FC2ブログ
>
センチコガネ(雪隠黄金)
2010/06/10(Thu)
  きょうは晴れ後曇って、晩に俄雨がありました。
  山道を、センチコガネ(センチコガネ科)が歩いていました。余りに忙しなく歩いていたので「何かあるのかな?」と周りを探すと、赤鼠の古い死体にお仲間が数匹集まっていました。合流するのだな、と見ていると、素通りして草叢に消えてしまいました。北海道~沖縄の他、朝鮮、中国、サハリン等の山野に生息する、体長14-20mmのコガネムシの仲間です。成虫は4‐11月に出現し、獣糞,小動物等の死骸,キノコ等を食べ、夜には灯火にも飛来します。体色は紫、紫銅、藍、金銅等個体変異があり、鈍い金属光沢と(上翅には)細かな筋があります。糞虫の一種で、交尾した雌は獣糞を土中の巣穴に引き込んで育児球を作り、それに産卵し、孵化した幼虫はその育児球を食べて育ちます。名は、雪隠(便所)が訛ったもので、糞に集まる性質に由来しています。糞を探し出しては片付けてくれる有難い掃除屋さんで、自然界の物質循環に果たす役割は非常に大きいものがあります。青葉山では、糞などに集まる姿が普通に見られます・・・
  森のあちこちで、コゴメウツギが咲き群れていました・・・
センチコガネ コゴメウツギ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オニタビラコ(鬼田平子) | メイン | ツリバナ(吊花)の花 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1263-67e12ee5

| メイン |
ゆきかえる