FC2ブログ
>
ナンブアザミ(南部薊)とコアオハナムグリ(小青花潜)
2007/09/27(Thu)
 きょうは、曇り時々晴れ。
 三居沢の草原のナンブアザミ(キク科)に、コアオハナムグリ(コガネムシ科)が来ていました。一心不乱に花粉を貪り食べていて、近付いても、ちょっと突いても見向きもして貰えませんでしたよ。名は、小さく青いハナムグリ(花に潜る様にして花粉を食べるから)の意で、野原等で極普通に見かける虫ですが、緑色に白い斑点模様は中々めんこいものですね。ナンブアザミの方は、青葉山で最も多い薊で、その名は、南部地方に多く自生するアザミ(棘が多のに「あさむ=驚くの古語」が転訛した等諸説あり)の意です。この花群れには、他にミドリヒョウミン、トラマルハナバチ等がやって来ていましたよ、・・・
南部薊と小青花潜


スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チチタケ(乳茸) | メイン | ヤクシソウ(薬師草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/114-26007ecf

| メイン |
ゆきかえる