FC2ブログ
>
クサギ(臭木)
2007/10/08(Mon)
きょうは雨が降ったり止んだりでしたが、晩方には晴れました。
 森の入口に、クサギ(クマツヅラ科)の実が枝一杯に生っていました。眺めていると、紅水晶の台座に乗った碧玉にも、はしゃぎ回る妖精達にも思えて来て、楽しくなります。赤い部分が萼、藍色の玉が果実で、この実は古くから、浅葱色の染料として用いられています。名の由来は、葉を揉むと臭いからと言うのですが、私には胡麻の良い香りにしか感じませんでしたよ・・・
臭木


スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<シロオニタケ(白鬼茸) | メイン | ヤマトシジミ (大和小灰) >>
コメント
- 素晴らしいブログですね! -
はじめまして。
この間見た鮮やかな紅色の☆と藍色の実の正体がわかりました!ありがとうございます!今度見た時には葉っぱを揉んでみようと思います♪

身近な自然を優しく詳しく紹介されている素晴らしいブログですね!僕も青葉山に住んでいるのでとても親近感が湧きます。いろいろと参考にさせていただきます!

もっと暖かいシーズンにてんさんのブログに出会えなかったのが心残りです。いつの日か観察会にも参加させていただけたらと思います。
それではまたおじゃまします!
2007/10/27 11:19  | URL | クワ型 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/125-1ca8d80c

| メイン |
ゆきかえる