FC2ブログ
>
ウグイスカグラ(鶯神楽)
2010/03/22(Mon)
きょうは風が少しずつ治まって、良い天気になりました(0.2~9.8℃)。
 林縁に、ウグイスカグラ(スイカズラ科)が咲き出していました。青空を背景に、桃色の星花が飴細工の様に下がっていました。北海道~九州の、主に太平洋側の山野に生育する、高さ数mの落葉低木です。枝が多く、葉は単葉で対生し、葉身は長さ3-8㎝の倒卵~広楕円形です。全体に無毛なのが特徴で、早春~春に、やや曲った漏斗状で先端が5裂する淡紅色の花を咲かせ、初夏にグミに似た液果が赤熟します。別名はウグイスノキ、コジキグミ、アズキグミ等。青葉山には普通、そっくりで腺毛が多く日本海側型の、ミヤマウグイスカグラが多いのですが、当種も所々に見られます...
ウグイスカグラ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カタクリ(片栗)の蕾 | メイン | アリジゴク(蟻地獄)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1182-51c5690d

| メイン |
ゆきかえる