FC2ブログ
>
サクラソウ(桜草)の花
2010/05/14(Fri)
  きょうは、一日曇りました。
  森の小湿地で、サクラソウ(サクラソウ科)が咲き初めてました。何処からも丸見えの明るい森に、鮮やかで大きな桜色の花は目立ち過ぎて、今年も出会う事ができた喜びや安堵感と共に、不安な気持ちも募りました。北海道南部~九州の他、極東アジアの、川岸や山間の落葉樹林下の湿性地に生育する、草丈15-40cmの耐寒性多年草です。早春に発芽して5-6葉を根生し、5月頃に茎先に5-10個の花を付けます。長さ5-15cm、幅3-6cm程で長柄のある葉は、楕円形で縁に荒い二重鋸歯があり、皺が多く白い軟毛が生えます。淡紅色の花は直径2-3m程で、花弁が5裂し、更に各弁が半分程裂けます。花後に球形の果を結び、葉は枯れて休眠します。河川改修や開発等で生育地が破壊され、更に盗掘等で全国的に激減し、国のレッドリストで準絶滅危惧、県版では絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)に指定されています。百万都市中心部に隣接する、青葉山等の自生地は貴重極まりない市民の宝なのですから、皆でしっかり保護して行かなければなりません・・・
サクラソウ 広瀬川から見る青葉山(白い木の花はマルバアオダモ)
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イタドリハムシ(虎杖葉虫) | メイン | ラショウモンカズラ(羅生門蔓)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1236-32d3de7e

| メイン |
ゆきかえる