FC2ブログ
>
サワフタギ(沢蓋木) の冬芽
2010/01/17(Sun)
  今朝もうっすら積り、日中は晴れて風がありました(-2.3~4.1℃)。
  藪の縁に、サワフタギ(ハイノキ科)がありました。冬芽はとても小さいけれど、じっと見ていると、お正月の猿回しのお猿さんの様に見えて来ました。北海道~九州の他、朝鮮、中国の、山地の主に湿生地に生育する、主に高さ1m前後(大きいものでは5m程)の落葉低木です。葉は艶がなく、縁には細鋸歯があります。4-5月頃、円錐花序に白い花を咲かせ。秋に鮮やかな琉璃色の果実を付けます。青葉山では、名の通り、沢沿い等に見られます・・・
  この数日の寒さでしっかり凍ってはいましたが、不動滝の氷柱はまだまだ細いものでした・・・
サワフタギの冬芽 不動滝下(中央が不動明王像) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハハコグサ(母子草) | メイン | クサギ(臭木)の冬芽>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1116-4bd4a6c2

| メイン |
ゆきかえる