FC2ブログ
>
イヌツゲ(犬黄楊・犬柘植)の花
2010/06/28(Mon)
 きょうは、曇ったり晴れたり俄雨が降ったりと、目まぐるしく天気が変わりました。
 林縁のイヌツゲ(モチノキ科)に、花が咲いていました。高さ3m程の木全体に、雨滴を付けた小さな花を無数に咲かせて、満天の星の様にキラキラと輝いていました。本州~九州の他、朝鮮南部の山野に生育する、高さ2-5mの常緑低木です。雌雄異株。葉は楕円形で1.5-3cmと小さく、厚く革質で、丸い鋸歯があります。6-7月に、花弁4枚、長さ2mm程の白い小花を開きます。雄株の雄花は葉腋から長さ5-15mm程の花柄を作り、枝分かれして2-6個の花を咲かせます。雌株の雌花は、葉腋から花を一つ咲かせます。雄花には雄蕊4本、雌花には小さな雄蕊4本と雌蕊があります。秋には、紫黒色の球形核果を付けます。似ているツゲ(ツゲ科)は、葉が対生しますが、イヌツゲは互生です。青葉山では、コナラ等の林内にも普通に見られます・・・
 道沿いの草叢には、ミヤマタムラソウが咲き群れていました・・・
イヌツゲの雄花 ミヤマタムラソウ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<青葉山のガイドブックが完成しました! | メイン | マガリケムシヒキ(曲毛虫引)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1282-415fe026

| メイン |
ゆきかえる