FC2ブログ
>
地吹雪
2010/02/06(Sat)
  きょうは一日中雪が降り続いて、久々の真冬日になりました(-6.0~-1.2℃)。
 本当に久し振りの「冬」なので、いつもは1-2時間位なのですが、早朝から半日かけて雪の中を歩き回りました。漸く雪がしっかり積もって、しかも吹雪なので、何処を歩いていても、軽快なメロディーが聞えて来る様でした。「大雪」とは言っても10cm程しか積っていませんが、寒いので、少し風が吹いただけでも、雪が舞い上がって地吹雪になります。取分け、尾根道や展望台は、風か吹く度に周囲が真白になって、所謂「ホワイトアウト」状態になりました。期待したテンとの遭遇はできませんでしたが、ノウサギが眼前の藪から跳び出したり、カモシカが谷底を駆け下りて行ったり、雪の少ないモミの林床でシロハラとアカハラが仲良く採食していたり、と楽しい出会いが沢山ありましたよ・・・
地吹雪の展望台 森の小道は穏やかでした 
スポンサーサイト



この記事のURL | 風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<氷の芸術 | メイン | カケス(橿鳥、懸巣、鵥)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1138-50cae513

| メイン |
ゆきかえる