FC2ブログ
>
キバナアキギリ(黄花秋桐)
2007/09/25(Tue)
きょうは朝から良く晴れて、28.0℃まで上がりました。
 森の小道のあちらこちらに、キバナアキギリ(シソ科)が咲き残っていました。盛りは過ぎたとは言え、時折日を浴びて檸檬色に透ける様は、濁琥珀で拵えた「石の花」の様でした。名は、黄花で秋に咲く桐(ゴマノハグサ科)に似た花の意で、別名のコトジソウは、葉の形を「琴柱」にたとえたものです。でも、学名(Salvia nipponika=日本のサルビア)通り、その姿はサルビアそのものですよね・・・
黄花秋桐.


スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤクシソウ(薬師草) | メイン | ノコンギク(野紺菊)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/112-fb69a861

| メイン |
ゆきかえる