FC2ブログ
>
テンニンソウ(天人草)
2007/10/06(Sat)
 きょうも、良く晴れました。
 今年も沢に沿って、テンニンソウ(シソ科)が咲いていました。岸辺に静かに佇む姿は、地に舞い降りた天人(天女)達が、水面に映る我身に酔い痴れている様でした。名の由来は、花が天人の羽衣の様だとか、その群咲く様を天女の舞いに、開花に伴い包葉や花が落ちるのを天人が天花を撒く様子に、又、葉を黄金虫が食い荒らすことが多く、ボロボロになった葉を天人の羽衣(破衣)に喩えた等、色々と言われています。でも、牧野富太郎氏の図鑑で「天人草の意味は何によるものか分らない」と書かれているのを初め、殆どの図鑑では「 語源は不明」とされる、謎めいた花なんですよね・・・
天人草 三居沢の芋煮会


スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<< ヤマトシジミ (大和小灰) | メイン | ダイモンジソウ(大文字草)>>
コメント
-  -
てん様
 すっかりご無沙汰を致しておりましたが・・・
お元気に御活躍のご様子ですね!
お陰様で、私も元気に過ごしておりましたので
ご安心下さい。

天人草は、仙台時代のとても良い想い出になりました!
あの青葉山に娘と一緒に行き、天人草を探して・・・
天人草を見つけた喜びは、すごく感動でした!!
仙台での良い想い出を残せて良かったです。

今日はお久しぶりにこちらを見せていただき、
すごく感激をしながら、コメントを書いております。
どうぞこれからもお元気に御活躍をされますように
心よりお祈りしております。
どうぞお元気にお過ごし下さいね・・・
2007/10/08 01:17  | URL | すみれ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/123-b6e8c05e

| メイン |
ゆきかえる