FC2ブログ
>
オニドコロ(鬼野老)の雄花 
2010/07/16(Fri)
  きょうは曇り後晴れましたが、午後には俄雨がありました。   
  車道沿いの藪に絡まるオニドコロ(ヤマノイモ科)に花が咲いていました。小さくか細いながら、元気良く立てた花序に、愛らしい雄花を沢山付けていました。北海道~九州の原野や林縁に生育する、日本特産で雌雄異株の蔓性多年草です。根茎は横に伸びて、やや肥厚しますがヤマノイモの様に肥大しません。葉は互生し(ヤマノイモは対生)、葉身は長さ5-12㎝、幅5-10㎝の心臓形で全縁。7-8月、葉腋から花序を出し、雄花序は直立し、雌花序は下垂します。雄花は有柄で、6本の雄蘂があり、雌花は無柄で、果は3枚の翼からなります。名は、葉が鬼の様に大きく、根に塊ができる事から「凝(トコリ)」が訛ってトコロとなったとか、「トコロ=所領」の意だとか、色々と言われています。単にトコロとも呼ばれ、「野老」の名は、鬚根が多く、曲がった根茎を老人に譬えました。嘗て正月には、橙、昆布、串柿等と共に飾って長寿を祝う習慣もありました。全草に有毒成分を含み、昔は、根茎を砕いて川に流して魚を捕獲しましたが、救荒植物として食料にもされ、東北地方の一部では今も若い根茎を灰汁抜きして食べられています。青葉山では、林縁等にヤマノイモと共に普通に見られます・・・
オニドコロの雄花序 夕景
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉) | メイン | シャクジョウソウ(錫杖草) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1302-7df532de

| メイン |
ゆきかえる