>
トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓)の花
2010/05/21(Fri)
 きょうは良く晴れて、暑くなりました(14.0~28.1℃)。
 道沿いの籔のあちこちで、トリガタハンショウヅル(キンポウゲ科)が咲いていました。その殆どはウェデイングベルを思わせる、純白~黄白色のものばかりなのですが、中に薄紅がかった愛らしい花もありました。嘗ては、暗紫色のハンショウヅルと黄白色のトリガタハンショウヅルとの交雑によって出来たものを別種アズマハンショウヅルとしていましたが、トリガタハンショウヅルと実質的な形態的差異は無く、今では「トリガタハンショウヅル」として統一されています。でも、この薄紅型の花こそ、典型的なアズマハンショウヅルだったのではないでしょうか。本州~四国の、山地の林縁に生育する木本性の蔓植物です。葉は1回三出複葉、小葉は狭卵形で鋸歯があります。5-6月、葉柄の先に3㎝程の鐘形の黄白色花を下向きに開きます。青葉山では、林縁等で比較的普通に見られます・・・
トリガタハンショウヅル(薄紅型) トリガタハンショウヅル(純白型)
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スイバ(酸い葉)の雌花 | メイン | ヒメシャガ(姫射干、姫著莪)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1243-27a92755

| メイン |
ゆきかえる