FC2ブログ
>
八月観(視)察会
2010/08/08(Sun)
  きょうは第2日曜(観察会の日)。と言っても、8月は「会」としてはお休みなので、有志数名での漫ろ歩きになりました。今回は猛暑の下なので、水辺を歩きましょう・・と言う事になり、沢沿い~滝~広瀬川のコースを取りました。炎天下の車道から森に入ると、流石違います、4-5℃は低い感じで、爽やかな風も吹いています。樹液に集まる3色カナブン等を観察しつつ、早速沢に下りて進みますが、動けばやはり汗が吹き出て来て、滝に辿り着くと、皆一斉に手足を水に浸しました。滝壺の周りではサワガニが遊んでいて、静かにしていると鳥達も寄って来ます。人間はと言えば、結局殆ど水浴び状態で、足水に浸かりながら暫く涼んだ後、広瀬川に出て川遊びも楽しみました。川沿いには、クサギの花が匂い立ち、水鳥達が行き交っています。清水の染み出る崖地では、ミヤマカラスアゲハやクロアゲハが盛んに吸水していました。ゆっくり遊んだ後、森陰に紅く輝くクルマユリ等を眺めながら帰途に着きました。
青、赤、黒の3色カナブン コバギボウシ 青葉滝(虹の滝) サワガニが遊ぶ滝壺
  野鳥では、カワセミ、アオサギ、キセキレイ、ハクセキレイ、キビタキ、ウミネコ、トビ、ヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロ、コムクドリ、ツバメ、イワツバメ、ウグイス、キジバト、ヒヨドリ等に出会いました。花では他に、クズ、カノツメソウ、アオヤギソウ、コバギボウシ、ヒヨドリバナ、ノリウツギ、ガンクビソウ、ヘクソカズラ、ヤマジノホトトギス、ダイコンソウ、キンミズヒキ、ヤブハギ、ハエドクソウ、オオハンゴンソウ等が見られました。実では、ヒメコウゾやカクミノスノキが目立ちました。昆虫では他に、オニヤンマ、ショウジョウトンボ、イチモンジチョウ、コミスジ、オオミズアオ、シオカラトンボ、アゲハ、アゲハモドキ、エゾゼミ、アブラゼミ、ツクツクホウシ、ミンミンゼミ、スジクワガタ、コクワガタ等がいました。キノコでは、ホオベニシロアシイグチ、シロオニタケ、コテングタケモドキ、ベニウスタケ等が見られ、沢山発生していたナラタケは皆萎れていました。暑かったけれど涼しくもあり、楽しい観察会でしたよ・・・
広瀬川 猛暑の所為か、ハァハァ言ってるトビ ヤマジノホトトギス クルマユリ
 来月(9/12(日))は、キノコ中心の観察会になりますが、勿論花や鳥、動物達等、色々な出会いがあることでしょう。では、お楽しみに・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒメギス(姫螽斯) | メイン | ベッコウハゴロモ(鼈甲羽衣)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1326-f28bcc5b

| メイン |
ゆきかえる