FC2ブログ
>
タニウツギ(谷空木)の冬芽
2010/02/04(Thu)
  今朝は、急に寒くなって川も凍りましたが、日中は晴れたり曇ったりでした( -6.1~1.9℃)
  道端で木々の冬芽を見ていると、イガイガと怖い雰囲気の芽がありました。初め、何だろうかと思いましたが、離れた所に裂開した果実を見つけて、タニウツギだと分りました。あの5-6月に咲く、華やかなピンクの花の趣とは全く違う、エヴァンゲリオンにでも出て来そうな厳しい形相のキャラクターでした。一方の果は、十分に木の花の風情を残していて、生け花にも使えそうでしたよ。青葉山では、谷合い等に普通に見られます・・・
タニウツギの芽 タニウツギの果 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カケス(橿鳥、懸巣、鵥) | メイン | サワシバ(沢柴)の冬芽>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1135-da7be994

| メイン |
ゆきかえる