FC2ブログ
>
シャクジョウソウ(錫杖草) の花
2010/07/15(Thu)
   きょうは、曇り後雨になりました(20.8~23.8℃)。
   森の木陰に、シャクジョウソウ(ツツジ科) が咲いていました。露適に濡れた裸身を晒して、互いにお笑止がっている様にも見えました。北半球の温・亜寒帯に広く分布し、日本では全国の亜高山~山地の、やや暗く湿気のある林床に生育する、高さ10-20cmの多年草です。腐生植物(菌根植物)で、全体が淡黄褐色を帯び、葉緑素はありません。茎には軟毛があり、広披針形の鱗片葉を互生します。7-8月、茎上部に鐘形の花を総状に下向きに開き、萼片、花弁共に5枚で内面に毛があります。果は球形で直立します。青葉山では、林下の所々に見られます・・・
   道端に、ウツボグサが咲いていました。
シャクジョウソウ ウツボグサ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オニドコロ(鬼野老)の雄花  | メイン | タマゴタケ(卵茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1301-8098538e

| メイン |
ゆきかえる