FC2ブログ
>
センダイトウヒレン(仙台塔飛廉)
2007/10/04(Thu)
きょうは晴れて、午後からは曇りました。
  森の小道にひっそりと、センダイトウヒレン(キク科)が咲いていました。小さな花火を思わせる姿は、秋の森にはちょっぴり淋しげでした。でも「仙台」の名が付く所為か、めんこいだけでなく、とてももぞこく感じましたよ。東北~関東の、山地の林下に生育する多年草です。オオダイトウヒレンの変種と言われますが、こちらに「ヒレ」はありません。仙台市が基準産地である事から、和名と学名にその名が付けられています。名は、仙台に生えるトウヒレン[「塔」の様に背が高く、「飛廉(中国の想像上の鳥/頭は雀に似るが角があり、体は鹿の様で豹紋があり、尾は蛇に似る)」に似た草]の意だと言うのですが、この可憐な花からそれを想像するのはとても無理な感じですよね・・・
仙台塔飛廉 霧に浮ぶ蕃山を望む

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイモンジソウ(大文字草) | メイン | アケボノソウ(曙草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/121-a41a9a64

| メイン |
ゆきかえる