FC2ブログ
>
オオタカ営巣地は、今!
2010/01/02(Sat)
  長年のオオタカ営巣地で、伐採が始まっていた。私達が再三終始求めていた「現場での説明会」は一切無視され、結局、取り返しのつかない自然破壊が又進んでしまった。ここは勿論、「広瀬川の清流を守る条例」で「特別環境保全地区」に指定されていた森であり(指定した市が自ら解除し、工事を許可)、仙台で最も貴重な自然の一つだった。これ以上の破壊は、一刻も早く辞めてもらいたい。市民の「宝」を次々に破壊する、仙台市に強く抗議したい・・・
削られる斜面 伐採された木々 大きなモミやマツも 向い側にはトンネルが

スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<クラマゴケ(鞍馬苔) | メイン | 2010年・元旦>>
コメント
- 仙台市は条例違反では? -
仙台市は自然を守る意思は無く、説明の依頼も無視するなど誠意も無いということでしょう。
広瀬川の清流を守る条例によるとhttp://www.city.sendai.jp/kensetsu/100forest/hirosegawa/hyousi/index.html
・・・・・(抜粋)環境保全区域は、広瀬川河岸の豊かな自然環境や自然崖と緑が調和する景観を守り、地域の緑化をさらに推進するための区域です。
 このため、環境保全区域内では、建築物の規模の抑制、既存樹木の伐採制限、緑化の推進などに関する基準を設けており、禁止している行為や許可が必要な行為が決められています。・・・・・
「特別環境保全地区」はこのなかでも一番厳しい規制の区域です。
これでは地下鉄工事不可能なので、理屈抜きに無理やり指定から外したとしか思えませんね。
一番大切なこの地区を指定から外したこと自体が、市自らの条例違反との感がします。
・・・・第2条 市長は,あらゆる施策を講じ,広瀬川の清流を守らなければならない。・・・・
2010/01/03 14:30  | URL | ciao66 #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1102-35f89793

| メイン |
ゆきかえる