FC2ブログ
>
アシグロツユムシ(脚黒露虫)
2007/10/16(Tue)
きょうはどんより曇って、一時小雨も降りました。
 草叢のイタドリの葉に、アシグロツユムシ(キリギリス科)がいました。雌雄が後ろ向きに微妙に離れていて、喧嘩でもしたばかりなのでしょうか?その逆だったのでしょうか? セスジツユムシにも似ていますが、名の通りの黒い脚(関節付近と脛節)と、触角に白露の様な帯があるのも特徴です。他のツユムシの仲間ではより山地に生息すると言われ、青葉山では殆どが本種の様ですね・・・
脚黒露虫(右が♀左が♂)


スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウメバチソウ(梅鉢草) | メイン | コテングタケモドキ(小天狗茸擬)とオオキバハネカクシ(大牙翅隠)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/133-292b7567

| メイン |
ゆきかえる