FC2ブログ
>
ヒメニラ(姫韮)
2010/05/02(Sun)
 きょうも、晴れ時々曇りでした。
 沢に沿って、ヒメニラ(姫韮) が咲いていました。と言っても、地味で極めて小さい上に、花弁も殆ど開かず、普通に歩いていてはとても気付きません。偶々、ネコノメソウの仲間を色々観察している内に、周辺に沢山あるのが分りました。良く見れば、気品ある小鬱金香の様な可憐さでした。名に魅かれて葉の先を揉むと、韮の香りが漂いました。山野に生育する、花茎の高さ5-10㎝程の多年草です。長さ10-20㎝の葉は2つ付き、広線形で断面は三日月形です。4-5月、花茎の先に白~淡紅色の花を1-2個付けます。6枚の花被片は殆ど開きません。日本に分布するネギ属では最も小さくて、花は5mm程です。雌雄異株で雌性、雄性、両性の3型がありますが、雄性、両性の2型は極めて稀な様です・・・
  川沿いで、クロツグミやオオルリが囀っていました・・・
ヒメニラ きょうの青葉山と広瀬川(桜が未だ見られます) 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)   | メイン | リュウキンカ(立金花) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1224-8e73f0ec

| メイン |
ゆきかえる