FC2ブログ
>
アカバナ(赤花)の花 
2010/09/05(Sun)
  きょうも晴れて、暑くなりました(22.6~31.7℃)。
  沢端で、アカバナ(アカバナ科)の花が咲いていました。赤と言うより薄紅色の、桜花を想わせる小花達が、真夏の日射しを浴びて、キラキラ輝いていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の亜高山~低地の水湿地に生育する、高さ10-70cmの多年草です。全体に腺毛があり、茎は良く紅色を帯びます。葉は下部は対生、上部は互生し、しばしば茎を抱き、長さ2-6cmの葉身は卵~卵状楕円形で、鋸歯があります。7-9月、茎上部に長さ5-10㎜の紅紫色の小四弁花を付けます。果実は長さ3-8cmの柱状で、熟すと4裂します。種子は長さ1.5-1.8㎜で、長い冠毛を付けます。秋には紅葉します。青葉山では、湿地や沢沿い等に見られます・・・
アカバナ 北斜面
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イボクサ(疣草) | メイン | ヤハズソウ(矢筈草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/1355-d1f3fd7a

| メイン |
ゆきかえる