FC2ブログ
>
キクビアオハムシ(黄首青葉虫)
2010/08/03(Tue)
  きょうは曇り時々晴れて、午後には俄雨がありました(23.8~30.8℃)。
  サルナシの葉に、キクビアオハムシ(ハムシ科)がいました。初めはクロウリハムシか何かかと思いましたが、近寄れば、名の通りの黄首と、緑青や赤紫の翅をメタリックに美しく輝かせながら、ムシャムシャと葉を食べていました。朝鮮、中国東北部、シベリア等に分布し、日本では北海道~九州(屋久島)の 山地~平地の広葉樹を主とする各種林内、林縁、果樹園等に生息する、体長約6.5mmのハムシの仲間です。成虫は6-9月に出現し、頭部と前翅は金緑色の金属光沢があり、前胸背と脚は橙赤色です。サルナシ、ヤマブドウ、ヤマナシ、ノリウツギ、ブナ等の葉を食べ、幼虫の食草も同様で、葉裏の表皮を食べます。 幼虫は老熟すると土中に潜り、土窩を作って蛹化します・・・
   桜の木に、ミンミンゼミが止まっていましたが、今夏は暑さの所為か、蝉、特に当種が多数発生して、五月蝿い位に鳴いています・・・
キクビアオハムシ ミンミンゼミ
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミゾカクシ(溝隠) | メイン | ヤマカガシ(山楝蛇) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1321-46b0c5fc

| メイン |
ゆきかえる