FC2ブログ
>
クモキリソウ(雲切草)
2010/07/03(Sat)
  きょうは、晴れたり曇ったりでした。
  山のあちこちにに、クモキリソウ(ラン科)が咲いていました。間近で見ると、細い萼片と側花弁が手足に見えて、唇弁の太鼓を打ち鳴らし行進する楽隊の様でした。沖縄を除く日本各地の他、朝鮮、クリル等の、山地の薄暗く少し湿った広葉樹林内に生育する、花茎10-20cmの多年草です。長さ5-12㎝で広卵形の葉が根元から2枚出て、縁が細かく波打つのが特徴です。6-7月に、長さ5cm程の花序に5-15個の淡緑色の花を穂状に付け、萼片、側花弁共に8mm程の細い管状で、幅広い唇弁は反り返ります。名の由来は諸説ありますが、花が蟷螂に似ている為との説もある様です。又、花が淡緑色のものはアオグモ、変異種で淡暗紫色のものはクログモとも呼ばれます。全国的に減少していますが、青葉山では、林下に比較的普通に見られます・・・
  森の木陰に、イチヤクソウが咲き残っていました・・・
クモキリソウ イチヤクソウ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アシグロホウライタケ(足黒蓬莱茸) | メイン | モリノカレバタケ(森枯葉茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1289-441a0d25

| メイン |
ゆきかえる