FC2ブログ
>
ヤハズソウ(矢筈草)
2010/09/04(Sat)
  きょうも晴れて、暑くなりました(25.3~33.8℃)。
  森の外れの草原に、ヤハズソウ(マメ科)が咲いていました。芝地状の小原一面に生えていて、緑の絨毯に薄紅の花弁が鏤められている風情でした。北海道~沖縄の他、朝鮮、中国東北、ウスリー等の日当たりの良い草原等に生育する、高さ20-50cmの一年草です。茎は直立して良く分枝し、下向きに毛があります。葉は三出複葉で互生し、小葉は倒卵状長楕円形で、名の通り、千切ると側脈に沿って切れやすく、矢筈形となります。托葉は膜質で茶褐色。8-9月、葉腋に花序を出し、紅紫色の小さな蝶形花を数個咲かせます。果実は裂開せず、中に種子が1個あります。青葉山では、河原や草地に見られます・・・
  近くの藪にはヤブツルアズキが咲いていました・・・
ヤハズソウ http://aobaten.blog109.fc2.com/blog-entry-1002.html
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アカバナ(赤花)の花  | メイン | タラノキ(楤木)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1354-713686c6

| メイン |
ゆきかえる