>
ツグミ(鶫)
2010/02/27(Sat)
 きょうは、霧雨後曇りました(3.1~9.0℃)。
 林縁の草原で、ツグミ(ツグミ科)が採食していました。近寄ると直に傍の木に飛び移って、こちらの様子を窺っていましたが、既に丸々と充実した体になっていて、間もないシベリアへの北帰行への準備が着々と整っている様でした。北東アジアに分布する、体長20cm程の中型の鳥で、日本には、秋~春に渡来して越冬します。羽色等の個体差は多いのですが、主に体の上部が灰~茶色で、眼の上と腹部が白く、胸を張り背筋を伸ばす姿勢でいるのが特徴です。青葉山では、草原や林縁等で採食する姿が良く見られます・・・
  広瀬川沿いのネコヤナギが、花芽を大きく膨らませていました・・・
ツグミ ネコヤナギ 
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<角ぐむアシ(葦、芦、蘆、葭) | メイン | アカコメツキ(赤米搗)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1159-039abc9f

| メイン |
ゆきかえる