FC2ブログ
>
クモキリソウ(雲切草)
2007/06/24(Sun)
 赤松の混じる広葉樹の森の草むらに、クモキリソウ(ラン科)が咲いていました。一昨日紹介したジガバチソウに似ていますが、花の唇弁が大きく丸まっていて、葉の縁が細かく波打ち、葉脈の網目がはっきりしていない等の特徴があります。名の由来は不明ですが、雲を切る様な高山に生えるからとか、霧深い所に生えるから雲霧草とか、花の姿が蜘蛛に似ていて、蜘蛛の子を散らすように見えるので蜘蛛散り草(それが訛った)だとか諸説あるようですね・・・
雲切草

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ママコナ(飯子菜) | メイン | ミヤマタムラソウ(深山田村草)とスジグロシロチョウ(条黒白蝶)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/11-7dd25929

| メイン |
ゆきかえる