FC2ブログ
>
ガンクビソウ(雁首草)
2010/08/06(Fri)
  きょうも晴れ時々曇って、暑くなりました(25.1~33.5℃)。
  山道に、ガンクビソウ(キク科)が咲いていました。あっちにもこっちにも、蛍火にも、名の通りの煙管の雁首の様にも見える仄かな灯が、何処までも続いていました。本州~九州の山野に生育する、高さ0.3-1.5mの多年草です。全体に軟毛が密生し、根生葉は長さ9-25cmで(花時には枯れている)、葉は上部程小さくなります。7-10月、茎先に横向き~斜め下向きに6-8mmの頭花を付けます。頭花は黄色の筒状花で、直下に披針形の苞葉が2-4個輪生します。総苞は卵球形。名は、花を煙管の雁首に見立てました。別名はキバナガンクビソウ、コヤブタバコ他。青葉山では、路傍等で普通に見られます・・・
  林縁で、クサギの花が甘い香りを漂わせていました・・・
ガンクビソウ クサギ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ベッコウハゴロモ(鼈甲羽衣) | メイン | カワラナデシコ(河原撫子) の花>>
コメント
- Re: お見舞い -
> 仙台も暑そうですね
> 無理せずに
> 体にはくれぐれも気を付けて!
2010/08/10 10:36  | URL | 久留間百合 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1324-50661670

| メイン |
ゆきかえる