FC2ブログ
>
キブシ(木五倍子)
2010/03/26(Fri)
 きょうは良く晴れて、残っていた雪も一気に融けて行きました(1.3~8.7℃)。
 森のあちこちに、キブシ(キブシ科)が咲いていました。花房の蕾が上から順に開いて、今にも春の鈴音が聞えて来る様でした。北海道~九州の山地の、明るい所に(道端や川沿い等の攪乱を受けやすい環境に多く)生育する、高さ3-4mの落葉低木です。3-5月に、枝の各節から淡黄色の花穂を垂れ、未だ花の少ない時季に良く目立ちます。雌雄異株で一見同じ様に見えますが、雌花は子房が大きくて花弁は緑っぽく、雄花は雄蕊が目立って花弁は淡黄色です。青葉山では、林縁等で普通に見られます・・・
キブシ ハコベの沢辺(水は大工事の所為で濁ったまま).
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マルバダケブキ(丸葉岳蕗)の若葉 | メイン | キジ(雉子、雉)は何処へ >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1186-a4f33a97

| メイン |
ゆきかえる