FC2ブログ
>
サワフタギ(沢蓋木)の花
2010/05/28(Fri)
  きょうは、曇り時々晴れました(12.8~18.0℃)。
  沢の近くの斜面に、サワフタギ(ハイノキ科)の花が咲いていました。大きな木で、名の通り、沢を塞ぐかの様に、純白の花々が咲き乱れていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国の、山地の谷間や湿生地に生育する、高さ2-5m程の落葉低木です。長さ4-7cmの葉は艶がなく倒卵~楕円形で、縁には細鋸歯があり、表裏に毛があります。5-6月頃、新側枝の先に円錐花序を付け、径7-8mmで長い雄蘂の白花を咲かせます。秋には、鮮やかな琉璃色で径6-7mmの果実を付けます。別名のルリミノウシコロシは、実が瑠璃色で枝を牛の鼻輪に使った事に因みます。青葉山では、沢沿い等に見られます・・・
  サワフタギの直ぐ上にはタニウツギが咲いていて、紅白の揃い踏みの様でしたよ・・・
サワフタギ タニウツギ  
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロセンブリ(黒Semblis) | メイン | オオジシバリ(大地縛り)  >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1251-54c027d5

| メイン |
ゆきかえる