FC2ブログ
>
ムクドリ(椋鳥)
2010/02/12(Fri)
  今朝は雪が5cm程積り、日中は曇り時々晴れて、時折雪が舞いました(-2.4~2.3℃)。
  森の外れで、ムクドリ(ムクドリ科)が食べ物を探していました。珍しく雌雄二羽で、雪中の、地面が表れている部分を渡りながら、チョコチョコ歩きで草の種や虫等を食べていました。黒服にオレンジ色の嘴と足、白い顔が目立って、ジッと見ていると、何時も見慣れた体が、きょうはペンギン、中でもジェンツーペンギンの様に見えて来ました。東アジアに広く分布し、日本では全国の主に平地・盆地の人里付近に棲みます。繁殖期が終わると群れで生活し、街路樹や竹藪等に数百~時に数万羽もの集団塒を形成して嫌がられる事もありますが、害虫を大量に食べてくれる益鳥でもあります。青葉山周辺でも普通に見られ(林内にはいない)、八幡町には大きな塒があります・・・
ムクドリ♂ 雪の朝
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<モミ(樅)の稚樹林 | メイン | セスジアカムカデ(背筋赤百足・蜈蜙・蜈蚣・蝍蛆) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1144-351d7b1a

| メイン |
ゆきかえる