FC2ブログ
>
五月観(視)察会
2010/05/09(Sun)
  きょうは五月晴れの下、大勢の参加者を集めて、定例観(視)察会がありました(9.9~20.4℃)。クヌギやコナラ、アカシデの雄花、ムラサキケマン、カキドオシ、センボンヤリ(ムラサキタンポポ)等の草花を観察しながら、森に入ります。あちこちに山桜が咲き、足元にはその花弁も落ちています。道端には、ミツバツチグリやチゴユリ、マキノスミレ、ナガハシスミレ等が咲き群れています。斜面に大群落を作るマイヅルソウも、清しい花を綻び始めていました。木の花では、アオキの雌雄の花を見比べたり、同時に咲いているニガイチゴとモミジイチゴ、咲き始めたヤマツツジとトウゴクミツバツツジ、似たオオバクロモジとサルトリイバラ、ヒイラギナンテンとメギ等を楽しみました。ニワトコやエンレイソウ、ハウチワカエデ、ミヤマウグイスカグラやチョウジザクラも咲き残っていました。展望台付近では、あのオオルリが、一瞬でしたが間近で囀ってくれました。眼下や対岸(放山)の山肌を望めば、新緑と山桜が綾なす微妙な色合いに、思わず声が上がりましたね。
クヌギの雄花 マキノスミレ 森には不思議が一杯 新緑と山桜
 森の中は爽やかな風が流れ、夏鳥のキビタキ、センダイムシクイ等の他、メジロやヒガラ、シジュウカラ、ウグイスも良く囀っています。右に左にイカリソウの様々な色形の花々を眺めながら、ルリソウの群生地もゆっくり楽しみました。帰り道では、トウダイグサとシナノタイゲキ、エゾタンポポとセイヨウタンポポを比べたり、ツボスミレ、キュウリグサ、セントウソウ、シュンラン、コブシなども観察しました。あちこちのいつもの場所に、希少種のユウシュンランが元気に咲いてくれていて、ホッとしつつも嬉しくなりました。野鳥では他に、ビンズイ、ヤブサメ、カワラヒワ、キジバト、イワツバメ等が見られました。沢ではタゴガエルが鳴き、キノコでは、エツキクロコップタケ等も見られました。ヤマザクラやカスミザクラを間近で見比べられなかったのは残念でしたが、花では他にムラサキサギゴケ、マルバアオダモ、クリンソウ、トリガタハンショウヅル、ヤマナシ等とも出会えましたしたね。
イカリソウ ルリソウ 森に響く合唱の調べ 白化したユウシュンラン <←かーそる(矢印)を当てると説明が出ます>
 終了後、管理センター前で、専門講師による発声法と歌唱指導の会がありました。初めは恥ずかしげに、モソモソと小さな声だった参加者が、いつのまにか生き生きと大きな声で歌っていましたよ。疲れた体と心がすぅーっと癒されたひと時でした。
 来月は、エゴノキの花の香漂う森の中、キビタキ、ホトトギス等の声を聞きながら、ニッコウキスゲ、ギンリョウソウ等の花々、モミジイチゴ、ヤマグワ等の果実を楽しみましょう。夏鳥たちにも、もっとゆっくり出会いたいですね・・・ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アブクマトラノオ(阿武隈虎の尾) | メイン | ルリソウ(瑠璃草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1231-f388e36e

| メイン |
ゆきかえる