FC2ブログ
>
ナツグミ(夏茱萸)の果実
2010/07/05(Mon)
 きょうは、晴れたり曇ったりでした(21.5~29.5℃)。
 森の民家跡で、ナツグミ(夏茱萸)の実が生っていました。未だ黄色いのも見られますが、殆どが赤く熟していて、鳥や虫達に食べられているのもありました。赤黒く熟したのを一つ口に含むと、甘い果汁が口に広がりました。東北南部~中部と四国の山野に生育する、高さ2-4mの落葉小高木です。小枝は赤褐色を帯びます。5-8㎝の葉裏は葉は倒卵状楕円形で白い鱗片が密生し、褐色鱗片も疎らに混じります。4-5月頃、葉腋に白~淡黄色の花(萼筒)を数個づつ下垂して咲かせます。6-7月に俵形の果実(偽果)が赤く熟します。青葉山では、明るい尾根道沿い等に見られる他、民家跡等に植栽もされています・・・
  ヤマボウシの総苞片が、山道を白く埋めていました・・・
ナツグミ ヤマボウシの総苞片の道
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウラギンヒョウモン(裏銀豹紋) | メイン | アシグロホウライタケ(足黒蓬莱茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1291-c3d5056b

| メイン |
ゆきかえる