FC2ブログ
>
クロウメモドキ(黒梅擬)
2009/11/30(Mon)
   きょうは、大体晴れました。
 沢端に生えるクロウメモドキ(クロウメモドキ科)に、実が沢山生っていました。生育環境が余程良いのか、艶々の黒い実を無数に付けて、木全体が重そうに撓っていました。ヒヨドリが食べていたので、味見してみると(有毒成分を含むのですが)、苦味が気にならぬ程の甘い汁が口に広がり、成程なと思いました。この果実は核果で、鳥達によって散布され、乾燥させたものは緩下剤に利用されます。又、葉はスジボソヤマキチョウやトラフシジミ、ミヤマカラスシジミの食糧(食樹)にもなっています。名は、赤い実のなるウメモドキ(モチノキ科)に対比させたもの、等と言われています。青葉山では、明るい湿性地付近等に見られます・・・
  道端のニガイチゴが、紅葉していました・・・
クロウメモドキの実 ニガイチゴの紅葉
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アメリカセンダングサ(亜米利加栴檀草) | メイン | アシ(葦、芦、蘆、葭)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1066-c34490a8

| メイン |
ゆきかえる