FC2ブログ
>
イカリモンガ(碇紋蛾)
2007/10/19(Fri)
きょうは晴れ後曇って、晩方からは雨が落ち始めました。
 沢沿いのノコンギクの花で、イカリモンガ(イカリモンガ科)が蜜を吸っていました。名の通り、前翅の表裏に碇形の朱色紋もあって、「蛾」とは言っても蝶の様です。昼間活動し、翅を畳んで止まり、花蜜を吸い、触角も細く。。と「蝶」の仲間の特徴をしっかり備えています。元々蛾と蝶の境界線は曖昧なのですが、このイカリモンガが何故蝶ではないのか、考えるだけで眠れなくなりそうですね。年二回発生し、夏に羽化したものは、落葉や朽木の中で越冬します。食草はイノデ類(シダ)の様ですね・・・
碇紋蛾


スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マムシグサ (蝮草) | メイン | アミタケ(網茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/136-e9b783f5

| メイン |
ゆきかえる