギク (柚香菊) | メイン | ツクシハギ(筑紫萩・土筆萩)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/106-24b94bee

| メイン |
ゆきかえる